【YEN蔵のトレード塾】日経225の売買目標値を見つける!一目均衡表の活用法!

banner_362x133

みなさんこんばんは、YEN蔵です。



昨晩発表の7月米個人所得は前月比+0.4%、個人消費支出は+0.3%と予想と一致しました。

自動車などの耐久財が好調で4ヶ月連続で増加し経済は好調です。
 

一方で食品・エネルギーを除くコア消費支出(PCE)は前月に続き前月比+0.1%となりインフレ圧力はありませんでした。

前年同月比は+1.6%と3月以降このレベルで推移しています。

PCEはFedがインフレ指標として重視し、これが2%近辺に上昇することを目指しています。

その意味では利上げを急ぐのかと問われれば、状況は3月以降は変わっていないともいえますね。
 

日本も雇用統計が発表されましたが、7月の完全失業率は3%となり前月から0.1%低下し1995年5月以来の低さになりました。

有効求人倍率は1.37倍と横ばいでしたが、こちらも1991年8月の1.4倍以来の高水準です。
 

日米ともに雇用は強いのに賃金が上昇しない、賃金が上昇しないから消費が低空飛行(米国は好調ですが)という状況が続いています。
 

日経新聞の解説によると雇用の増加が非正規雇用や賃金の低い業種に目立つことも原因と分析しています。
雇用とスキルのミスマッチなのでしょうか。
 

さて昨晩は米10年債利回りが再び1.56%に低下(前日は1.63%)ドル売りの流れになりましたが、ドル円の101.70~80はやはりサポートしました。
 

株式市場もダウが107ドル高となりましたが、日経平均は0.07%安、一方で2部指数0.12%上昇、マザーズ指数0.3%上昇、ジャスダック指数0.02%上昇と新興、中小小型時株は値を保ちました。



<取引>

なし


<戦略>

昨日書いた101.70~80に達しましたが、ロングエントリーできず反発してしまい失敗でした。

雇用統計までは一進一退が続くのではないかと思っています。
 

昨日同様101.70~80買い 101.40ストップ 利食い103
 

ポンドドル1.3140~50売り  1.3180ストップ  利食い 1.30とします。

2016-08-30_GBPUSD



【今週の重要経済指標】※日本時間
8/29(月)
21:30 米 7月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
9/1(木)
23:00 米 8月 ISM製造業景況指数
9/2(金)
21:30 米 8月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 米 8月 失業率
 
【キャンペーン実施中!】

logo_221x28

くりっく株365のお取引をはじめるなら今がチャンス!

kabu365_20160401_362x133


くりっく365ラージをおトクに取引するチャンス!

【20160802】fx_20160801_362x133



新商品取扱い開始記念!マザーズ先物キャッシュバックキャンペーン!

FOP0719


bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu