【6/27上場!】くりっく株365にNYダウが上場!

【大好評配信中!】ガチンコセミナー特別版:英EU離脱決定!どうなる株・為替!?


こんばんは、YEN蔵です。

昨日ぐらいからようやく正常モードに戻りましたね。

Brexit第1幕は終了かもしれません。

というか、ここから少なくともキャメロン首相の次の次期首相が決まるまで英国はEUに対してリスボン条約(EUの基本条約)50条に基づく離脱の通知を出せませんし、そうなるとEUサイドもできることはなくにらみ合いが続くことになります。

9月2日までに選ばれる次期首相(保守党党首)待ちになるかもしれません。
 
とはいえポンドの動きがまだボラタイルです。

今日の仲値もポンド円は136.50から136円割れに急落しましたし、ところどころで激しい動きをします。
 
昨日は米国の経済指標も強くそのことも市場に安心感を与えました。
 
米第1四半期GDPは前期比年率1.1%と改定値の0.8%、予想の1%を上回りました。

企業投資や輸出は増加しましたが、個人消費は引き下げられました。
 
コンファレンスボード発表の6月の消費者信頼感指数は98となり、5月の92.4、予想の93.3を大きく上回り昨年10月以来の高水準となりました。
 
ただこれらの数字はもちろんBrexitで今後英国や欧州の景気減速や、米国雇用の減速を十分織込んでいないので、今後の動きを慎重に見ていくほかないと思います。

おそらく7月のFedの利上げは無いでしょう。

<取引>
ポンドドル【新規売】 1.3378
ポンドドル【決済買】 1.32887  
 →89.3ポイント利益

<戦略>
なかなか皆さんにシャープな相場観をお伝えできてないと思います。

細かいトレードはやっているのですが短期のデイトレレベルで、しっかり取れたのは昨晩のポンド売りぐらいでした。
 
昨晩のポンドは月曜日のギャップの下限が1.3470~80(今週の高値付近)、上限が1.3630~40なので、中期的にはこの1.3470~1.3650のゾーンが抜けなければ売り、短期的には1.3470~80バックに1.34台中盤は売ろうと思っていたのですが、1.3420付近をつけた後に下落したので売りました。
 
今日も昨日の高値圏1.3420付近がレジスタンスになっていますが、ここを抜けるとギャップ埋めに行くと思います。

ギャップのゾーンのどこかで売ろうと思いますが、下限~上限は結構幅があるのでマーケットを見ながら考えます。
 
ドル円は101.50~103.50のレンジと見ています。

101.50、103.50をストップに101円台は買い、103円台は売りを考えています。


 
【今週の重要経済指標】※日本時間
6/29(水)
21:30 米 5月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
22:30 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

6/30(木)
17:30 英 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:30 英 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
18:00 6月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 4月 月次国内総生産(GDP)(前月比) 

7/1(金)
08:30 5月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 5月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
08:50 4-6月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
 

【キャンペーン実施中!】
kabu365_20160624_362x133

fx_3000yen_yenzo_362x133

kabu365_20160401_362x133