みなさんこんばんは、YEN蔵です。


朝方ドル円が110.80まで下落すると日経平均も下落して始まりましたが、ドル円が111円台を回復し結局5日続伸となり166円高の17,234.98円で終了しました。

マザーズ市場も12.15ポイント高と1.07%の上昇となりました。 

終値ベースで反映されるMSCI指数の定期見直しによるリバランスのインパクトが500億円の買い越しと試算されています。

この買いも閑散なマーケットの中で株価を支える材料になったのかもしれません。 

今日は月末ということもあり、これらを含めたフローがロンドンフィキシングで出るかもしれないので、ロンドン16時=東京0時のフィキシングは少し動くかもしれませんね。 

日経平均は4月25日の高値17,613.56円に迫る勢いでやや過熱感も心配されます。

RSIなどは高値警戒感のレベルですが25日騰落レシオは111.79と高値圏ではありますが、まだそこまで危険水域ではありません。 

<取引 >
なし 

<戦略>
ドル円ロングをキープ中です。

111円台はオプションのストライクが今日の分で10億ドル以上あるので、やはり111円を挟んだレンジになってしまいそうです。 

111.20~30でいったん売って、110.70~80で買い戻すのがよさそうです。いずれどちらかに抜けてしまうと思うのですが111円台のレンジ相場は雇用統計までは続くかもしれません。 

111.70~80がターゲットだったのですが、111.20~30で売って、110.70~80で買い戻し、ストップ110.60とします。





【今週の重要経済指標】※日本時間
5/31(火)
18:00 EU 5月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比) 
21:30 加 1-3月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比年率)
21:30 加 3月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 米 4月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)

6/1(水)
10:30 豪 1-3月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比)
10:30 豪  1-3月期 四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)
23:00 米 5月 ISM製造業景況指数

6/2(木)
20:45 EU 欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:15 米 5月 ADP雇用統計(前月比)
21:30 EU ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

6/3(金)
21:30 米 5月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 米  5月 失業率
23:00 米 5月 ISM非製造業景況指数(総合)

 


【キャンペーン実施中!】
【20160531から】fx_20151130_362x133


【20160331から】fx_20160401_2_362x133


【20160331から】fx_20160401_362x133