みなさんこんばんは、YEN蔵です。

イベント前に力尽きたというか、ポジション調整の動きになりましたね。

2016年度の補正予算案は5,000億円の見通しと報道されましたが、麻生財務相は復興に向けたもので景気浮遊効果は加味する考えはないと発言し、予算自体の株価に対する影響は限定的。

特に22日以降日銀金融緩和期待で円売り、株買いとなりましたが、FOMC、日銀を前にしてポジション調整の動きになりました。

特にマザーズ市場は一時6%超の下落となり、ここまで上昇してきた分の利食いなどが出た感じです。

昨日動いたのはポンドでした。6月23日の英国のEU離脱の是非を問う国民投票に向けて、オバマ大統領がキャメロン首相に援護射撃を行いました。

英国がEUを離脱すれば、英国は米国との貿易交渉で列の最後尾に並ぶことになると警告しました。英国のEUに対する輸出は輸出全体の44%を占め、EUの英国に対する輸出割合8%に比べて影響が全く違います。

オバマ大統領の発言を受けてポンドドルは1.44→1.4520、ポンド円は160→161.30へ上昇しました。

<取引>
ドル/円 【決済売】110.976 
   → 12.3ポイント利益

<戦略>
ドル円はあまり動いていませんが、イベント前に少し調整っぽい動きもでているのでクローズしました。

GWを前にして日本株もここから上値を追っていくのはちょっと難しいでしょう。しかし28日にもし緩和があったら個別株は大変ですね。

ま~そんなことを閑雅ながら日本株も、為替もポジションを一旦フラットにして考えようと思います。今日は様子見にします。

 
【今週の重要経済指標】※日本時間

4/27(水)
17:30 イギリス 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
27:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
4/28(木)
        日本 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
        日本 日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
6:00 ニュージーランド ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
8:30 日本 3月 全国消費者物価指数(CPI)
15:30 日本 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
21:30 アメリカ 1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
4/29(金)
18:00 ユーロ圏 4月 消費者物価指数(HICP、速報値)
18:00 ユーロ圏 1-3月期 四半期域内総生産(GDP、速報値)
21:30 カナダ 2月 月次国内総生産(GDP)
21:30 カナダ 2月 月次国内総生産(GDP)


【キャンペーン実施中!】
【20160330から】ラージ日計りCP

【20160331から】fx_20160401_2_362x133

【20160331から】fx_20160401_362x133