みなさんこんばんは、YEN蔵です。

週末の北海道5区の衆院補選では自民党の新人が当選しましたが、苦戦した感もあり衆参同時選挙が見送られる可能性の中で消費税の先送りがどうなるのか?

また安倍首相が今回表明した2016年度の補正予算は数千億円規模と伝わっており、この規模ではいかにも力不足の印象。

金曜日は日銀追加緩和のニュースで、ドル円が海外市場で111円台後半に上昇しましたが、今日は利食い先行で111円台前半に下落。日経平均もドル円の下落をうけて利食い先行で133円安となりました。

今日はバイオ株の下落を受けてマザーズ指数も1.84%の下落となり日本株は冴えない展開になりました。
週末を越えて市場は少し冷静になったようです。

29日の日銀の前にもFOMCがあり、今回は据え置きが予想されていますが、声明文に何か変更があるのかどうか?そちらも実は大きなインパクトがあるので、単純には株上昇とはならないのでしょう。

ただドル円はやはり円ロングがたまっているのか、111円台は維持されている状況です。

<取引>
ドル/円 【新規買】110.853

<戦略>
ドル円は111.40~50が下抜けして、短期的にこのレベルがレジスタンスになっています。

欧州序盤はWTIも43.60ドルから43.22ドルまで下落、欧州株指数も1%ほどの下落となっています。

インドネシアが6月のOPEC会合前に産油国会合の開催は予想しないと報道されたことも原油の売りを誘ったのかもしれません。

110.00~50のゾーンを上抜けしたことは、短期的には上昇圧力が強いと見て、金曜日のドル円に飛び乗ってロングにしました。

110.50ストップ、112利食いとします。
 
【今週の重要経済指標】※日本時間

4/25(月)
23:00 アメリカ 3月 新築住宅販売件数
4/27(水)
17:30 イギリス 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
27:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
4/28(木)
        日本 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
        日本 日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
6:00 ニュージーランド ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
8:30 日本 3月 全国消費者物価指数(CPI)
15:30 日本 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
21:30 アメリカ 1-3月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
4/29(金)
18:00 ユーロ圏 4月 消費者物価指数(HICP、速報値)
18:00 ユーロ圏 1-3月期 四半期域内総生産(GDP、速報値)
21:30 カナダ 2月 月次国内総生産(GDP)
21:30 カナダ 2月 月次国内総生産(GDP)


【キャンペーン実施中!】
【20160330から】ラージ日計りCP

【20160331から】fx_20160401_2_362x133

【20160331から】fx_20160401_362x133