~先物・オプションで半歩先行く投資家に!~
デリバティブの初心者向けに先物・オプション取引の「活用法」についてテレビでもおなじみの慶應義塾大学大学院教授 岸博幸氏や公認会計士 山田真哉氏が解説しました。
『はじめてのデリバティブ』はコチラ!

みなさんこんばんは、YEN蔵です。

日経平均の寄り付きは143.15円安の17,220.47でスタート。
前場はマイナス圏で推移しましたが、結局208.87円高の17,572.49円で終了しました。

ドル円が110円台に乗っけてきたことも日経平均をサポートしました。

17,500円超えは2月3日以来で、昨年12月1日の高値20,012.40円から2月12日の安値14,865.77円の半値もどしの17,439円を上抜けしてきました。
昨日の投資主体別売買動向で外国人投資家の買いが続いていることが分かりましたが、単なるショートカバーではない動きになってきたのかもしれません。

上昇した業種をみると、銀行業、証券・商品、海運、不動産、鉄鋼が上位に並び、大型株の上昇が目立ちました。

日銀が金融機関に対する貸出に対してマイナス金利を適用することを検討しているとの報道が日銀の追加緩和期待という形で株高、円安を演出しました。

ドル円もこの報道を受けて109円台前半から、110円を超えて上昇となりました。
ここのところ緩和の効果が大きくなくなってきているとはいえ、ここのところ円買いポジションがたまっているようで、ショートカバーだけでもまだまだドル円の上昇余地はあるのかもしれません。

<取引>
ニュージーランド/ドル 【決済買】 0.6931
 → 32.2ポイント利益

<戦略>
ドル高の流れが続いています。
ドル円が110円台にのせたことで雰囲気が変わってしまいました。
ニュージーランドは0.6920付近がかたかったので買い戻してしまいましたが、残念ながら早すぎましたね。

来週は27日にFOMC、28日に日銀があり、それまではこの流れが続く可能性が高いでしょう。ドル円は押し目買いでいいと思うのですが、今日は週末でもあり様子見とします。
 
【今週の重要経済指標】※日本時間

4/22(金)
21:30 カナダ 2月 小売売上高
21:30 カナダ 3月 消費者物価指数(CPI・CPIコア)


【キャンペーン実施中!】
【20160330から】ラージ日計りCP

【20160331から】fx_20160401_2_362x133

【20160331から】fx_20160401_362x133