みなさんこんばんは、YEN蔵です!

クリスマス明けとなった昨日の海外市場はあまり動きませんでした。やはり欧州勢が戻ってくる本日からが本格的な海外勢の復帰ということで今日の欧州市場からの動きが注目されますね。

日本の11月の燃料油国内販売が11月としては46年ぶりの低水準になったようです。WTIは1.29ドル安の36.81ドルで終了。原油価格の下落を受けて米国株は冴えない動きでした。ただ、ダウの下落は23ドルと小幅だったこともあり影響は限定的。その割にはドル円が120.20付近まで下落して、円高トレンドが続いています。

一部には来年から債券に関する税制が変わるため、その前に売っておくという投資行動が円高に繋がっている(外債の売却なので、円に戻すために円高になる)という説もありますが、仮にそういうことがあったとしてもこんなぎりぎりになってやりますかね。

日経平均は108.88円高と上昇して終了しました。朝方は海外市場の流れを受けて売られる局面もありましたが、後場から一段と上昇トレンドとなりました。

マザーズ指数も1.42%の上昇。25日まで損出しの売りから昨日今日と反発となりました。

【トレード状況】
◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

-新規-
ドル/円【買】 120.32

-継続- 
ドル/円【買】 120.534

【今後の戦略】
昨日書いたとおり、ドルが下落したところで買いましました。昨日はダウが一時100ドルほど下落したところで120.20付近まで下落しましたが、そのレベルは維持されました。

日経平均の上昇もあり小幅反発していますがドル円は小動き。今日は23時に米ケースシラー住宅価格指数(前年比前回+5.45%、予想5.6%)、24時に米消費者信頼感指数(前回90.4、予想の93.8)が発表され注目されます。あとは5年債の入札があります。

120円割れでストップとし121.20~30を利食いレベルとします。120.70~80を上抜けできれば121円台があると思うのですが。

【本日の重要経済指標】※日本時間
 
特になし

【今週の重要経済指標】※日本時間

特になし

経済指標カレンダーはコチラ
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/

【キャンペーンのご案内】
ふぐの王様とらふくをお届け

2015-11-30_175437

もれなく「FOREX NOTE 2016」プレゼント

Note20151229