みなさんこんばんは、YEN蔵です

FOMCというイベントを控えて動き辛いマーケットですね。

今日はほぼみな据え置きを予想しており、声明文の変更だけがキーとなるので声明文の変更が無ければ無風のはずのようですが。

昨晩は9月米耐久財受注が1.2%減少となり、耐久財受注・輸送用機器除くが0.4%減少したことで下落となりました。

航空機を除いたコア受注も前月比0.3%減少で2ヶ月連続の減となり、米経済が第3四半期で減速していることが確認されました。

GDPの算出に使われるコア資本財の出荷は0.5%増加でした。

製造業は米経済の12%を占めますが、ドル高やエネルギー価格の低下による設備投資の減少、世界経済の減速などの影響を受けています。

米国の第2四半期のGDPは3.9%でしたが第3四半期は1.6%の予想になっています。

弱い米耐久財受注で米国株は小幅安、債券利回りも2年債利回りが0.637%→0.62%、10年債利回りが2.058%→2.037%に低下しました。

本日発表された第3四半期豪CPIは前期比0.5%と第2四半期の0.7%、予想の0.6%を下回りました。

またRBAが重視するトリム平均値CPIは前期比0.3%で予想の0.5%を下回りました。

数字を受けてRBAの追加緩和期待が高まり豪ドルは下落しました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

ドル/円 【買い】 120.379円

【今後の戦略】
本日はやはりFOMC次第ということになりそうです。

据え置きはほぼ確実。

イエレンFRB議長の記者会見が無いので声明文だけが頼りです。


ここで12月の利上げがあるのか無いのかのヒントが出るかどうかがキーとなります。

ここまで利上げを踏み止まらせている、弱い世界の経済情勢を同評価するのか、あと少しの労働市場の改善(前回声明文)がみられたのかどうかといった文言の変更があるかどうかがポイントになります。

ドル/円のストップは119.90とし、ドル円ロングを維持しますが、FOMC前に手仕舞う予定です。


≪ドル/ 60分足チャート≫

usdjpy60



【本日の重要経済指標】※日本時間

27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                                                                  終了後政策金利発表

【今週の重要経済指標】※日本時間

29日
05:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行
                                                (RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
21:30 (米)7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                               (前期比年率)


30日
  -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
  -  (日)日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00 (EU)10月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)8月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)9月 個人消費支出
              (PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)


bn_economic_indicators




【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!

無題

ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 

図2