みなさんこんばんは、YEN蔵です

金曜日に中国人民銀行は主要金利を0.25%引き下げ追加緩和を行いました。

昨年11月以来1年で6回目の金融緩和となりました。

それより重要なことは預金金利の上乗せ幅の上限を撤廃し、金利自由化に向けて重要な方向に踏み出したことです。

預金準備率の引き下げも行い、これにより6,700億元~6,800億元の流動性が供給されることになりました。

中国の追加緩和を受けて日経平均先物は19,120円で終了、ドル/円も121円台を回復しました。

本日はシドニーで121.60円付近まで上昇しましたが、前回高値の121.65円付近を抜けることができずに反落。

日経平均も19,088.76円まで上昇しましたが引けは18,947.12円と19,000円を維持できませんでした。

8月28日の高値19,192.82円、75日移動平均線が19,147円、200日移動平均線が19,173円と19,200円付近が目先重要なレジスタンスレベルになっています。

日経平均の25日移動平均との乖離率が+5%に近づき、騰落レシオも130台に上昇なので、少し調整があるかもしれません。

今週はイベントが盛り沢山なので、30日の日銀に向けては一度調整したところはドル/円も、日本株もロングでいいのではないかと思います。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】
欧州時間が冬時間入りで、この時間の動きがまだ鈍いですね。

今日はドイツifo景況指数が18時、米新築住宅販売が23時と指標があるので、これで少し動くかもしれません。

ちょっと離れていますが、ユーロ/ドルは1.1140ドル~50ドル付近があれば売りたいと思います。

ストップは1.12ドル。

ドル/円は120.20円~30円で買い 119.90円ストップというイメージでいます。

また明日の朝ニュージーランドの貿易収支の発表があるのでニュージーランドドルは注意です。


≪ユーロ/ドル 60分足チャート≫

eurusd60



【本日の重要経済指標】※日本時間

23:00 (米)9月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)9月 新築住宅販売件数(前月比)

【今週の重要経済指標】※日本時間

27日
23:00 (英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)
23:00 (英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
                                 (前年同期比)

28日
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                                                                  終了後政策金利発表

29日
05:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行
                                                (RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
21:30 (米)7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                               (前期比年率)


30日
  -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
  -  (日)日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00 (EU)10月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)8月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)9月 個人消費支出
              (PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)


bn_economic_indicators




【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!

無題

ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 

図2