みなさんこんばんは、YEN蔵です


3月米耐久財受注はヘッドラインの割には内容が今一つでドル売りの流れとなりました。

前月比4%増加と昨年7月以来の大きな伸びとなった。

前月の1.4%減少からプラスになったのは輸送用機器が大きく増加したためです。

民間設備投資の先行指標となるコア受注は0.5%減少と7か月連続のマイナスで予想の0.3%増加を下回り、2月分も1.1%減少から2.2%減少に下方修正されました。

ドル高が米企業の利益減少で設備投資抑制、原油価格の下落も石油関連企業の設備投資抑制に影響を与えています。

GDPの算出に使われるコア資本財の出荷は0.4%減少で、2月も0.3%から0.1%に下方修正されたためにGDPの見通しが下げられる可能性もあります。

個々の米国指標は雇用統計から始まり、小売売上高、住宅着工と経済の減速が鮮明になっておりFRBの利上げ時期の後ずれの可能性もありドル売り材料になっています。

とはいえ、ドル/円の118円台では実需のドル買いが待ち構えていたようで119円台を回復しています。

日経平均も朝方20069.24まで上昇しましたが、19983.32と0.18%の下落となり方向感がない動きになりました。

今週はイベントが控えており週前半は動き難いのではないでしょうか。




【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】
 
ドル/円は仲値のドル買いもあり119円台を維持。

120時間のハイローと5日移動平均線の位置する119.50~60付近がレジスタンスとみています。

また120円には本日17億ドル、30日に24億ドルのオプションの期日到来があるので、120円台前半はそう簡単に上抜けできないと思います。

119.50~60で売り 119.80ストップとします。


≪ドル/円 60分足チャート≫

usdjpy60


※出所:株式会社ADVANCE



【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

【今週の重要経済指標】※日本時間
28日
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比)
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前年同期比)


29日
21:30 (米)1-3月期 四半期実質国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比年率)
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
       終了後政策金利発表


30日
 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)
        政策金利
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 (EU)4月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)2月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)3月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、
        食品・エネルギー除く)(前月比)


1日
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
       (前年同月比)
23:00 (米)4月 ISM製造業景況指数



bn_economic_indicators




【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~

2015-04-21_181341



今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825



ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!


10弾