みなさんこんばんは、YEN蔵です

年度末の動きは為替はそれほどでもなかったのですが、日経平均の下落という株の売りで終了しました。

昨日は中国人民銀行が住宅購入に関する規制を緩和したことで中国株が上昇しました。

中国人民銀行は2軒目住宅購入に必要な頭金を60%から40%に引き下げました。

また、住宅積立基金を利用する初回購入者の最低頭金率を20%~30%⇒20%に、2軒目については未払いローンが無ければ60%⇒30%に引き下げました。

調整が続く不動産市場を支える措置ですが、経済全般を支えるためには再度の利下げがあるのではないかとみている市場関係者も多いようです。

オセアニア通貨が全般的に弱く、総じてドル買いの流れになりました。

米2月個人消費支出は前月比0.1%と予想の0.2%を下回りました。

コアPCEデフレーターは前月比0.1%と予想並みの数字。

個人消費支出が弱かったことで、第1四半期のGDPが下振れするリスクが出てきました。

一方で2月の中古住宅販売仮契約は前月比3.1%と予想の0.3%を上回る強い数字になり、1月分は1.7%から1.2%に下方修正されましたが、それでも強い数字となり住宅市場が回復する気配がみえてきました。

イエレンFRB議長の講演に対する反応は限定的で、米国債の利回りに大きな変化はありませんでした。

株価のほうは世界的に上昇。

ドイツDAXは1.83%、ダウは1.49%、SP500は1.22%、ナスダックは1.15%の上昇となり、米国市場が崩れる悪い流れを一旦断ち切ることができました。



【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション


オーストラリアドル/米ドル 【売り】 0.77124ドル



ドル/円 【買い】 119.644円


【今後の戦略】

オーストラリアドル/米ドルはターゲット0.76に到達しました。


ここら辺はNYクローズからの1シグマのレンジでもあり、やはり止まっています。

様子を見ながら0.76が固いようなら買戻し、0.7670~80付近が抜けなければ再度ショートにする予定です。

 
ドル/円は119.90~95付近がサポートされているのでロングをキープしています。

ストップを119.85においてロングをキープします。

第1のターゲットは120.70~80、抜ければ下落前に揉みあった121.30~40とみています。

本日は、日本は月末・期末・年度末で投信の設定もありドル/円はやや上昇しました。

ロンドン8時のフィキシングでは大きな動きがありませんでしたが、ロンドン16時(東京0時)のフィキシングでは月末のフローも出るかもしれず、多少大きな動きになるかもしれないので注意してみてください。



≪ドル/円 15分足チャート≫


usdjpy15min

 ※株式会社ADVANCE出典



【本日の重要経済指標】日本時間

17:30 (英)10-12月期 四半期国内総生産
18:00 (EU)3月 消費者物価指数
21:30 (加)1月 月次国内総生産


【今週の重要経済指標】日本時間

1日
08:50 [日]1-3月期 日銀短観
21:15 (米)3月 ADP雇用統計
23:00 (米)3月 ISM製造業景況指数


3日
21:30 (米)3月 非農業部門雇用者数変化
21:30 (米)3月 失業率



bn_economic_indicators



ウルフ村田氏参戦!
配信10回目記念特別版ガチンコ雇用統計セミナー

2015-03-20_183213


ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!
10弾


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!


2015-02-19_163825