みなさんこんばんは、YEN蔵です

ギリシャはやってくれましたね。

大統領選出の3回目の投票では2回目同様賛成が168票に留まり必要賛成票の180票に届きませんでした。

この結果を受けてサマラス首相は来年1月25日の総選挙提案を表明、ギリシャの政治的混乱は市場をリスクオフの流れに傾けました。

ギリシャの主要株式指数のATGは一時11%の下落し終値は853.2ポイントで終了。

ギリシャ10年債利回りも前日の8.5%から9.6%に急上昇しました。

世論調査では反緊縮財政のSYRIZA(急進左派連合)の支持率が高く、急進左派連合は選挙で勝利した場合は金融支援と引き換えの緊縮財政を破棄するのか、あるいは緊縮を緩める条件闘争をするのか不透明感があり、またECB理事会も控えているためにユーロにとっては弱材料になりサポートされていた1.2150をブレークして下落しています。

また昨日エボラ騒動で(本当はそれが原因ではないと思いますが)下落した日経平均は上値が重く、大納会で上昇のジンクスは破れ後場から下げ幅を拡大し279.07円安の17450.77で終了しました。

ジャスダック平均は3日続伸、マザーズは反落となり、東証1部が軟調な中で新興市場の物色はありましたが、最後は冴えない展開で終了しました。

ギリシャによるユーロ安、日本株安によるリスクオフ的なクロス円の下落という形で欧州市場に突入、本日の欧州の動きがどうなるのか?昨日の海外市場はそれほどひどいリスクオフではありませんでしたが、ギリシャの問題は大したことがないとみているのか、あるいはまだ時間があるとみているのか、これから織込にいくのかもしれません。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

欧州時間に入ってもリスクオフの流れが止まりません。

ドル円は120を割って下落が加速。年末ということで流動性の問題があるのか急落。

ただ119円台前半はサポートレベルになるのではないかと思われる。

119.20~30で買い ストップ118.90

本年はブログ、及びセミナーでお世話になりました。

来年も皆様の投資に役立つ情報をお伝えしていきますので、よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

≪ドル円 60分足チャート≫

2014-12-30_180402










※岡三アクティブFX取引画面



【本日の重要経済指標】※日本時間

21:00 11月南アフリカ貿易収支(予想:52億ランドの赤字)
23:00 10月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比4.4%)
24:00 12月米消費者信頼感指数(予想:94.0)



経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators




キャンペーン情報!

ご入金とお取引でもれなくプレゼント!2015年のFX手帳!
2014-12-30_100700








ご好評によ第7弾!魚久の高級粕漬けをプレゼント!

2014-12-30_180458