【動画配信開始!】YEN蔵氏が来年の注目ポイントを解説!

2014-12-26_131127










セミナーご視聴は↑画像をクリック!

みなさんこんばんは、YEN蔵です

皆様クリスマスはいかがお過ごしでしたか?家族で、恋人たちと、あるいは同僚の方々などと楽しいひと時を過ごされましたか?

さて株式市場は新年度入りの雰囲気の中で、出遅れ中小銘柄などが上昇し、マザーズ市場の上昇が目立ちます。

来年の市場の先取りならば、来年は内需主導になるのでしょうか?

ただ今日発表された日本の経済指標はそれほど良くはありませんでした。

11月の消費者物価指数はコアCPIが前年比2.7%と10月から0.2%低下し、原油価格下落によるガソリンの下落などが原因になっています。

消費税分を除くと前年比0.7%と昨年9月以来の低水準です。11月の家計調査による実質消費支出は前年比2.5%減少で8ヶ月連続の減少。

ただ11月の商業販売では小売販売額が前年比0.4%増加と5ヶ月連続の増加と明るい兆しも。

11月の鉱工業生産は前月比0.6%減少と予想の0.8%増加を下回りました。

生産予測は12月が前月比3.2%上昇、1月が5.7%上昇と先行き期待感があります。

経済産業省は生産の基調判断を一進一退に据え置き。まさにまだら模様の経済指標で、原油価格の低下が来年以降の消費や生産を増加させるのかがポイントになると思われます。

一方で、為替のほうは、まだ海外勢がいないので小動き。

ドル/円も輸出勢の売りなどで120円台中盤がおさえられていますが、120円割れも機関投資家が待っているという噂もあり動きづらい展開ですね。

ユーロドルも1.21台の安値からやや反発して小動きになっています。

今日はニューヨーク勢の参入がありますが金曜日ですし、本格的に動きのでてくるのは来週以降ではないでしょうか。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

少しドルが調整されるのではないかと思うのですが、29日はギリシャの大統領選出の議会投票があり気になるところです。

ニューヨーク勢の動きを見てからですが、どちらかというとドル売り目線でみています。

12月の「YEN蔵のFX塾」がアップされています。

2015年相場の見所を、割と短期の目線で語っていますので、ご参考にどうぞ。


【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

ニュージーランド、オーストラリア、スイス、ドイツ、フランス、英国、カナダ、(以上、ボクシングデー)、香港(クリスマスの翌日)、南アフリカ(善意の日)、休場

経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators