本日(11/26)収録!YEN蔵氏の最新動画!
12月のトレード戦略を解説!

ご視聴は下記の画像をクリック!
2014-11-26_191813











みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨晩は米7~9月期のGDPが速報値の前期比年率3.5%から3.9%に上方修正されました。

3.3%と小幅な下方修正が予想されていましたが上方修正となりました。

個人消費、設備投資が強かったことが上振れの材料になりました。

個人消費は速報の前期比年率1.8%から2.2%増加に上方修正されました。

耐久財受注が速報の7.2%増から8.7%増に、非耐久財が1.1%増から2.2%増に、サービスが1.1%から1.2%増に上方修正されたことが個人消費を押し上げました。

ここら辺はポジティブな材料ですが、賃金給与が速報の4.2%から2.3%に下方修正されるなど、所得の伸びが緩やかだったところが気になるところでもあり、イエレンFRB議長が気にしているところです。

ただガソリン価格が低下していることから可処分所得の伸びが高まる可能性が高く、個人消費のペースが上昇する可能性があります。

設備投資も速報の5.5%増から7.1%増に上方修正されました。

機械投資が7.2%増から10.7%増に上方修正、住宅投資も1.9%増から2.7%増に上方修正されました。

個人投資の増加、設備投資の上向きから10~12月期のGDPも期待したいところですが、国防支出が16%増加と大きく、この部分が減速する可能性が高く、その分10~12月期のGDPが抑えられる可能性があります。

昨日は強いGDPにも関わらずドルの上値は限定的で、11月の消費者信頼感指数が88.7と10月の94.1と予想の96も下回るとドル売りが加速しました。

またロンドン16時のフィキシングに向けドル売りが加速する動きになりました。

【トレード状況】

◆決済したポジション

NZドル/円 【売り】 0.78289ドル
→0.77945ドル 【決済】 +34.4ポイント 利益確定

ファーストターゲットの0.7760~70がサポートされたので一旦買い戻しました。

◆保有中のポジション

なし



【今後の戦略】

ドル売りの流れでユーロ、NZドルはやや底堅く、ドル/円は動かず、豪ドルは下落傾向です。

豪ドル/米ドルは0.85のバリアーを粉砕しましたが0.85はオプションのストライクが1ヤード(10億ドル)あるのでNYのカットオフタイムまで0.85を挟んだ展開になるでしょう。

豪ドル/米ドル 0.8530~40で売り ストップは0.8560ドルとします。

ドル/円は相変わらず117.50~60がサポートできるかどうか、上値は重いのですが下値も堅く、118円を挟んだレンジトレードになるかもしれません。

≪豪ドル/米ドル 60分足チャート≫

2014-11-26_200352











※出所:岡三アクティブFX取引画面



【本日の重要経済指標】※日本時間

22:30 前週分の米新規失業保険申請件数(予想:28万8000件)
22:30 10月米耐久財受注額
     (予想:前月比▲0.6%/輸送用機器を除く前月比0.5%)
22:30 10月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.3%)
     個人所得(予想:前月比0.4%)
     PCEコアデフレータ(予想:前月比0.2%)
23:45 11月米シカゴ購買部協会景気指数(予想:63.0)
23:55 11月米消費者態度指数
    (ミシガン大調べ、確報値、予想:90.0)
24:00 10月米住宅販売保留指数
    (仮契約住宅販売指数、予想:前月比0.5%)
24:00 10月米新築住宅販売件数(予想:前月比0.7%/47万件)

27日
01:30 米財務省、7年債(290億ドル)入札




経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators




【実施中!新キャンペーン情報】

ご好評により第5弾!最高級の「お米」をプレゼント!
岡三アクティブFX銀座高級グルメプレゼントキャンペーン!


2014-10-31_154146








「もれなくFOREX NOTE 2015プレゼントキャンペーン」


2014-10-31_154209









12/5(金)22:00開催!当社No.1 Webセミナー

2014-11-18_183323