みなさんこんばんは、YEN蔵です

本日は、このブログが始まって1周年です。

昨年の4月25日から書き始めましたが、早いもので1年があっという間に過ぎてしまいました。

いろいろ試行錯誤もあり、読者の皆様により良い情報を届けるために、今後も頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

さてマーケットのほうですが、動きが出てこないですね。

本日東京都区部の4月消費者物価指数が発表されましたが、生鮮食品を除くコアCPIは前年同月比2.7%となり予想の2.8%をやや下回りました。

消費税の引き上げで3月の1%上昇から2.7%に上昇しましたが、民間エコノミストの予想によると増税分の影響は1.7%ほどでないかとの予想もあり、増税による便乗値上げはあまりなく、3月までの物価上昇のトレンドと続いているとみられます。

この数字を受けて若干円安になりましたが、ここで物価上昇が大きくなると日銀の追加緩和の可能性が下がるので、この数字だけを見ると追加緩和期待は持ちこたえたともいえます。

来週の日銀政策決定会合では据え置きが予想されますが、消費者物価指数の数字を黒田日銀総裁がどのように評価するかが記者会見のポイントになりそうです。

また期待されたTPPの合意は先送りされたため、それによりドル/円の上値も抑えられましたが、オバマ大統領来日、TPPもマーケットは織り込んでしまい、大きく動かす材料にはなりませんでした。

来週はFOMC、日銀政策決定会合、米雇用統計と横綱級のイベントが目白押しですが、ドル/円のオプションボラティリティでは、1か月物は6.3%が出会うなど2007年7月以来の低水準に低下してきており、市場の関心が薄れてきていることがわかります。

本日は米信託大手ステートストリートの決算、ミシガン大学消費者信頼感指数の発表が予定されており、ここで動きが出てくるのかどうか。


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

豪ドル/米ドル 【売り】 0.92696ドル


【今後の戦略】


豪ドル/米ドルのショートを引き続き継続しています。

0.9330ドルストップで上昇したら少し売り増ししようかと思っています。



≪豪ドル/米ドル 60分足チャート≫

2014-04-25_193638














※出所: 岡三アクティブFX .NET取引画面



【本日の重要経済指標】 ※日本時間

18:30  ロシア中銀、政策金利発表(予想:7.00%で据え置き)
~22:30 ステート・ストリート第1四半期決算(予想:1株利益0.999ドル)
22:55  4月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値、予想:83.0)
23:00  メキシコ中銀、政策金利発表(予想:3.50%で据え置き)
23:30  クノット・オランダ中銀総裁、講演

オーストラリア、ニュージーランド(アンザックデー)、休場





4月30日(水)20時よりWEBセミナー【ドル/円分析講座、利食い、損切りとなる節目】を行います。

・ドル/円相場の現状
・短期中期のレジスタンスとサポート
・実践的リスク管理

などのお話をします。

いつものように質問、チャット大募集中です。

是非ご覧ください。

4/30(水)20:00より開催!WEBセミナー
2014-04-09_175228






詳細・ご視聴お申込みはこちら


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ