みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨晩はジローと聞いて思わず「ラーメン二郎」を思いついてしまいましたが、さすがに国賓オバマ大統領を【おもてなし】するには有名寿司店の「すきやばし 次郎」ということで銀座も厳戒態勢だったようです。

東京都内の厳戒ぶりとは打って変わり、為替市場、株式市場ともに気が抜けしまうマーケットです。

こんなときは「休むも相場」という格言があるように、相場をお休みしても良いかと思います。

そんな中で少し動きが出てきたのが豪ドルです。

昨日も書きましたが豪1~3月期のCPIは前期比0.6%、前年比2.9%と市場予想の0.8%、3.2%を下回りました。

2012年10~12月期は2.7%でCPIは上昇しましたが、RBAのインフレターゲットは前年比2~3%で、インフレがターゲット内に収まり落ち着いていることを受けて、RBAの年内利上げ観測が後退したことが豪ドルの下落に繋がりました。

CPIが上昇しても豪ドルが下落し、今回“口先介入”無しでRBAもさぞ喜んでいることでしょう。

さて画像は私の使っている岡三アクティブFXの豪ドル/米ドルと豪ドル/円の日足チャートです。


1









2










豪ドル/米ドルは、200日移動平均線が0.9245ドル、1月24日の安値0.86599ドルから4月10日の0.94606ドルの61.8%戻しである0.9150ドル付近。

200日移動平均線を抜けると、10月23日の高値0.97575ドル~1月24日の安値0.86599ドルの50%戻しが0.9200~10付近。

0.9240~50付近を抜けられれば50%戻し付近までありそうです。

豪ドル/円は3月28日以降94.70~80付近がサポートされていますが94.50円は3月28日に上抜けするまで何度もレジスタンスになっているところ、94.50~70付近がサポートできるかどうかが、中期的に重要なポイントになりそうです。


岡三オンライン証券さんでは取引高に応じたキャッシュバックキャンペーンを行っています。

通貨ペアごとに200~300万円を上限にユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円の4通貨ペアで実施、合計で1,000万円の太っ腹。

豪ドル/円は動きが出てきたので手がけやすいかもしれません。

また141~142円のユーロ円も、レンジトレードと割り切って利用できるかもしれません。

キャッシュバックを取るためにトレードをするわけではありませんが、せっかくのキャンペーンを利用しない手もありません。


2014-04-24_182107








【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

豪ドル/米ドル 【売り】 0.92696ドル


【今後の戦略】


保有している豪ドルは0.9330ドルをストップで売り上がる予定です。
ターゲットはまずは0.9220~30付近です。



≪豪ドル/米ドル 60分足チャート≫

2014-04-24_182602














※出所: 岡三アクティブFX .NET取引画面



【本日の重要経済指標】 ※日本時間

20:00 トルコ中銀、政策金利発表(予想:10.00%で据え置き)
21:30 3月米耐久財受注額
     (予想:前月比2.0%/輸送用機器を除く前月比0.6%)
21:30 前週分の米新規失業保険申請件数(予想:31万5000件)

25日
01:15 コンスタンシオECB副総裁、講演
02:00 米財務省、7年債(290億ドル)入札
03:45 ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、講演
05:00~マイクロソフト第3四半期(1-3月期)決算
     (予想:1株利益0.630ドル)





4月30日(水)20時よりWEBセミナー【ドル/円分析講座、利食い、損切りとなる節目】を行います。

・ドル/円相場の現状
・短期中期のレジスタンスとサポート
・実践的リスク管理

などのお話をします。

いつものように質問、チャット大募集中です。

是非ご覧ください。

4/30(水)20:00より開催!WEBセミナー
2014-04-09_175228






詳細・ご視聴お申込みはこちら


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ