皆さんこんばんは、YEN蔵です


東京市場以外はお休みということで、為替は開店休業状態ですね。

銀行に勤めていたとき、こんなとき外国人はクリスマス休暇でいなくなります。
東京が唯一開いている市場なので世界中の支店のオーダーが集まります。

普段見たことのないような通貨のオーダーもあり、そのオーダーを見るのが大変なのですが、市場はぜんぜん動かないので、まずオーダーを執行することもありません。

外資系の銀行は有給休暇の取得に関してはわりと厳格で、休暇をとるように指導されます。

ベアリングをつぶした男、ニック・リーソンはほとんど休まなかったみたいで、休暇を奨励するのはそのような不正行為を防止する意味もあります。

本日、日経平均先物は16120円の高値を示現しました。世界中で今晩取引できるのは日経平均先物だけですね。(メジャーなものです)


「日経平均ガイドブック」という本が日経新聞社から出ていますが、なかなか便利です。

それによると1949年6月の株式市場再開から2013年6月まででみると12月に上昇する確率は64.1%で4番目に日経平均が上がりやすい月になります。

過去23年間(市場がバブルをつけた後を見ても)で14回上昇し60.9%の上昇確率です。

日別で見ると24日が60.4%、25日が68%、26日が73.1%となり、クリスマスシーズンは外国人勢が
いないにも関わらず、日経平均が上がりやすい日になっています。

昨日の時点で騰落レシオは83.35%、これは底値圏を試しに行くときの数字ですが、日経平均はむしろ上昇。

今日まで証券税制の変更に絡む売りがでて個別株が売られ、値下がり銘柄数は多いけど、一部の日経平均に感応度の高い銘柄が上昇しているといういびつな動きなのでしょうか。

昨日下落したマザーズ指数が4.39%上昇したということは税制に絡む売りは終了して、重石が取れてメイントレンドに回帰した?そう見ても良いのかもしれません。

そうなると明日以降株上昇、円安が加速するかもしれません。(ま~私は株、ドル/円ブルですから自分のポジショントークがかなり入っています)

ただ最近株価とドル/円の動きの反応が鈍くなってきています。16000円をしっかり固めてきたのだから105円といきたいところですが、105円はこの前も書きましたが遠すぎた橋になっています。

105円はおそらくオプションバリアー、バニラオプションがたくさんありますから、一気には抜けないと思います。

やはり今の動きだと日経平均が先に上昇して、追いかけていく流れになるのでしょう。


岡三オンライン証券の武部力也さんも私も使っている「Forex Note(為替手帳)2014」 のプレゼントキャンペーン。

第2回の締め切りは27日までです。
全4回で来年1月31日までやっていますが、お早めに。

この手帳のいいところは、1年分の指標発表、中銀のスケジュールがわかること。
過去の債券、為替の動きがわかることです。

せっかくの機会ですから、手帳をゲットしてみてください。

2013-11-18_170110







来年1月8日19時30分からYEN蔵のFX塾、新春第1弾を開催します。

新春らしく、【2014年1月の相場展望と週間売買戦略の立て方】です。
2014年1月の相場展望と、1週間の相場のアイディアや取引の仕方をお話します。

【2014年1月8日(水)19:30スタート!】 WEBセミナー 
20140108YEN蔵のFX塾






【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

今日はクリスマスであり各国も休みのため、トレードしませんので、取引・戦略なしです。


【本日の注目経済指標】※日本時間

なし


※ニュージーランド、オーストラリア、香港、シンガポール、スイス、ドイツ、フランス、英国、南アフリカ、カナダ、米国(以上、クリスマス)、休場



応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ