---------------------
    本日19:30スタート!【WEBセミナー】     

2013-11-28_164726




今からでもご視聴いただけます!         
詳細は画像をクリック                 

---------------------

皆さんこんばんは、YEN蔵です

昨日は101円台をサポートしたドル/円が結局102円台まで一気に駆け上がったのですが、ユーロ/円の上昇が引っ張ったのではないかと思われます。

ユーロ/円が137.50~60を上抜けして急騰したことで(ユーロ/米ドルの上昇で)、ドル/円が101.20~30でもんでいたところから上昇トレンドが明確になりました。

円安がドル/円からユーロ/円に波及、その後欧州時間で英GDPを受けてポンド/米ドルが1.63ドル付近まで上昇するとポンド/円も165円を回復しました。

そして本日豪ドル/円はレジスタンスになっていた93円を抜けて高値を更新し、円は全円安の展開になりました。

豪ドル/米ドルは7~9月期の豪民間設備投資が前期比3.6%と予想の1.2%を上回ったことで、0.90ドル台後半から0.92台前半に上昇しましました。

日経平均も小動きで下が、最後に15700円を上抜けして上昇、277.49円高の15727.12円で終了しました。ただ出来高は22.76億株、売買代金が1.96兆円と2兆円を下回り、やはりエネルギーは感じられません。
今日は19時30分からセミナーなので、ちょっとあわただしくブログを書いています。
ぎりぎりまで間に合うので、お時間があればご視聴ください。


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし



【今後の戦略】


ドル/円は来週まで102円近辺のオプションが3Yardsほどあるようです。1Yard(ヤード)は1000本ですから10億ドル、約10200億円ほどです。

ですから、ドル3000本ほどのオプションの需要があるという噂です。

またいつものように102.50円はバリアー、ノックアウト系のオプションがあるでしょうから、これは101円台後半~102円台前半でしばらくもむのではないかとみています。

たいして落ちないかもしれませんが、今日はニューヨーク市場もお休みですから上をトライするのは無理かなと思っています。

そうすると102円を挟んだレンジトレーディングを心掛けて、よい持ち値のロングを構築できればベストなのですが。

また豪ドル/米ドルですが0.9130~40を完全に抜ければ、0.9170~80、0.92ドルを抜けられれば0.9250~60付近まで戻るのではないかとみています。

豪ドルが一旦底打ちしたのであれば、0.93ドル台前半ぐらいまでの上昇が期待できると思います。

そこを見極めたいのですが、ユーロ/豪ドルが1.5ドルで一旦高値を付けて下落中、1.4850ドル付近を抜けられれば豪ドルの買戻しも加速するのではとみています。

豪ドルが上昇する局面でドル/円の102円割れがサポートされれば、豪ドル/円も94円付近までの上昇もありかと思っています。

ドル/円がもし本当にオプションの玉がでかくて(こういうのは噂も多いので)102円を挟んで膠着するようであれば、豪ドルのロングも面白いかもしれません。


≪ドル/円 60分足チャート≫

■ドル/円

ドル円チャート










※岡三アクティブFX取引画面


【本日の注目経済指標】※日本時間

19:00 (ユーロ圏) 11月経済信頼感
   (前回97.8 予想98.0)
19:00 (ユーロ圏) 11月消費者信頼感・確報値
   (前回-15.4)
19:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
19:30 (英) カーニーBOE総裁記者会見
22:00 (独) 11月消費者物価指数・速報 【前月比】
    (前回-0.2% 予想+0.1%)
22:00 (独) 11月消費者物価指数・速報 【前年比】
      (前回+1.2% 予想+1.2%)
22:30 (加) 加第3四半期経常収支
   (前回-146億加ドル 予想-144億加ドル)



応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ