皆さんこんばんは、YEN蔵です

今日から欧州は冬時間ですね、東京も台風通過でかなり秋も深まってきた感じです。

冬時間になると欧州・ロンドン勢の参入が1時間おくれるので、値動きがアジアの流れからやや寸断される感じもします。

1990年代前半の為替市場は、電子取引が主流ではなく、銀行が為替ブローカーを通じた人間が売買を仲介するシステムが取引のシェアを結構持っていました。

岡三オンライン証券さんの武部さんも、この為替ブローカー最大手の会社でドル/円取引という花形で活躍していました。

われわれ銀行が武部さんたちに注文を出して、その注文を武部さんたちが執行していたわけで、なかなかつわもののブローカーさんたちもたくさんいました。

この話は結構面白いので、いずれセミナーかなんかでお話します。

この為替ブローカーは東京時間の3時半までは山のように売買注文を持っていて流動性はやまほ
どあるのですが、3時半を過ぎて東京の銀行が銀行間の直接取引を終了すると(3時半が終了時間でした)、ロンドン勢が参入するまでは流動性が極端に低下します。

夏時間はロンドン勢がすぐに参入するのでよいのですが、冬時間は1時間ぐらい空白の時間があくので、この時間の取引はとっても嫌な時間帯でした。

今は電子取引で、市場の厚みが昔とは比べ物にならないほどあるので、冬時間のこの時間でも流動性の問題はないのでしょうが、とにかく冬時間の15:30~16:30ぐらいはアジアのディーラーにとっては鬼門の時間帯でした。

さて先週は先物主導(金曜日はスイス系の売りだったようです)で下落した日経平均が、今日は300円高と反発し、ドル/円、クロス円もシドニー時間でギャップをあけてオープンし、高値圏でもみ合っています。


アジア株の堅調さを受けて欧州株式も上昇してスタートしています、この流れが継続し円安になるのかどうか、今日のポイントになりそうです。


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

短期的には底打ちしましたが、この流れが中期的な上昇トレンドに結びつくかどうか。

ドル/円の97.80~90、豪ドル/円の94.00~10が抜けられるかどうかポイントだと思います。

ここを抜ければ、素直にロングなのでしょうが、ここを買うのはやはり厳しい。

ドル/円は97.20ストップで97.30~40で押し目買い、豪ドル/円は93.30ストップで93.40~50の押し目買いを狙おうと思います。

≪ドル/円、豪ドル/円 60分チャート≫

【ドル/円】
ドル円チャート










【豪ドル/円】
豪ドル円チャート











【本日の注目経済指標】※日本時間

20:30 (ユーロ圏) リンデ・スペイン中銀総裁講演
22:15 (米) 9月鉱工業生産 【前月比】 (前回+0.4% 予想+0.4%)
22:15 (米) 9月設備稼働率(前回77.8% 予想78.0%)
22:20 (英)デール英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
23:00 (米) 9月中古住宅販売成約 【前月比】 (前回-1.6% 予想0.0%)
23:30 (米) 10月ダラス連銀製造業活動指数(前回+12.8)
24:45 (米) グリーンスパン前FRB議長講演
02:00 (米) 米2年債入札(320億ドル)


【今週の注目経済指標】※日本時間

29日
21:30 (米)9月小売売上高
22:00 (米)8月ケース・シラー住宅価格指数

30日
21:30 (米)9月消費者物価指数(CPI)
   エネルギーと食品を除くコア指数
31日
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
05:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ)、政策金利発表
未定 (日)日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表)
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00 (ユーロ圏)10月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
21:30 (加)8月国内総生産(GDP)

11月1日
23:00 (米)10月サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ


---------------------
【WEBセミナー情報】10月31日(木)20:00~
1031セミナー
   
     ご視聴お申込み受付中!!     
----------------------