皆さんこんばんは、YEN蔵です

マーケットのフォーカスが米国から中国に移って2日目です。今日もここまでは中国ネタが市場を動かしています。

HSBC発表の10月の中国PMIは50.9となり9月の50.2、予想の50.4を上回り、豪ドル、クロス円の反発の材料になりました。

中国の7日物レポレートは5%と昨日から1%上昇して始まりました。中国の7月の時のようなショックを市場に与えることはないと思うのですが。

それより人民元の上昇です。本日は人民元の基準値を1ドル=6.1335元と昨日の終値6.0835、前日の基準値6.1330元からドル高元安ですが、依然として人民元は高値圏に上昇しています。

人民元も上昇していますし、韓国中央銀行はドルウォンの介入をしていますから、これらのアジア中銀の外貨準備がユーロドルにシフトしているのかもしれません。あくまで推測ですが。

ユーロドルは1.38のバリアーを粉砕して1.3820付近まで上昇していますが1.3850にもバリアーがあるようです。
アジア時間の豪ドルの反発が行って来いになってしまってますが、欧州時間に入りユーロは堅調で、結果的にはユーロオージーの買いになっています。

日経平均は60円高、ナイトセッションで先物40円安ですが、クロス円の下落にもかかわらず持ちこたえる感じもします。

ユーロドルの上昇を見るとドル安の流れになっているので、やはり米国のティーパーリング延期でドル安リスクオンの流れは継続だと思うのですが、やはり中国がらみに豪ドルが弱いという流れが続いているという見方です。

【トレード状況】

決済したポジション

なし


保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

昨日も書きましたが、やはり豪ドル円の93円、94.30~40が目先のサポートレジスタンスになっています。中期的に豪ドルの0.96、豪ドル円の93円付近がサポートできるかどうか重要だと思います。

本日も93円割れをストップに93円10~20でロング、あるいは94.60ストップで94.30~40でショートで臨もうと思います


【本日の注目経済指標】
※日本時間

21:30  (米)  週間新規失業保険申請件数 (前回35.8万人 予想34.0万人)
21:30  (米)  米8月貿易収支(予想 -394億ドル 前回 -391億ドル)
21:30  (米)  米国株式市場
23:00  (米)  9月新築住宅販売件数 (前回42.1万件 予想42.5万件)
01:45  (加)  カーニーBOE総裁講演
●欧州連合(EU)首脳会議(ブリュッセル)
●参院予算委員会

応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ 


---------------------
【WEBセミナー情報】10月31日(木)20:00~
1031セミナー
   
     ご視聴お申込み受付中!!     
----------------------