皆さんこんばんは、YEN蔵です

昨日までは閑散としていましたが、今日は一気に激しい動きになりました。

まずは米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大きく下回り、ドル/円は98円割れまで急落した後に反発してクロス円が上昇しました。

ドル/円の上昇はクロス円の買いもあったのでしょうが、やはり98円、98.50円のオプションの影響でガンマトレード(98円や98.50円のオプションを保有するプレーヤーが売ったり買ったりする取引、この場合は98.00~98.50で売って、売った分を98円割れで買い戻すトレード)の影響があったのかもしれません。

97.50円、98円、98.45円、98.50円のオプションは今日エクスパイアリー(期日)を迎えるために、オプションの影響はなくなるかもしれません。

本日のドル/円、クロス円の下落は様々な噂が飛んでいました。

年金の株売り?中国の不良債権処理のニュース(これは昨晩の深夜にも出ていたようですが、同じ材料で2度仕掛ける?為替市場ではこの時間差攻撃はよくあることです。

日本語のニュースでは反応しないのに英語になってから反応するとか)輸出勢のドル/円、クロス円の売り。CTA(モデル系)のクロス円の売り。

ま~このような噂はどれが本当かよくわかりませんが、中国のニュースと年金の株売り以外はいつも市場で起こっていることですよね。

結局はティーパーリングの延期によるリスクオン相場で上昇していたクロス円の利食いが一旦出て、その売りにストップが巻き込まれて下落が加速したというところではないでしょうか。

そうすると、ここまでのリスクオン相場が、これで終わったかどうかが重要ですよね?正直わかりません。

3月までティーパーリングが延期されるのであれば、またリスクオンに戻る可能性も高いと思いますが、とりあえず今日明日はどこまで底値うちに行くか確認するのがよいのではないはないでしょうか。

中国の大手銀行の不良債権が3倍に膨らんでいるといったニュースの出ているようで、今日はドル/円、おそらくクロス円も円コール(下サイドの、下落に備えるオプション)が買われていたようで、そのようなフローもドル/円、クロス円の下落を加速させたのでしょう。



【トレード状況】

決済したポジション

なし


保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

オセアニア通貨、上昇していたら売りと昨晩書いておきながら、本日の絶好の売り場で躊躇しているうちに下落してしまいました。

売れている方がいればよいのですが。

豪ドル/円は、8月7日の安値86.40円~(昨日、今日の)高値95.65円付近の23.6%の93.40円付近がサポートされています。93.20~40のサポートを抜けてしまうと、38.2%が92円付近。

93円ストップで買ってみても反発を狙えそうですが、ここは94.60ストップで、94.30~40で売ってみたいと思います。

≪豪ドル/円 60分足チャート≫

1023チャート




出所:岡三アクティブFX取引画面

【本日の注目経済指標】
※日本時間

20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+0.3%)
21:30 (米) 9月輸入物価指数【前月比】(前回±0.0% 予想+0.3%)
22:00 (米) 8月住宅価格指数【前月比】 (前回+1.0% 予想+0.8%)
23:00 (加) 加中銀政策金利発表 予想 (1.00% 現行 1.00% )
23:00 (ユーロ圏) 10月消費者信頼感・速報 (前回-14.9 予想-14.5)
24:15 (加)ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、記者会見
02:30 (ユーロ圏) リンデ・スペイン中銀総裁講演
03:30 (英) ベイリー・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁、講演

応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ 


---------------------
【WEBセミナー情報】10月31日(木)20:00~
1031セミナー
   
     ご視聴お申込み受付中!!     
----------------------