皆さんこんばんは、YEN蔵です。

昨晩はオプションバリアーの一部エクスパイアリー(期日到来)もあり100円
ブレークの期待もあったが再び失敗。

「日銀政策決定会合」では、予想通り何もでなかったが失望で円買いに。
何か期待していたのだろうか?

発表された展望レポートを見ると、2013年度の実質GDPの見通しが1月の1.9~2.5%から2.4~3.0%へ上方修正されており、かなり強気の見通しと思う。

2015年度の消費者物価の見通しを消費税増税の影響を除いて1.9%の見通し。こちらも強気の見通しに思われる。

100円乗せに失敗、日経平均も14000円乗せに失敗と勢いが衰えてきた中で、来週多くのイベントもあり、Sell in May(5月には売れ)のアノマリー通りとなるか見極める週になりそうだ。


【本日の戦略】

週末ということもあり、新規のポジションの構築は控えたい。

この後、米国で第1四半期の「GDP速報値」、「ミシガン大学消費者信頼感指数」の確報値が発表される。
GDPは3%と高い予想だが、その数字を見て来週以降の動きを考えたい。

数字を受けてドル買い、円売りになるようであれば100円チャレンジの可能性もあるが、弱い数字などでドル売りになるようであればドル円、クロス円のショートをどこかで作りたい。

短期的には、ドル/円も下に突っ込みすぎでややショートなのかもしれないが、ポイントは99.10~30付近が上抜けできるかどうかだと思う。

ここが抜けられないようならば、ショートの仕込みどころかもしれない。

≪ドル/円 60分足チャート(出所:岡三アクティブFX取引画面)≫ 
※クリックで拡大します。
ドル円60分足チャート











また、豪ドル/米ドルが1.03台後半を2回止められダブルトップになっており、ダウントレンドになっている。
もう下落してしまったが1.03台前半に戻るようであれば、ショートを構築したいと思っている。


最初にも書いたように、週末ということでここから新規のポジションはあまりお勧めできないが、米国指標を受けて上記のポイントがどうなるかで来週以降の動きを考えていきたいと思います。


良い週末をお過ごしください。


応援よろしくお願いします!
 にほんブログ村 為替ブログへ 


==========================
【岡三オンライン証券からのお知らせ】

以下の日程で、「YEN蔵氏」と当社投資戦略部長「武部 力也」による
対談形式のWEBセミナーを開催いたします。

昨今の円安・株高相場の今後のシナリオ、また、具体的な売買戦略をお伝えしていく予定です。

◆開催日時  2013年5月9日(木)19:00~20:30
0509webseminar




2013-04-26_182700



視聴者プレゼントとして、講師のお二人からのサプライズプレゼントもありますので、ぜひ、ご視聴ください。
==========================