YEN蔵のFXトレードタイム

2016年09月

9月30日トレード戦略~ドイツ銀、月末、半期末のフローに注意 ~


YEN蔵の日経225先物テクニカル分析講座
bn_seminar_yenzo_300x60


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

ドイツ銀、月末、半期末のフローに注意

前日はOPECの合意でリスクオンの流れとなりましたが、昨日はドイツ銀行の問題でリスクオフの流れとなりました。

ドイツ銀行株は一時7%超の下落となり、ダウは195ドルとなるなど株価は世界的に下落。

その流れはアジアから欧州市場にも伝播しています。
 
一部の大手のヘッジファンドがドイツ銀行からポジションを引き上げたとの報道があり、これをきっかけにドイツ銀行株が急落しました。
 
米10年債利回りは前日の1.567%から1.5582%に下落。

ドル円は一時101円割れまで下落した。

本日も何度か101円割れをするも、そのあたりでは本邦実需筋からの買いも出てきており101円を挟む展開になりました。
 
お昼ごろ本邦機関投資家の半期末に絡む大口の買いがでたようで、ドル円は101.77付近まで上昇し一気にショートカバーされました。

しかし昨日同様に101.70~80付近がレジスタンスとなりその後はじりじりと下落。
 
欧州市場に入りドイツ銀行株が再び2%強の下落となるとドイツDAXも1.8%ほど下落しリスクオフの流れになっています。
 
ドイツ銀行に果たして支援が必要なのか?

支援が必要であればドイツ政府からのものになりますが、来年に選書を控えているメルケル政権は難民に対する姿勢を批判され支持率が低下しています。

その中でさらに人気の無い公的資金による銀行支援に踏み切れるのかどうか?

今後とも目が離せない状況が続くのでしょう。
 

<取引>
豪ドル【決済売】 0.76546 
 →2.1ポイント損失
ドルカナダ【決済買】 1.314265 
 →48.55ポイント損失
ドル円【新規売】 101.359
ドル円【決済買】 100.923  
 →43.6ポイント利益

<戦略>
世界的に株価が下落しリスクオフになったために、資源国通貨買いは当然アゲインストになりましたから豪ドル、カナダダルともに損切りしました。

ドル円を下落の途中で売れたので101円割れで買戻し少し取り返しました。
 
なかなか難しい相場ですね。
 
ドル円は100.70~80が割れれば、再び100円を試しに行く展開になると思われますが、101円以下は売りたくないですね、101円台中盤があれば売ろうと思いますが、週末なので様子見とします。
 
それでは皆さん良い週末を。
 


【来週の主な経済指標】

10/3(月)

08:50 日 7-9月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断

23:00 米 9月 ISM製造業景況指数


10/4(火)

12:30 豪 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表


10/5(水)

21:15 米 9月 ADP雇用統計(前月比)

23:00 米 9月 ISM非製造業景況指数(総合)


10/6(木)

20:30 EU 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨


10/7(金)

21:30 加 9月 新規雇用者数

21:30 加 9月 失業率

21:30 米 9月 非農業部門雇用者数変化(前月比)

21:30 米 9月 失業率



【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/
 

【キャンペーン実施中!】 
logo_221x28

岡三アクティブFXの取引をはじめるなら今がチャンス!
fx_20160901_362x133

好評につき延長決定!!おトクに口座開設できる! 
プレス用(株365 3000円)


スプレッドがさらにタイトになった「くりっく365ラージ」をおトクに取引できます!
プレス用(くりっく日計り)



bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


9月29日トレード戦略~資源国通貨ロング ~


YEN蔵の日経225先物テクニカル分析講座
bn_seminar_yenzo_300x60


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

昨晩はOPECの非公式会合で11月の正式会合で産油量を日量3250万バレルに制限することで合意したとの報道が流れました。

WTIは47ドル台に上昇。

資源国通貨の上昇を受けて全般的にリスクオンの流れとなりドル円も101円台を回復しました。 


OPECの決定は短期的にリスクオンの流れを加速させました。

また12月のFOMCでも利上げができないのではとの観測もあり、利上げの延期は米国株を支えてリスクオンの流れを継続させる可能性が高いので今後もFedの動きは注目材料です。 
 

今週週初はドイツ銀行の経営不安問題から欧州を中心に世界的に銀行株が下落したことで株式指数は下落しリスクオフの流れとなりましたが、しかし昨晩のOPECの決定でリスクオンやや優勢という流れになっている。 

ただ101円台後半から102円台にかけては輸出勢の売りの需要もあるようで、そう関単に102~103円付近を上抜けできるとも思えないです。

FOMCでの利上げがまだ不透明な中ではドル売りのトレンドは継続しており、ドル売りのトレンドが変わったとも思えないのですが。 


<取引>
ドルカナダ【新規売】 1.31571 
ドルカナダ【決済買】 1.30967  
60.4ポイント利益 
ドルカナダ【新規売】 1.30941 


<戦略>

昨晩は夜中に原油生産制限の報道が出たことで資源国通貨が上昇。

ドルカナダを売ってみましたが、利食いがちょっと早すぎました。 

OPECの合意に関しては11月の正式会合で合意のためにまだ不透明な要素があり、当のWTIが47ドル台で止まっており、まだ不透明要素もあります。 
 

豪ドルのロングは継続、ストップは0.7640 利食いは0.7750~60を抜けるかどうかで見極め 。

ドルカナダは昨晩利食ったレベルで再度売りました ストップは1.3135、利食いは1.30付近  

資源国通貨ロングとします。





【今週の主な経済指標】


9/29(木)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)

29:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

9/30(金)
8:30 日 8月 全国消費者物価指数(CPI)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)
18:00 EU 9月 消費者物価指数(HICP、速報値)
21:30 加 7月 月次国内総生産(GDP)
21:30 米 8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/
 

【キャンペーン実施中!】 
logo_221x28

岡三アクティブFXの取引をはじめるなら今がチャンス!
fx_20160901_362x133

好評につき延長決定!!おトクに口座開設できる! 
プレス用(株365 3000円)


スプレッドがさらにタイトになった「くりっく365ラージ」をおトクに取引できます!
プレス用(くりっく日計り)



bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


9月28日トレード戦略~米債券利回り低下でドル安気味~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

ドイツ銀行を巡る欧州銀行株、欧州株の動きは昨日も神経質な動きとなりました。

大統領候補TV討論会でヒラリー氏が優勢となり安心感が広がったこともあり、欧州の下げも小幅に留まりましたが、この問題はまだまだ続きそうです。
 
債券利回りは低下し10年債利回りは1.546%まで低下し9月8日以来の水準になり1.56%付近で終了しました。

やはり欧州の銀行問題などのリスク要因は債券の買い材料になっています。

そして米国債利回りの低下はドルの上値を重くしています。
 
やはりマーケットはリスクを嫌うので手堅いヒラリー氏フェーバーというところで大統領候補討論会の優勢でダウは133ドル高となり堅調な動きとなりました。

またコンファレンスボードが発表した9月の米消費者信頼感指数は104.1となり、予想の99を上回り2007年8月以来の高水準となったことも株高の材料になりました。
 
ドル円は朝方短期筋が下攻めしましたが、100円付近のオプションがらみの買いなども厚く、月末・半期末の応答日となり仲値に向けて買いも出て100円台中盤での推移となっています。
 
日経平均は200円を越す下落ですが、配当落ち分が115円ありますから実質100円超の下落で昨日の上昇分を帳消しという感じです。

メガバンクが3%超の下落となり銀行株への売りが目立ちます。

一方でマザーズ指数は1%超の上昇で新興市場が元気がいい感じですね。
 

<取引>
豪ドル買い 0.76567

<戦略>
ドル円は100円付近は来週の火曜日まで30億ドルほどオプションがあるので、また輸入の買いもあるようで一筋縄ではいきません。

昨日も書きましたが100~101.50のレンジでレンジトレードをしています。

今日は101円台はありませんがしばらくは逆張りでレンジを取りに行くのでいいのではないでしょうか。
 
豪ドルはやはり0.7640~50がサポートされたので買ってみました。

ストップは0.7640で重要レジスタンスの0.7750~60を上抜けできるかどうか見極めたいと思います。
 
そこが抜けないようなら利食います。
 
今日は21時30分に米国8月の耐久財受注、23時にイエレンFRB議長が話すので注目されます。





【今週の主な経済指標】


9/29(木)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)

29:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

9/30(金)
8:30 日 8月 全国消費者物価指数(CPI)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)
18:00 EU 9月 消費者物価指数(HICP、速報値)
21:30 加 7月 月次国内総生産(GDP)
21:30 米 8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/
 

【キャンペーン実施中!】 
logo_221x28

岡三アクティブFXの取引をはじめるなら今がチャンス!
fx_20160901_362x133

NYダウ8月の配当は8,000円超え!今後も期待!
kabu365_20160624_362x133

最大65万円キャッシュバック!まもなく終了!
【20160802】fx_20160801_362x133



bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


9月27日トレード戦略~討論会はヒラリーさん優位~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。


昨晩は欧州市場でドイツ銀行の株が売られ世界的に指数が下落しました。

ドイツ政府がドイツ銀行を救済しないという雑誌の記事が材料となりましたが、ドイツ銀行を引き金に銀行株が急落しました。

ドイツ銀行株は7.5%、コメルツ銀行は4.08%、ウニクレジット株は3.63%と欧州銀行株は軒並み3%超、米銀行株も2%ほどの下落となりました。

これを受けてダウも166ドル安となりドル円も100円台前半に下落となりました。
 
朝方は短期税の売りもあり100.10割れまで下落しました。日経平均も一時200円超の下落となりましたが、やはり99.80、100、100.30とオプションエクスパイアリー(期日到来)があり、それなりにオプションにからむ買いも出てきて、100円からは輸入勢の買いもあるようで100円台中盤に反発して討論会を迎えました。
 
討論会でCNNを見ていましたがヒラリーさんは健康問題も無く無難にこなした感じでしたね。

冒頭20~30でトランプさんが貿易や雇用の問題を突っ込んで、いい感じだったのですが、その後はちょっと自滅という感じでヒラリーさんが優勢という感じがしました。

ただCNNの統計では62%対27%でクリントン勝利としてましたが、それほど差がついた感じもなかったと思います。

一部のネットメディアではトランプさん勝利が60%となっていたようで、なかなか見方が分かれるのですね。
 
日経平均も139円高で終了、指数は上昇しましたが銀行株はメガが1%ほど下落しました。
 
欧州序盤はドイツ銀行株が反発、欧州株式指数も小幅に上昇しています。

<取引>
なし

<戦略>
やはりドル円はオプションの影響もあり100~101のレンジですね。

ユーロドルも全然動けません。

ユーロドルも1.12~1.13にかけては多くのオプションがあり、それらが影響しているのでしょう。
 
ドル円戻り売り 101.00~10  ストップ101.50
 
後は豪ドルが堅調ですが、重要ポイントの0.7750~60を抜けられるかどうか、再び0.74~0.77のレンジかどうか。

0.7640~50がサポートするようならもう一段上があると思うのですが、そこらへんの動きも見ておきたいと思います。



【今週の主な経済指標】

9/26(月)
23:00 米 8月 新築住宅販売件数

9/27(火)
8:50 日 日銀・金融政策決定会合議事要旨

9/29(木)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)

29:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
9/30(金)
8:30 日 8月 全国消費者物価指数(CPI)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)
18:00 EU 9月 消費者物価指数(HICP、速報値)
21:30 加 7月 月次国内総生産(GDP)
21:30 米 8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/
 

【キャンペーン実施中!】 
logo_221x28

岡三アクティブFXの取引をはじめるなら今がチャンス!
fx_20160901_362x133

NYダウ8月の配当は8,000円超え!今後も期待!
kabu365_20160624_362x133

最大65万円キャッシュバック!まもなく終了!
【20160802】fx_20160801_362x133



bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


9月26日トレード戦略~オプションの影響でレンジマーケット~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

金曜日のニューヨーク市場は冴えない展開でした。
 
アルジェリアで開催されるOPECの非公式会合で増産凍結は難しいという見方で、WTIは1.84ドル下落の44.48ドルで終了。

エネルギー株の下落やファイスブック(動画広告の視聴時間を過大に報告)、アップル(iPhone7の販売が伸びないのではないかとの報道)などで両株が下落したこともありダウは131ドル安となりました。
 
ドル円は100円がサポートしたことで一時101.20~30付近まで反発しましたが、101円台は本日も重く100円台後半の狭いレンジで推移しています。
 
米10年債利回りが1.606%と2週間ぶりのレベルに低下しましたが、その割にはドル売りは一服しています。
 
海外市場の動きを受けて日経平均は209円安の16544.56円で終了しました。

黒田日銀総裁は、必要であればあらゆる手段を活用、金融政策に限界はないと発言したことで101円台を一時回復しました。

しかし金利の大幅な低下を伴う強力な緩和が必要な場面もあると話したことで、銀行株が下落し日経平均の下落幅が拡大し、ドル円も100円台後半に下落しました。
 
欧州市場に入るとドイツ銀行株が2.5%ほど急落、欧州各国の指数もドイツDAXが0.9%、フランスCAC40が1.1%、英国FTが1%ほど下落しています。

この動きを受けてドル円は一時100.60付近まで下落中。
 

<取引>
なし

<戦略>
欧州序盤のリスクオフの動きでドル円とクロス円が下落しています。

先週サポートした100円割れを意識する動きになっています。

ただドル円の100~101にかけては28日までかなりオプションが散らばっています。

ここのオプションはそれほど大きなものはないのですが、数が多いのでこれらのオプションの影響で100~101のレンジが継続する可能性が高いと思います。
 
また明日は東京時間の10時からヒラリー氏とトランプ氏のTV討論があり、何せトランプ氏ですから何が飛び出すか分からないので、こちらもリスクになりそうです。
 
今日は101円台があれば売りたいと思いますが、100~101のレンジプレーかなと思っています。



【今週の主な経済指標】

9/26(月)
23:00 米 8月 新築住宅販売件数

9/27(火)
8:50 日 日銀・金融政策決定会合議事要旨

9/29(木)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)

29:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
9/30(金)
8:30 日 8月 全国消費者物価指数(CPI)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)
18:00 EU 9月 消費者物価指数(HICP、速報値)
21:30 加 7月 月次国内総生産(GDP)
21:30 米 8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/
 

【キャンペーン実施中!】 
logo_221x28

岡三アクティブFXの取引をはじめるなら今がチャンス!
fx_20160901_362x133

NYダウ8月の配当は8,000円超え!今後も期待!
kabu365_20160624_362x133

最大65万円キャッシュバック!まもなく終了!
【20160802】fx_20160801_362x133



bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料