YEN蔵のFXトレードタイム

2016年08月

8月31日トレード戦略~日本市場はリスクオンの流れ ~


【YEN蔵のトレード塾】一目均衡表の活用法 ~応用編~ 水準論で目標値を計算する

banner_362x133

みなさんこんばんは、YEN蔵です。



昨晩発表された8月米消費者信頼感指数は101.1と2015年9月以来の高水準となりました。

予想の97も大きく上回りました。現況指数が123と前月の118.8から大きく上昇、期待指数も86.4と82から大幅に上昇しました。

労働市場の改善に家計が自信を深めているようすが確認されました。 


この数字を受けてドル円はレジスタンスになっていた102.50を上抜けし、103円台を回復しました。 
 


フィッシャーFRB議長はブルームバーグとのインタビューで、労働市場は完全雇用に極めて近い状態、生産性の伸びは問題だが、いずれ生産性は上昇して利上げの環境は整うと述べました。 
 


これらを材料にドルは上昇しましたが、ドル高というよりはむしろ円安の動きが目立っています。  


昨晩はドル円は上昇しましたが、他の先進国通貨ではそれほどドル高がすすまなかったこともあり、クロス円の上昇が目立ちました。

日本株が堅調な中で、下落したクロス円がドル円の上昇を追いかけてきた感じになっています。 


株高円安は雇用統計までは続くのではないでしょうか 



<取引>
なし 



<戦略>

クロス円の買いを狙っていたのですが、欧州序盤からクロス円強いですね。 


ニュージーランドドルがまたレジスタンスの0.7250~60レベルにいます。

ここを完全に上抜けできれば上昇が加速すると思うのですが。 


ニュージーランド円の押し目を狙います。

74.40~50で買い。74.20ストップとします。 



コメント機能が使えるようになりました!
質問や感想などのコメントお待ちしております!

(全ての質問に回答することはできませんので、ご了承ください。) 



【今週の重要経済指標】※日本時間
8/29(月)
21:30 米 7月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
9/1(木)
23:00 米 8月 ISM製造業景況指数
9/2(金)
21:30 米 8月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 米 8月 失業率
 
【キャンペーン実施中!】

logo_221x28

くりっく株365のお取引をはじめるなら今がチャンス!

kabu365_20160401_362x133


くりっく365ラージをおトクに取引するチャンス!

【20160802】fx_20160801_362x133




bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


8月30日トレード戦略~雇用は強いですが賃金は上がらず~


【YEN蔵のトレード塾】日経225の売買目標値を見つける!一目均衡表の活用法!

banner_362x133

みなさんこんばんは、YEN蔵です。



昨晩発表の7月米個人所得は前月比+0.4%、個人消費支出は+0.3%と予想と一致しました。

自動車などの耐久財が好調で4ヶ月連続で増加し経済は好調です。
 

一方で食品・エネルギーを除くコア消費支出(PCE)は前月に続き前月比+0.1%となりインフレ圧力はありませんでした。

前年同月比は+1.6%と3月以降このレベルで推移しています。

PCEはFedがインフレ指標として重視し、これが2%近辺に上昇することを目指しています。

その意味では利上げを急ぐのかと問われれば、状況は3月以降は変わっていないともいえますね。
 

日本も雇用統計が発表されましたが、7月の完全失業率は3%となり前月から0.1%低下し1995年5月以来の低さになりました。

有効求人倍率は1.37倍と横ばいでしたが、こちらも1991年8月の1.4倍以来の高水準です。
 

日米ともに雇用は強いのに賃金が上昇しない、賃金が上昇しないから消費が低空飛行(米国は好調ですが)という状況が続いています。
 

日経新聞の解説によると雇用の増加が非正規雇用や賃金の低い業種に目立つことも原因と分析しています。
雇用とスキルのミスマッチなのでしょうか。
 

さて昨晩は米10年債利回りが再び1.56%に低下(前日は1.63%)ドル売りの流れになりましたが、ドル円の101.70~80はやはりサポートしました。
 

株式市場もダウが107ドル高となりましたが、日経平均は0.07%安、一方で2部指数0.12%上昇、マザーズ指数0.3%上昇、ジャスダック指数0.02%上昇と新興、中小小型時株は値を保ちました。



<取引>

なし


<戦略>

昨日書いた101.70~80に達しましたが、ロングエントリーできず反発してしまい失敗でした。

雇用統計までは一進一退が続くのではないかと思っています。
 

昨日同様101.70~80買い 101.40ストップ 利食い103
 

ポンドドル1.3140~50売り  1.3180ストップ  利食い 1.30とします。

2016-08-30_GBPUSD



【今週の重要経済指標】※日本時間
8/29(月)
21:30 米 7月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
9/1(木)
23:00 米 8月 ISM製造業景況指数
9/2(金)
21:30 米 8月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 米 8月 失業率
 
【キャンペーン実施中!】

logo_221x28

くりっく株365のお取引をはじめるなら今がチャンス!

kabu365_20160401_362x133


くりっく365ラージをおトクに取引するチャンス!

【20160802】fx_20160801_362x133



新商品取扱い開始記念!マザーズ先物キャッシュバックキャンペーン!

FOP0719


bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


8月29日トレード戦略~Fedの年内1回利上げはあるかもしれません~


【YEN蔵のトレード塾】日経225の売買目標値を見つける!一目均衡表の活用法!

banner_362x133

みなさんこんばんは、YEN蔵です。

何がここまでドル高の引き金を引いたのか、いまひとつよく分からないマーケットでした。

確かにイエレンFRB議長は、労働市場における継続的な底堅い動きや経済、インフレ動向の見通しを踏まえ、FF金利を引き上げる論拠が過去数ヶ月間で強まったと確信と、今までに無く利上げに前向きの発言がありました。

しかし結局は数字次第といつもの発言に落ち着きました。やはり事前予想がハト派な発言ではとの予想に対して、ハト派的でなかったことがドルをサポートしたのかもしれません。

むしろイエレンさんの発言の後に流れてきたフィッシャーFRB副議長のイエレンFRB議長の述べたことは、9月の利上げと複数回の利上げに関してありうると答えることに整合性があるとの発言にマーケットは反応しました。

CMEのFEDWATCHの利上げ織込み度をみると9月が33%、12月が59.1%となりこれまでよりは利上げの織込み度が上昇しました。

米2年債利回りは前日の0.786%から0.8447%へ、10年債利回りは1.576%から1.6279%に上昇し10年債利回りは7月21日以来の1.6%越えとなりました。

一方でダウは53ドル安と小幅下落。債券や為替ほど利上げを織込んでいる感じではなく、ナスダックはむしろ小幅上昇しました。年内1回の利上げは問題ないと市場が感じているのでしょうか?株価の動きが一番不思議です。

<取引>

ドル円【新規買】101.082
 →ドル円【決済売】102.319
 →123.7ポイント利益

ポンドドル【新規売】 1.31619
→ポンドドル【決済買】1.31023
59.6ポイント利益 

<戦略>

金曜日は今回のドル買いの流れは継続すると思い、ドル円の買い、ポンドドルの売りを行いました。飛び乗り成功でした。

102.40~50は20日移動平均線が位置し、102.55付近が7月21日の高値107.50~8月16日の安値99.53の38.2%もどしに当ります。ここは一度止められると思っていたので利食いました。

101.70~80で買い、101.40でストップとします。

ポンドドルは1.3140~50に戻すのではと思います。ここらへんがあればショートメーク、1.3170ストップとします。


【今週の重要経済指標】※日本時間
8/29(月)
21:30 米 7月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
9/1(木)
23:00 米 8月 ISM製造業景況指数
9/2(金)
21:30 米 8月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 米 8月 失業率
 
【キャンペーン実施中!】

logo_221x28

くりっく株365のお取引をはじめるなら今がチャンス!

kabu365_20160401_362x133


くりっく365ラージをおトクに取引するチャンス!

【20160802】fx_20160801_362x133



新商品取扱い開始記念!マザーズ先物キャッシュバックキャンペーン!

FOP0719


bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


8月26日トレード戦略~今日のイエレン議長の発言に注目~


【YEN蔵のトレード塾】日経225の売買目標値を見つける!一目均衡表の活用法!

banner_362x133


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

7月米耐久財受注はコア受注が前月比1.6%増加と2ヶ月連続で上昇しました。予想の0.3%、6月の0.5%を上回り1月以来の大きなプラスとなりました。 

全体の耐久材受注は前月比4.4%増加でした。これは輸送機器が10.4%増加し、中でも民間航空機が89.9%増加したことが全体を押上げました。

自動車は横ばいでしたが、他の項目も全体的に増加傾向となり、ここのところエネルギー関連の設備投資削減の流れが、徐々に回復してきているのではとの見通しもでてきています。 

米7年債の入札は低調になったことで国債利回りは上昇、米10年債利回りは1.559%から1.5782%に上昇しました。 

為替市場は膠着していますが、株式市場は久々に大きく動きました。大きくといっても日経平均は195円安となり、TOPIXも1.26%、マザーズ指数も1.72%の下落となりました。

<取引>

無し 

<戦略>
多くのFed高官が利上げを少なくとも年1回、もしかしたら9月と発言する中で今日のイエレンFRB議長の発言がどうなるか注目が集まります。

いつものイエレンさんの発言ならば他の人と比べてやはりハト派的とみなされるでしょう。しかし経済指標次第という発言であれば9月はまだしも12月の可能性もあるので、ドルが急落するということも考えづらいかと思います。 

今回黒田日銀総裁がパネルディスカッションに参加しますが、こちらは27日と今日のマーケットには間に合いませんが週明けの材料になるかもしれません。少し注目しています。 

ポンドも、ニュージーランドドルも高値圏で高止まりしています。昨日書きましたがポンドドルは60日移動平均線の1.3250~60がレジスタンス、5日移動平均線の1.3170~80がサポートになっています。ポンドドルは重要レジスタンス0.7340~50付近を抜けるかどうか。イエレン議長の発言でここらへんを抜ければ、そちらについていこうと思います。 

それでは皆さん良い週末を



【今週の重要経済指標】※日本時間
8/26(金)
08:30 日 7月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 日 7月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)(前期比)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比年率)
24:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
 
8/29(月)
21:30 米 7月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
 
9/1(木)
23:00 米 8月 ISM製造業景況指数
 
9/2(金)
21:30 米 8月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 米 8月 失業率

 
【キャンペーン実施中!】

logo_221x28

くりっく株365のお取引をはじめるなら今がチャンス!

kabu365_20160401_362x133


くりっく365ラージをおトクに取引するチャンス!

【20160802】fx_20160801_362x133



新商品取扱い開始記念!マザーズ先物キャッシュバックキャンペーン!

FOP0719


bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


8月25日トレード戦略~ポンドドルが重要なポイントに挟まれています ~


好評配信中!【YEN蔵のトレード塾】日経225の売買目標値を見つける!一目均衡表の活用法!

banner_362x133



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

月米中古住宅販売は539万戸となり前月比3.2%減少となりました。

予想の551万戸、0.4%減少を下回った。価格自体は1.6%上昇でしたが、在庫が減少し選択肢が縮小したことが販売減少の理由となったようです。 


明日のイエレンFRB議長の講演を控えてマーケットは小動きが続いていますが、昨日も素材株を中心にダウは65ドル安となりましたが、為替のほうは動意無しでした。 


ドル円は5・10日仲値だったこともあり、朝方は100.61まで上昇しましたが、その後は100.40~60の狭いレンジで推移しています。 


日経平均は41円安となり日銀のETF買いが期待されましたが今日も動き無しだったようです。 


明日のイエレンさんの発言が注目されていますが、意外にいつもと同じトーンになり、最近のFed高官達のタカ派の発言とコントラストとなるのかもしれません。 


そうなるとドルが売られて株が上がるパターンになるかもしれません。

ただ動かないで、来週の雇用統計待ちになるのかもしれません。 




<取引>

無し 


<戦略>

昨日はユーロポンドの売り、ポンドスイスの買いをはじめポンドの買戻しが加速し、ポンドドルも1.3270付近と高値を示現しました。 


やはり今週初のIMMの通貨先物でポンドショートが13万枚とショートが積み上がっていることでショートカバーが断続的に出ている可能性があります。 


またブリグジット騒動以来のポンド安で輸出が堅調で、またロンドンの不動産などが下落、ポンドも下落したことは外国人投資家の資金流入などもあるようで経済状況が悪くないこともBOEの追加緩和期待が後退もありポンドのサポート材料になっています。 


ポンドドルは60日移動平均線が1.3260付近、5日移動平均線が1.3170付近で、この間で推移しています。 


1.3260~70を抜ければ1.35台への上昇になると思いますが、このレベルを抜けるかどうか見たいと思います。様子を見ながら1.3260~70で売り、1.3290ストップを考えています。 




【今週の重要経済指標】※日本時間
8/25(木)
17:00 独 8月 IFO企業景況感指数
21:30 米 前週分 新規失業保険申請件数

8/26(金)
08:30 日 7月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 日 7月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)(前期比)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比年率)
24:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言




 
【キャンペーン実施中!】

logo_221x28

くりっく株365のお取引をはじめるなら今がチャンス!

kabu365_20160401_362x133


くりっく365ラージをおトクに取引するチャンス!

【20160802】fx_20160801_362x133



新商品取扱い開始記念!マザーズ先物キャッシュバックキャンペーン!

FOP0719


bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料