YEN蔵のFXトレードタイム

2016年07月

7月29日トレード戦略~日銀決定は円高、株高?~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

かつて無く日銀の追加緩和期待が高まった金融政策決定会合でしたが結果はETFの買い増しのみとなりました。

現状3.3兆円を保有残高が年間6兆円相当のペースで増加するように買い入れを行うようにするとしました。

 

展望レポートでは、海外経済・国際金融市場を巡る不透明感などを背景に、物価見通しに関する不確実性が高まっている。

こうした状況を踏まえて2%の物価安定の目標をできるだけ早期に実現する観点から次回の政策決定会合において、現状の金融政策の下で経済・物価動向や政策効果について総括的な検証を行うこととし、議長はその準備を執行部に指示したとしました。

量的・質的緩和に対する効果について総括的な検証が支持され、もし効果が少ないとなれば更なるサプライズがあるのだろうか?

今後の緩和に期待感がまた高まることになるのではないでしょうか。
 

市場の声としては、量的にも質的にも拡大が難しい中で政治的な決断で現状維持より失望で円高へ、金利の下押しが効果が無いという考えに変わった可能性があり現状に即したタイムリーな政策、失望感が強いなどまちまちとなっているが、総じて失望感という感じでしょうか。


<取引>

ニュージーランドドル【新規売】 0.70929


<戦略>

注目されは日銀会合でしたが、効果検証はこれからではないでしょうか。

今日は発表前から乱高下でした。事前にドル円の1週間物のオプションボラティリティが24%に上昇するなど予兆はありましたが、それにしても激しい動きでしたが結果は円高となりました。
 

一方でETFの増額とある意味PKOの拡大ですから日本株は上昇でしたこれまで日銀のか入れは1回300億円超でしたが、これが500億円になるのか、あるいは買い入れ日が増えるのか今後の動きを待ちたいと思います。
 

日経平均は一時16174.35円と一時300円超の下落でしたが終値は92.43円高の16569.27円となりました。
 

マイナス金利の拡大が無かったということで銀行株にとってはプラスとなり、みずほ銀行は5.69%高となりTOPIXは1.2%高と日経平均の0.56%高を上回りました。
 

ドル円が円高気味の中での堅調な株高が続くのかもしれません。
 

本日は米GDPが21時30分に発表されます。
 

ドル円は触りたくないので、ニュージーランドドルのショートとします
 

0.71.20ストップ 




【来週の重要経済指標】※日本時間
8/1(月)
23:00 米 7月 ISM製造業景況指数

8/2(火)
13:30 豪 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
21:30 米 6月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)

8/3(水)
21:15 米 7月 ADP雇用統計
23:00 米 7月 ISM非製造業景況指数(総合)

8/4(木)
20:00 英 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
20:00 英 英中銀資産買取プログラム規模
20:00 英 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

8/5(金)
21:30 米 7月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 米 7月 失業率
21:30 加 7月 新規雇用者数
21:30 加 7月 失業率


 
【キャンペーン実施中!】
FOP0719

kabu365_20160624_362x133

fx_3000yen_yenzo_362x133

kabu365_20160401_362x133






 



7月28日トレード戦略~日銀待ち~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

注目されたFOMCは予想通り据え置きとなりました。
 

短期的な経済に対するリスクは後退したとし年内の利上げの可能性は維持しましたが、時期に関する具体的な示唆はありませんでした。
 

「経済は緩やかなペースで拡大した、6月の雇用は大きく伸びた」と指摘。

「家計支出も力強く増えた。労働資源の活用も拡大した。衝撃による米景気の回復が阻害される可能性は以前ほど懸念していない」などとしました。
 

「企業投資が軟調である、インフレ率はFRBが目標としている2%を依然として下回っていることは引き続き懸念」と指摘しました。

これらを踏まえて年内の利上げの可能性は残りましたが、9月はどうなるかの示唆はありませんでした。
 

これらを受けて米2年債利回りは前日の0.762→0.722%、10年債利回りは1.561→1.5027%に低下し、ドルは全般的に弱含みとなりました。
 

結局きのうは東京時間に50年債の発行や経済対策で106円台をトライし、FOMC後も一度106円を試しましたが失速しました。

声明文が経済に対して前向きな部分を評価しながらも9月の利上げに確信が持てず、速くても12月の雰囲気が残ったことが債券利回り低下、ドル安、株価はまちまちという動きになりました。
 

こうなるといよいよ明日の日銀待ちになってきました。
 

ドル円の1週間物のオプションボラティリティは24%と急騰しています。

明日は多くのエコノミストが緩和を予測しています。

ただ昨日安倍首相が述べた経済対策が事業規模28兆円という発表がありましたが、詳細は8月2日に発表ということで、詳細に先行して緩和があるのかどうか。個人的には緩和予想が高すぎる気もします。

 

マイナス金利の深堀、ETF増額、国債買い入れ増額など通常の緩和策の量の変更の場合は効果は限定的で、昨日の高値106.50~から前回高値の107.50がせいぜいでそのゾーンを抜けるのは難しいと思います。

ヘリコプターマネーなど何らかの新規の緩和策がでた場合は107.50を上抜けできる可能性もありますが、その場合は110円ぐらいの円安というイメージです。
 

何も無ければ下落しますが103.40~50、抜ければ102.20~30付近がサポートレベルと見ています。
 

今回は緩和期待トショートカバーで一時107円台までやりましたが、その後103円台までやっているので100円を割るような急落にはならないのではないかと思っています。


<取引>

なし


<戦略>

昨晩からの流れは円高というよりもドル安。

ドル円のコアレンジは103.50~106.50と見ています。

明日の日銀どう出るかわかりませんので今日は様子見とします。



【今週の重要経済指標】※日本時間
7/28(木)日銀・金融政策決定会合

7/29(金)
日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
08:30 日 6月全国消費者物価指数
15:30 日 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 EU 7月消費者物価指数
18:00 EU 4-6月期 四半期域内総生産
21:30 加 5月月次国内総生産
21:30 米 4-6月期四半期実質国内総生産


 
【キャンペーン実施中!】
FOP0719

kabu365_20160624_362x133

fx_3000yen_yenzo_362x133

kabu365_20160401_362x133






 



7月27日トレード戦略~FOMC声明文に注目~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

昨日は政府の経済対策は、事業費は20兆円規模だが真水と呼ばれる国と地方の財政支出は向こう数年間で6兆円規模となり期待はずれから円高、株安の流れとなりました。麻生財務相が金融政策の対策は日銀にゆだねるべきと発言したことも緩和圧力は高くないとの判断から緩和期待が縮小したことも株安円高要因になりました。
 

欧州時間に103円台まで下落しましたが、そのレベルはサポートされて反発。
 

米7月消費者信頼感指数は97.3と予想の95.6を上回った。6月米新築1戸建て住宅販売は59.2万戸となり予想の56万戸を上回り前月比3.5%となりました。
 

夜中に日経の報道によると日銀内に追加緩和論との報道。

このニュースによりドル円は一時104.95付近まで上昇。その後104.60~70がサポートされ東京時間は105円台を回復。
 

お昼に出てきたのは50年債発行の報道。これで106.50付近まで上昇しましたが、財務省理財局が否定したために下落。
 

その後、経済対策の経済規模が27兆円と発表されると再度106円台前半に上昇しましたが、その後は材料出尽くしで105円台中盤に下落しています。


<取引>

ニュージーランドドル【決済売】 0.70753 
 →27.8ポイント利益

ドル円【決済売】 105.471 
 →134.1ポイント利益


<戦略>

ドル円はやはり104をサポートして反発しました。

50年債発行で106円台まで上昇しましたが、そこまで取れませんでしたがまずまずでした。
 

経済対策、日銀とイベントリスクで乱高下しています。

今日はFOMCもあり、据え置きが予想されているために注目度は低いです。

しかし9月か12月に利上げか、あるいは今年は利上げか占う上で声明文を注目しています。
 

ここでタカ派的なものになればドル円は105円がサポートされ再度106円を試しにいくかもしれません。

一方でハト派的になると106円台が高値になり、再び104円台への下落になるでしょう。
 

変更なしの可能性も高いのですが、今日は様子見とします。




【今週の重要経済指標】※日本時間
7/26(火)米連邦公開市場委員会
23:00 米 6月新築住宅販売件数

7/27(水)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産
27:00 米 米連邦公開市場委員会、終了後政策金利発表

7/28(木)日銀・金融政策決定会合

7/29(金)
日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
08:30 日 6月全国消費者物価指数
15:30 日 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 EU 7月消費者物価指数
18:00 EU 4-6月期 四半期域内総生産
21:30 加 5月月次国内総生産
21:30 米 4-6月期四半期実質国内総生産


 
【キャンペーン実施中!】
FOP0719

kabu365_20160624_362x133

fx_3000yen_yenzo_362x133

kabu365_20160401_362x133






 



7月26日トレード戦略~これも日銀プレー?~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

昨晩は政府がまとめた経済対策で真水部分が6兆円と当初の予想の倍になるとのことで一時106円台へ上昇しました。

しかし今年度の2次補正予算、来年度予算など数年分の総額とのなるようで期待はずれということでドル円の下落。
 

本日は105.50割れ、105円割れ、104.50割れとストップを巻き込み断続的に下落しています。
 

昨晩米国株は下落しました。

中国、インドなどの経済減速で世界の成長が低下するなど原油の需要に対する懸念が広まりました。

またオクラホマ州クッシングの在庫増がわかり、WTIは1.06ドル安の43.13ドルで終了しました。

原油か価格の下落からエネルギー株が売られ、決算を見極めたいというムードもあり、ダウは77ドル安となりました。
 

米国株の下落、円高を受けて日経平均は下落しましたが、234.25円安と1.43%の下落となりました。

米国株下落、ドル円の下落の割には底堅い気もします。

今回29日の日銀会合で追加緩和期待、政府の経済対策での数字への期待から株高、円安の流れが続いていました。

むしろ日銀プレーが続くよりは、もし緩和が無い場合の暴落が避けられるかもしれません。

まだ3日あるのでここからの需給次第ですが、目先ポジションは軽くなりつつありますね。



<取引>

ニュージーランドドル【決済買】 0.70215 
 →30.2ポイント損失

ニュージーランドドル【新規買】 0.70475

ドル円【新規買】 104.13


<戦略>

一部に29日の日銀会合で緩和が見送られるとの思惑が広がったことも円買いを加速させました。

緩和を行うとしても秋に期待されている政府の大型経済対策とあわせて行ったほうが効果が期待できるとの思惑です。
 

26~27日はまずはFOMCがあります。

据え置きはほぼ間違いないと思いますが、声明文で9月あるいは12月利上げのヒントが出るかどうかも注目されます。

その意味で今日発表される米7月の消費者信頼感指数と6月の新築住宅販売が注目されます。
 

ニュージーランドドルはレジスタンスになっていた0.7010~20を上抜けしたこともありロングにしました。

ストップ0.7020 利食い0.71
 

ドル円は107円台から下落で3円強、本日既に1円80銭ほどの下落で一旦底打ちかと思います。

104ストップで104.80~105付近を利食いとします。
 

どちらも短期狙いなので、上昇しなければ直ぐに利食う予定です。




【今週の重要経済指標】※日本時間
7/26(火)米連邦公開市場委員会
23:00 米 6月新築住宅販売件数

7/27(水)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産
27:00 米 米連邦公開市場委員会、終了後政策金利発表

7/28(木)日銀・金融政策決定会合

7/29(金)
日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
08:30 日 6月全国消費者物価指数
15:30 日 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 EU 7月消費者物価指数
18:00 EU 4-6月期 四半期域内総生産
21:30 加 5月月次国内総生産
21:30 米 4-6月期四半期実質国内総生産


 
【キャンペーン実施中!】
FOP0719

kabu365_20160624_362x133

fx_3000yen_yenzo_362x133

kabu365_20160401_362x133






 



7月25日トレード戦略~貿易黒字ですが内容は?~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

週末のG20は何もでてきませんでした。

事前の注目もそれほどでもなく、英国のEUの離脱や保護主義台頭への懸念などが議論されました。

世界経済の成長や貿易の恩恵が広がるように政策手段を用いることで合意し、共同声明を採択しました。
 

財務省が発表した6月貿易統計では貿易収支は6928億円の黒字となり2ヶ月ぶりの黒字に。

輸出は前年比7.4%減の6兆0255億円、輸入は前年比18.8%減の5兆3326億円となりました。

原油価格の下落もありますが円高が輸入減少の原因のひとつではないでしょうか。

ただ中国向け輸出が10%減少、米国向け輸出が6.5%減少とこちらも為替の影響なのか、米中の景気減速の影響なのか悩むところですね。
 

今日は5・10日仲値で月末ということもありドル円は106.74付近まで上昇しましたが、仲値以降はむしろ弱含み。
 

日経平均も28円高と小幅上昇し、仲値直後に16778.65円の高値をつけましたがドル円の下落を受けて弱含みとなりました。

先週盛り上がった任天堂は大幅安となり、関連銘柄も大きく下落しました。
 

今週26~27日がFOMC、28~29日が日銀政策決定会合なのでイベント待ちの展開。

株も個別株の決算中心の展開になるのではないでしょうか。
 

FOMCは何も無いでしょうが、日銀は要注意ですね。

今回は緩和期待が強く日本経済研究センターのESPフォーキャスト調査では、42名中36名が追加緩和予想となりました。

http://www.jcer.or.jp/esp/index.html
 


<取引>

ニュージーランドドル【新規売】 0.69913


<戦略>

21日の早朝RBNZの経済見通しが発表され追加緩和の可能性がでたことで、ニュージーランドドルは0.6950付近まで下落しました。

その後反発しましたが経済見通しが発表された0.7915~20付近がレジスタンスとなっています。

本日もそのレベルがレジスタンスとなっています。
 

RBNZの次回会合は8月11日なのでまだ時間がありますが、今日は戻り売りしました。

ストップ0.7020
 

明日はニュージーランドの貿易収支が7時45分に発表されるので、それまでに下落していれば一部は利食いたいと思います。




【今週の重要経済指標】※日本時間
7/25(月)
08:50 日 6月貿易統計 
17:00 独 7月IFO企業景況感指数

7/26(火)米連邦公開市場委員会
23:00 米 6月新築住宅販売件数

7/27(水)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産
27:00 米 米連邦公開市場委員会、終了後政策金利発表

7/28(木)日銀・金融政策決定会合

7/29(金)
日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
08:30 日 6月全国消費者物価指数
15:30 日 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 EU 7月消費者物価指数
18:00 EU 4-6月期 四半期域内総生産
21:30 加 5月月次国内総生産
21:30 米 4-6月期四半期実質国内総生産


 
【キャンペーン実施中!】
FOP0719

kabu365_20160624_362x133

fx_3000yen_yenzo_362x133

kabu365_20160401_362x133






 



【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料