YEN蔵のFXトレードタイム

2016年03月

3月31日FXトレード戦略 ~2015年度末は静かに引けました~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

年度末ということで、少しは大きな動きがあるかと思いましたが、静かな1日になってしまいました。

一昨日のイエレンFRB議長の発言以降のドル売りの流れが継続しドル円は重い展開になりました。

仲値では112.25付近から112.67付近にジャンプ、やはり年度末・月末の仲値の輸入あるいは投資家のフローが出たようです。
 
日経平均は120円安の16,758.67円で終了し17,000円を割って終了。

日経平均が重かったこともあり、ドル円も112.70~80付近が依然として短期的なレジスタンスになっています。
 
昨晩の欧米市場はリスクオンの流れで上昇したことを受けて、日経平均も118円高と反発して寄り付き17,000円を超える場面もありました。
 
銀行・証券や輸出関連も強く推移しましたが、仲値後は反転下落16,800円付近の攻防戦になりました。
 
やはり4月のFedの利上げが後退したことでドル円が重くなったことや、明日の日銀短観、米雇用統計などを控えて出来高も伸びずに株価を押し上げる力には欠けていましたね。
 
新興市場でもジャスダック指数は3日続落、マザーズ市場は4日続伸となり、主力株が弱いなかで民泊関連やゲーム関連が買われました。

<取引>
なし

<戦略>
日本の年度末も通過し新年度入りしました。

引けにかけてはややドレッシング気味の買いもありましたが、特段の動きとはならず期待外れ気味。

新年度入り早々に日銀短観や米雇用統計のイベントがあり、まずは短観の数蛆に明日のドル円と日本株がどのように反応するかが待たれます。

予想は弱いので、それほど悪くならなければ案外株価もドル円もサポートされるかもしれません。

短期的には112円が維持できるかどうかが重要。

ここが割れてしまうと111円台前半に下落するリスクもあり要注意ですね。

 
ニュージーランドドルのロングをキープ中です。

いったん利食い売りに押されて0.6885付近まで下落する局面もありましたが0.69台前半に戻しています。
 
0.6980をストップとしロングキープとします。
 


公開中!YEN蔵氏が講師を務めるWebセミナー!

※口座をお持ちでなくても視聴できます。
※別ウィンドウで開きます。 
 

ガチンコ雇用統計開催!今月は4月1日です!お見逃しなく!
【20160330から】ガチンコ雇用統計0401

 
【来週の重要経済指標】※日本時間
3/31(木)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
18:00 ユーロ圏 3月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 カナダ1月 月次国内総生産(GDP)(前月比)

4/1(金)
8:50 日本 1-3月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
21:30 アメリカ 3月 非農業部門雇用者数変化
21:30 アメリカ 3月 失業率
23:00 アメリカ 3月 ISM製造業景況指数



【キャンペーン実施中!】
【20160330から】ラージ日計りCP

 

3月30日FXトレード戦略 ~イエレンマジック~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

なんとなくこうなるかなと思ってましたが、思った通りイエレンさんのコメントはハト派的でした。
 
米経済に対する海外リスクを踏まえると足元のインフレが加速するかどうかはまだ定かではありません。

利上げを慎重に進めることが適切という認識を示しました。
 
カブラン・ダラス連銀総裁も利上げは慎重に緩やかなペースで進める必要があると、昨晩のFed当局者はハト派な発言が目立ちましたね。
 
これを受けてドルは下落、しドル円は112円台中盤に下落。

米2年債利回りも前日の0.87%から0.788%に下落しました。

 
一方で利上げペースの後退は株価を支えてダウは97ドル高となり、ドル安株高というFedにとっては好都合な動きになりました。
 
先週からFed高官のタカ派な発言が目立ち、4月の利上げの可能性も織り込み始めましたが、一転してイエレンFRB議長はハト派的なコメントとなりました。

もちろんそれぞれのFOMCメンバーの考えは違いますから、発言が異なっても構わないのですが、タカ派のメンバーの発言で市場の雰囲気を探りながら、イエレンさんが調整するというパターンで市場がうまくコントロールされているような感じですね。
 
Fedは明らかに利上げをしたいと思うのですが、市場をクラッシュさせてしまっては元も子もないので探りながらやっているという感じです。

まるで去年までドラギさんが口先で市場をコントロールしていた御株を奪うようなイエレンマジックでした。
 

<取引>
ドル円【決済売】 113.005 
 →28.7ポイント損出
 
ニュージーランドドル【新規買】 0.68931


<戦略>
一転ドル売りになってしまいましたが、ニュージーランドドルをロングにしました。

昨年6月以降のレジスタンの0.69を抜けたことでレンジがシフトした可能性があります。
 
昨年6月以降の戻り高値0.6895~0.6900、52週移動平均0.6860付近で上昇中。
 
昨年4月の高値0.7580~8月の安値0.6180の38,2%戻し、0.6780を完全に上抜け50%戻しの0.6950付近が止められています。
 
50%を上抜けできれば61.8%戻しの0.7140~50を狙えるのではないかと思っています。
 
0.6880ストップでロングキープとします。

 


公開中!YEN蔵氏が講師を務めるWebセミナー!

※口座をお持ちでなくても視聴できます。
※別ウィンドウで開きます。 
 

ガチンコ雇用統計開催!今月は4月1日です!お見逃しなく!
【20160330から】ガチンコ雇用統計0401

 
【来週の重要経済指標】※日本時間
3/31(木)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
18:00 ユーロ圏 3月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 カナダ1月 月次国内総生産(GDP)(前月比)

4/1(金)
8:50 日本 1-3月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
21:30 アメリカ 3月 非農業部門雇用者数変化
21:30 アメリカ 3月 失業率
23:00 アメリカ 3月 ISM製造業景況指数



【キャンペーン実施中!】
【20160330から】ラージ日計りCP

 

3月29日FXトレード戦略 ~マーケットも春らしくなってきました~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

朝方仲値は113.26と輸出の売りが出て安く決まりましたが、直後にカウンターで大きな買いが入り113.60付近まで反発しました。
 
本日はスポ末と呼ばれて為替は取引から2営業日後が受け渡しになりますから、今日の取引が31日受け渡しになり、実需などの買いがでた可能性があります。
 
昨晩は注目されたPCE価格指数は前月比-0.1%、前年比1%、コアPCE価格指数は前月比+0.1%(予想の+0.2%)、前年比+1.7%となり予想を下回る弱い数字でした。

これを受けて最近話題になっていた4月の利上げ期待が後退したことでドル円は113.15付近まで下落しました。

昨晩の指標後、本日の仲値と2回113.15~20を攻めましたが、そのレベルがサポートされて113円台中盤に戻しています。
 
日経平均は30円安となりましたが、配当落ち分が128円ほどありますので実質100円高となりました。

マザーズ指数は2.3%だかとなり昨年7月以来の1000ポイントを回復し新興市場の強さが目立ちました。


<取引>
ドル円【新規買】 113.292


<戦略>
昨日のブログでも書きましたがPCE物価指数を受けてドル円の113円台前半がサポートできるかどうかに注目していましたが、113.15~20がサポートされたのでロングエントリーしました。

本日の仲値付近でもそのレベルがサポートになったため、113.10ストップでロングキープとします。

利食いは前回高値の114.50~60レベルとします。
 
2016-03-29_USDJPY

今日は23時に米消費者信頼感指数(前回92.2、予想94)25時20分にイエレンFRB議長の発言があります。

特にイエレン議長の発言は4月の利上げがあるのかどうかの思惑が出ているだけに注目されます。

ここでハト派になれば113円のリスクもありますが、タカ派とは言わないまでも、それほどハトでなければ113.70~80のレジスタンスを試す可能性が高いでしょう。
 
米国株が安定しているなかで、日本株が年度末に向けて堅調に推移する中で、ドル円ももう一段の円安となるのではないかと思っています。
 
昨日の移動平均セミナーでもお話した1分足の長期線が113.25~30付近に位置していますから(上昇中なので、今後もう少し上にシフトしますが)、この長期線のサポートが維持できるかどうかを見ています。



公開中!YEN蔵氏が講師を務めるWebセミナー!

※口座をお持ちでなくても視聴できます。
※別ウィンドウで開きます。 


 
【来週の重要経済指標】※日本時間
3/30(水)
21:15 アメリカ3月 ADP雇用統計(前月比)

3/31(木)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
18:00 ユーロ圏 3月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 カナダ1月 月次国内総生産(GDP)(前月比)

4/1(金)
8:50 日本 1-3月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
21:30 アメリカ 3月 非農業部門雇用者数変化
21:30 アメリカ 3月 失業率
23:00 アメリカ 3月 ISM製造業景況指数





3月28日FXトレード戦略 ~YEN蔵のFX塾本日公開です~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

欧米市場はイースターで休場な中でドル円はじり高の流れになり、一時113.70付近まで上昇しました。

明日の予算成立後の安倍首相の会見で景気刺激策が出るのではとの期待感や、年度末にからむ実需のドル買いなどがドル円の上昇要因になりました。
 
また、日経平均が配当・優待権利取りなどで100円超の上昇と堅調だったこともドル円のサポート材料になりました。
 
昼休み前後から日経平均が下落すると、ドル円も113.70~80のレジスタンスを上抜けできずに下落。
 
結局日経平均は131円高と配当分の落ちを埋め合わせる上昇で終了しました。

マザーズ市場は今年2番目の売買代金となり2%弱の上昇。

バイオのそーせいグループが東証1部への変更を申請すると報道で11%超の大幅高に。

バイオ株は全般的に上昇する銘柄が多かったですね。
 
 
明日の権利落ち後の市場の動きが重要ですが、ここまでは円安、株高トレンドはまだ継続しているようで、今日の海外市場でドル円が113円台をサポートできるかどうか、休み明けの米国株式市場がどうなるかに注目しています。
 
今日は欧州市場は休場ですが、米国のPCEデフレーターの発表があります。

コアデフレーターは前回発表値が前月比0.3%、前年比1.7%で、予想値が0.2%、1.8%となっています。
 
PCEデフレーターはFedもインフレ指標として重視しているので、強い数字が出た場合は利上げペースが速まり、ドル円は上昇するかもしれませんが、米国株が崩れるとリスクオフで円高になる可能性もあるので、そこのところがどうなるのかを見極めなければいけません。
 

<取引>
ドル円【決済売】 113.605円   
 →113.45ポイント利益
 
ニュージーランドドル【決済買】 0.66802
 →132.5ポイント利益

<戦略>
ドル円は3月16日の戻り高値(113.70~80 )が重要なレジスタンスだと思います。

そこが抜けなかったこと、日経平均が崩れたこと、今日のYEN蔵のFX投資術でも話しましたが、1分足の60本移動平均【1時間分】が上昇からフラットになり、そこを下抜けしたので利食いました。
 
セミナーでも言いましたが、113.30~40が短期のサポートとなっていますので、米国指標でここがサポートされれば再度113.80~90をトライしそうですが、下抜けした場合は113円付近、抜ければ112.70~80が維持できるかどうかが重要なポイントとなります。
 
ここら辺は指標を見てから決めたいと思いますので、今の時点では様子見とします。
 
PCEデフレーターが強くてドルが堅調になり、米国株が崩れなければドル円の買い、株価が崩れてリスクオフになった場合は112.70~80をサポートできるようであれば買って、その下でストップ。

112.70~80も割れるようであれば様子見というイメージでみています。
 
本日YEN蔵のFX塾では移動平均を使った投資手法の説明と、現状分析をしていますので、ご覧になってみてください。


本日公開!YEN蔵氏が講師を務めるWebセミナー!

※口座をお持ちでなくても視聴できます。
※別ウィンドウで開きます。 


 
【来週の重要経済指標】※日本時間
3/30(水)
21:15 アメリカ3月 ADP雇用統計(前月比)

3/31(木)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
18:00 ユーロ圏 3月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 カナダ1月 月次国内総生産(GDP)(前月比)

4/1(金)
8:50 日本 1-3月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
21:30 アメリカ 3月 非農業部門雇用者数変化
21:30 アメリカ 3月 失業率
23:00 アメリカ 3月 ISM製造業景況指数





3月25日FXトレード戦略 ~年度末の動き?~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

ドル円はやっと113円乗せとなりました。
 
昨晩は欧州株の下落、米国指標が弱く一時112.35付近まで下落したが反発。
 
米指標は米2月耐久財受注は前月比2.8%減少と予想の3%減少を上回りました。

GDPに影響を与えるコア資本財受注は1.8%減少、前回分も3.4%増加から3.1%に下方修正。

新規失業保険申請件数は26.5万件と0.6万件増加しましたが、4週間移動平均は低位安定しています。

米3月サービス業PMIは前回の49.7から51に改善。
 
その後米国株が下げ幅を縮小するとドル円も112円台後半に反発しました。

 
今日は5・10日仲値、週末ということもあり仲値前後の攻防戦がありました。

113円をしっかり超えたドル円は仲値のきまる1分前の9時54分には113.08付近にいましたが、その後1分間で113.30まで上昇。

一部の邦銀の仲値は113.31に設定されました。
 
値動きを見ていると113.20台に急騰しそのレベルでは売り買い大玉が交錯しているような動きとなり結局113.30をつけました。
 
5・10日固有の動きですが久々に大きく動きましたね。

年度末を控えてリパトリ玉もそろそろ尽きてきて売りが軽くなってきているのかもしれません。

ただ株式は28日が3月受け渡しの最終日ですが、為替は受け渡しベースでは29日、取引ベースでは31日なのでまだまだ予断を許しません。


<取引>
なし

<戦略>
本日はイースターでロンドン市場はお休み(28日まで)、ニューヨーク市場は株式市場がお休みです。

ということであまり動かないと思われます。

ドル上昇のトレンドは続いているように思えます。
 
昨晩ドル円は112.50を割れましたが、112.20にストップを移動してロングをキープしました。

ニュージーランドドルもショートをキープしています。どちらも継続とします。
 
ドル円ストップ 112.80 利食い 113.70~80
2016-03-25_USDJPY



ニュージーランドドルストップ 0.6725 利食い0.6620~30
2016-03-25_NZDUSD


 

それでは皆さん良い週末を

 
【来週の重要経済指標】※日本時間
 3/28(月)
21:30 アメリカ 2月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)

3/30(水)
21:15 アメリカ3月 ADP雇用統計(前月比)

3/31(木)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
18:00 ユーロ圏 3月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 カナダ1月 月次国内総生産(GDP)(前月比)

4/1(金)
8:50 日本 1-3月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
21:30 アメリカ 3月 非農業部門雇用者数変化
21:30 アメリカ 3月 失業率
23:00 アメリカ 3月 ISM製造業景況指数

【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/

【キャンペーンのご案内】
まもなく終了!取引数量に応じて賞品が選べます!
【20160229から】bn_362x133

日計り決済時手数料無料!魅力的なタイトスプレッドで取引可能!

【20160129から】くりっくラージ日計り決済手数料無料CP





【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料