YEN蔵のFXトレードタイム

2016年01月

1月29日 FXトレード戦略~マイナス金利とは?~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。


サプライズが起こりました。追加緩和を予想していた市場関係者もいましたが、マイナス金利まで予想していた人いませんでした。


2017年までの見通しを示す経済・物価情勢の展望(展望リポート)では2%の物価目標の達成次期を2016年度後半から2017年前半に先送り。
 

現状の資産買い入れ規模を維持したままマイナス金利の導入に踏み切りました。
 


長期国債の買い入れの下限金利を設けず、-0.1%を下回る金利での買い入れを行うとし国債金利は低下しています。
 


それでは日銀の導入したマイナス金利付き量的・質的緩和とはどういうものでしょうか。


銀行は日銀の当座預金に法定準備と呼ばれる法律で定められた額の準備預金をおいておく必要があります。


しかし法定準備を超えた超過準備を積んでいる銀行が多く、この準備預金には0.1%の金利がついています。
 

今回の措置で所要準備はゼロ%、今まで積んである超過準備には0.1%の金利をそのまま適用。

今後増える超過準備にはマイナス金利を適用するというものです。


追加緩和の発表を受けて市場は乱高下しました結局ドル円は120円台後半、日経平均も476円高の17,518.30円で終了しました。


2016-01-29_USDJPY
画像:岡三ネットトレーダープレミアム 分析チャート(ドル円)



2016-01-29_日経平均
画像:岡三ネットトレーダープレミアム 分析チャート(日経平均)






【取引】

NZD/USD 【売ポジション】 0.65022
買決済 0.64941 8.1ポイント利益




【戦略】

日銀の決定を受けてリスクオンの流れが加速、ニュージーランドドルのショートは持ち値付近でクローズしました。
 

2016-01-29_NZDUSD



市場はマイナス金利の導入を織り込むために乱高下しましたが、市場ではまだ完全に織り込んでいないと思います。


ここから来週に向けての動きを見ていきたいと思います。



本日は米国のGDPの発表、2月1日はフィッシャーFRB副議長の講演、2月5日の米雇用統計と米国の動きも重要です。


本日のGDPは前期比で前回の2%から0.8%に低下する予想ですが、予想通りとなるか見極めたいと思います。



米国がひどくならなければ円高に歯止めがかかり、119~123のレンジを目指すのではないかと思います。



株価のほうは円安を見ながらじり高と見ています。

ドル円、株も押し目買い狙い来週は臨もうと思います。
 


それでは皆さん良い週末を。



 


【来週の重要経済指標】※日本時間
2/1(月) 
22:30 アメリカ 12月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)
24:00 アメリカ  1月 ISM製造業景況指数

2/2(火)
12:30  豪州  豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表

2/3(水)
22:15 アメリカ 1月 ADP雇用統計(前月比)
24:00 アメリカ 1月 ISM非製造業景況指数(総合)

2/4(木)
21:00 イギリス イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
21:00 イギリス 英中銀資産買取プログラム規模
21:00 イギリス 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨


2/5(金)
22:30 カナダ 1月 新規雇用者数
22:30 カナダ 1月 失業率
22:30 アメリカ 1月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
22:30 アメリカ 1月 失業率


【武部力也×YEN蔵】満足度No.1セミナー!
【20160201から】0205実施ガチンコ雇用統計

※口座をお持ちでない方もご覧いただけます。



【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/


【キャンペーンのご案内】

2月も実施決定!少数Lotから松阪牛ゲットのチャンス!

【20160129から】OTC高級グルメCP


日計り決済時手数料無料!魅力的なタイトスプレッドで取引可能!
【20160129から】くりっくラージ日計り決済手数料無料CP






1月28日 FXトレード戦略~明日の日銀後の動きに期待~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。



注目されたFOMCでしたが、あまり影響がなかったというより、ドル円と日本株だけが逆の動きをしている感じです。



結果は予想通り据え置き、一部では声明文がハト派的になるのではないかとの思惑があり、確かに声明文はややハト派的ではあったんですが、マーケットによっては評価が異なるようです。


世界経済・動向を注視しており、それが労働市場やインフレに及ぼす影響を見極めていると指摘し、最近のマーケットの動きを気にしていると表明したことはハト派的と評価してもいいかもしれません。




しかし、就業者の力強い伸びを含めて、雇用市場が一段と引き締まっていると表明したこと。



インフレの下押し圧力についてはエネルギー価格の低下や輸入価格の低下が原因で、一時的と表明するなど従来の姿勢を崩していません。

そして経済は金融政策スタンスの段階的調整が伴っても拡大する見通しとしました。

ここらへんは弱気の人にとっては強気と感じるのかもしれません。




そこらへんが為替市場ではややドル安(ドルインデックスは-0.4%)になったにもかかわらず株式市場が下落した原因かもしれません。


2016-01-28_相対チャート

画像:岡三ネットトレーダープレミアム 相対チャート

FOMCを受けて米プライマリーディーラーへのロイターの調査によると年内3階乗り上げ予想、CMEのFedWatchも次の利上げは7月以降という予想になっています。



こうなると来週以降に2月1日のフィシャーFRB副議長の講演、5日のガチンコ雇用統計、10~11日のイエレンFRB議長の議会証言が注目されてきます。



明日、日銀がもしやればリスクオンになるのでしょうが、やらないで売られた場合は来週以降、ここらへんが注目材料になります。






【取引】

NZD/USD【売り】 0.65022




【戦略】

ドル円は118円台中盤がかたくなり、日経平均も200円安から100円高になりました。

2016-01-28_日経平均


画像:岡三ネットトレーダープレミアム 分析チャート(日経平均株価)

また100円安と明日の日銀を控えて積極的に売れない感じです。


 



明日の日銀を控えてドル円は堅調ですが119円のオプションは明日期日到来が30億ドルほどあり、このオプションの需給で119円台はガンマの売りが大量にあるために上抜けも難しいと思います。

(もちろん追加緩和があれば別ですが)



ニュージーランドドルは8月24日に0.6185付近まで下落後、0.69付近まで上昇しましたがダブルトップをつけて1月20日に0.6345付近まで下落しました。

 


戻りが0.6550~60付近で0.6890~0.6345の38.2%もどしがレジスタンスになっています。



このレジスタンスをバックにニュージーランドドルをショートにしています。


早朝のRBNZでは政策金利を2.5%に据え置きましたが、追加緩和に言及したことで0.64付近まで下落しました。


0.6480ストップ、0.6340~50利食いとします。

2016-01-28_NZDJPY
 







【今週の重要経済指標】※日本時間
1/28(木) 
--:--  南アフリカ 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
05:00  ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比)

1/29(金) 
--:--  日本 日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
--:--   日本  日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
15:30  日本  黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00  ユーロ圏 1月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
22:30  カナダ11月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
22:30  アメリカ 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)(前期比年率)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/


【キャンペーンのご案内】
100Lot以上の取引で松阪牛のチャンス!

gurume1230


もれなく「FOREX NOTE 2016」プレゼント

Note20151229

1月27日 FXトレード戦略~29日までは大崩ないイメージ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です。

昨日の欧州序盤までのリスクオフの流れがリスクオンにチェンジしたのはやはり原油でした。

30ドルを割れて下落した原油は、ニューヨークの引けでは31.45ドル(WTI 前日比+1.11ドル)と上昇しました。OPECと非OPECの供給過剰対策が近づいているとの期待感があったようです。

原油価格の上昇を受けてエネルギー関連株が上昇、決算がらみの銘柄も上昇しダウは282ドル高となり海外市場では株高の流れができました。

またコンファレンスボード発表の1月の米消費者信頼感指数は98.1と前月の96.3から上昇、市場予想の96.5も上回り、これも市場をサポートしました。

株価の下落がありましたが、消費者はむしろ雇用の改善が追い風になっているようで、米国の消費意欲が落ちないということは今後好材料になるかもしれません。

東京市場では日経平均が一時500円超の上昇となり、終値では455円高の17,163.92円となりました。

マザーズ市場が2.8%上昇となりましたが、TOPIXのコア30は3.21%の上昇。ということは、今日は大型株主導の動きだったということです。

今日の日経新聞の1面はトヨタとスズキの提携交渉でした。ここのところ日本の電機メーカーの苦境が目立ちますが、勝ち組の自動車の中でも勝ち組のトヨタとスズキの提携はいよいよ自動車メーカーの再編も加速しそうな感じですね。

もっとも自動運転や電気自動車が次のブレークスルーですから今後トヨタのライバルはグーグルなどのIT企業かもしれませんね。
 
【取引】
 
豪ドル円【買い】 82.475
 → 【売り決済】 83.195 72ポイント利益

【戦略】
昨晩はリスクオンの流れが強かったこともあり豪ドル円をロングにしました。

東京市場の後場は上海総合指数が3%下落しても動かず、中国材料を無視した強さでした。
マクロ系ファンドから先物の買いが断続的にでていたようです。

今日はFOMCで金利の据え置きが予想され、記者会見もセットされていませんが、声明文がある程度ハト派的になるのではないかとも憶測もあり、このことも市場のリスクオンの流れに影響を与えています。

また明後日の日銀会合での追加緩和期待もあり、29日までは大崩はないと思います。

29日期限のドルコール119円ストライクのオプションが25億ドルあり、これもレンジになりそうな需給です。

やや強気なレンジというイメージです。


FOMCもあるので今日は様子見とします。

【今週の重要経済指標】※日本時間
1/27(水)
24:00 アメリカ 12月新築住宅販売件数(年率換算件数)
24:00 アメリカ 12月新築住宅販売件数(前月比)
28:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

1/28(木) 
--:--  南アフリカ 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
05:00  ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比)

1/29(金) 
--:--  日本 日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
--:--   日本  日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
15:30  日本  黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00  ユーロ圏 1月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
22:30  カナダ11月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
22:30  アメリカ 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)(前期比年率)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/


【キャンペーンのご案内】
100Lot以上の取引で松阪牛のチャンス!

gurume1230


もれなく「FOREX NOTE 2016」プレゼント

Note20151229

1月26日 FXトレード戦略~日銀会合を前にレンジトレード~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

昨晩の海外市場はリスクオフの流れに戻ってしまいましたが、きっかけは原油でした。

サウジアラビア国営石油会社アラムコのアルファレ会長は、需要の拡大は既に始まっておりそれほど遠くない将来に需要が供給に追いつくときが来るだろうと述べました。

一方でかなりの長期にわたり低価格に耐えられるとの見方を示しました。原油市場はこちらのコメントに反応して下落。


欧州株の下落は小幅でしたがダウは1.3%、SP500は1.55%の下落となりリスクオフの流れが加速しました。

東京市場では日経平均が402円安で17,000円割れと2.35%の下落でした。しかしマザーズ市場は0.92%安で新興市場が思いのほか強く、バイオやAR(オーグメント・リアリティ、視覚などで得た情報をコンピューター処理する技術)などのテーマ株が強かったですね。

後場に入り、株が重い中で欧州市場に入ると上海総合指数が6%超の下落となり、ドル円、クロス円が下落しています。

先物ベースでは15,780~17,210円まで1,430円上昇しましたから38.2%もどしで16,650円付近、50%もどしが16,500円付近、61.8%もどしが16,350円付近となりここらへんが下値の目処になるかもしれません。
 
【取引】
 
ドル円【売り】 118.788
→ 【買い決済】 117.818 97ポイント利益

豪ドル円【売り】 83.401
→ 【買い決済】 81.65  175.1ポイント利益



【戦略】
原油の下落を受けて豪ドル円、ドル円は順調に下落、欧州市場に入り上海総合指数が6%超の下落となり下落幅を広げました。

豪ドル円は20日の安値79.20付近から22日の高値83.50付近の38.2%もどしの81.90付近が一旦サポートしましたが抜けて81.45まで。50%もどしが81.40付近となり一旦調整の目処となりそうなのでショートをクローズしました。

日経平均も半年もどし付近まで下落。ドル円だけは38.2%もどしの(115.95~118.85)117.75付近を割れたところがサポートされました。

明日のFOMC、29日の日銀会合を前に先週のレンジ抜けないと思うので、レンジトレードと思っています。

ドル円は117.50~118.50、豪ドル円は81.00~82.50のイメージです。


【今週の重要経済指標】※日本時間
1/27(水)
24:00 アメリカ 12月新築住宅販売件数(年率換算件数)
24:00 アメリカ 12月新築住宅販売件数(前月比)
28:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

1/28(木) 
--:--  南アフリカ 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
05:00  ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比)

1/29(金) 
--:--  日本 日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
--:--   日本  日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
15:30  日本  黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00  ユーロ圏 1月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
22:30  カナダ11月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
22:30  アメリカ 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)(前期比年率)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/


【キャンペーンのご案内】
100Lot以上の取引で松阪牛のチャンス!

gurume1230


もれなく「FOREX NOTE 2016」プレゼント

Note20151229

1月25日 FXトレード戦略~イベントまではレンジの動き~


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

金曜日の900円超の上昇の流れを受けて欧米市場も堅調となり、ドル円は118円台後半で高値引けとなりました。
東京市場では118.50~80中心のレンジで小動き。
2016-01-25_ドル円
画像:岡三ネットトレーダープレミアム-分析チャート画面
 
日経平均も先物ベースで16910~17210円と17000円を挟んだレンジの動きになりました。

2016-01-25_日経平均
画像:岡三ネットトレーダープレミアム-分析チャート画面
 

先週のドラギECB総裁の追加緩和示唆の発言が市場のセンチメントを変えて、底値からの反発が続いています。
しかし、今週はまだFOMC、日銀政策決定会合というイベントが控えているのでショート勢も腰が入らないのではないでしょうか。


とはいえ現実的にECBも日銀も効果的な緩和ができるかどうかは疑問です。というより手立てが限られています。


日銀で言えば黒田総裁は付利の撤廃は考えていないと発言していますし、先週の日銀支店長会議で宮野谷・大阪支店長は「追加緩和は証券会社が求めている」と発言とまさに株価下落で悲鳴を上げる市場が催促しているだけという見方です。


実際原油価格が金融市場を揺さぶっていますが、円安、原油安で市民生活が苦しかったのが、原油安、やや円高で市民生活的には良いはずです。
7月に参議院選挙、もしかしたら衆参同時選挙をもくろむ安倍政権としてはここは物価安定でもOKなのかもしれません。

とはいえマーケット的には追加緩和期待は残るので、今週は下げても底なし暴落はなく1日の値動きとしては200円前後の上げ下げではないでしょうか。


 
【取引】
 
ドル円【売り】 118.788
豪ドル円【売り】 83.401



【戦略】
基本的には先週底を打って、イベント待ちのレンジを予想する。

豪ドル円は83.50~60付近が12月4日の高値90.70付近~20日の安値79.20の38.2%もどしになりレジスタンスになっている。

2016-01-25_AUDJPY



欧州市場に入り原油が弱かったので、ここをバックにしてショートを構築。
とはいえ先週のような急落はないと思われ82.50~60が抜けなければ買い戻します。そこを抜ければ82.00付近がターゲットに。

2016-01-25_USDJPY


【来週の重要経済指標】※日本時間
1/27(水)
24:00 アメリカ 12月新築住宅販売件数(年率換算件数)
24:00 アメリカ 12月新築住宅販売件数(前月比)
28:00 アメリカ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

1/28(木) 
--:--  南アフリカ 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
05:00  ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)
18:30 イギリス 10-12月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前年同期比)

1/29(金) 
--:--  日本 日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
--:--   日本  日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30  日本  12月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
15:30  日本  黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00  ユーロ圏 1月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
22:30  カナダ11月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
22:30  アメリカ 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)(前期比年率)




【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/





【キャンペーンのご案内】
100Lot以上の取引で松阪牛のチャンス!

gurume1230


もれなく「FOREX NOTE 2016」プレゼント

Note20151229

【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料