YEN蔵のFXトレードタイム

2015年12月

12月22日 FXトレード戦略~米国経済指標に注目~


みなさんこんばんは、YEN蔵です

週末のスペイン上下両院選挙の結果は、左派のPODEMOSが票を伸ばし、ラホイ首相率いる国民党は過半数を割り込みました。


この結果スペイン国債は一時売り込まれ、スペインのIBEX35指数も351ポイント3.62%下落しました。


しかしユーロに対する影響は限定的でした。


米議会が先週末に原油輸出を40年ぶりに解禁する2016年度の歳出法案を可決したことを受けて、原油価格は一時34ドルを割り込み、33.98ドルまで下落しましたがその後反発し34.74ドルで終了。


ダウは123ドル高となるなど米国株は堅調でした。


東京市場のほうはまちまちの動き。


マザーズは1.03%安、JASDAQは0.56%安と下落し、日経平均も0.15%安、TOPIXは0.16%高と小幅な動きでした。


祝日前ということで商いも閑散で動意がないのはしょうがないでしょう。


 

【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

ドル/円 【買い】 120.534円


【今後の戦略】

今日は米国のGDP確報値、PCEデフレーター、中古住宅販売の発表があり、そこまでは動かないと思います。


海外勢もクリスマスモードなので動きは出ないと思います。


今日は様子見とします。



 


【本日の重要経済指標】※日本時間
22日
22:30(米)7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率) 

【今週の重要経済指標】※日本時間

23日
18:30(英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)  0.5% 0.5% 
18:30(英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)  2.3% 2.3%  
22:30(加)10月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
22:30(米)11月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
24:00(米)11月 新築住宅販売件数(年率換算件数)  50.5万件 49.5万件 
24:00(米)11月 新築住宅販売件数(前月比 )

24日
 8:50(日)日銀・金融政策決定会合議事要旨


 

 

bn_economic_indicators


【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
12月もふぐの王様とらふくをお届け!
2015-11-30_175437

今年も好評実施中!
「もれなくFOREX NOTE 2016プレゼントキャンペーン」

main


ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 
図2


12月21日 FXトレード戦略~ドル円、株の買い手は誰?~


みなさんこんばんは、YEN蔵です

金曜日のニューヨークはクワドウォッチ(「個別株式オプション、株価指数オプション、個別株式先物、株価指数先物」の4つの満期日が重なる)ということで下落が加速していました。


原油価格が下落したこともあるのでしょうが、結局Fedの利上げと原油価格の下落が米国株にとってはしばらく重石になりそうですね。


海外市場でのリスクオフの流れを受けて日本株、ドル円ともに下落して始まりましたが、東京市場は意外と底堅く、ドル円は120.80付近がサポートされ121円台前半を回復。


日経平均も一時300円超の下落でしたが、下げ幅を急速に縮小して70円安の18916.02円で終了しました。


これは先週も言われていたことですが、安値では年金などの国内機関投資家が買っているのではないか、との噂もつぶやかれていました。


真相はわかりませんが2万円付近でリバランスで売っていたのであれば、下がれば余力がありますから一般論としてはレベルは別として、買ってきてもおかしくはないのでしょう。


機関投資家の買いはドル円でも出ていたのでは、との噂がありました。


ただいずれも噂の域です。


少なくとも金曜日にショートに回った短期勢は、この底堅さをみて株もドル円もショートはしめてきたのではと思います。


日経平均の25日移動平均線との乖離率は3%、騰落レシオは84.74なのでもう少し落ちたらいい買い場になるのではないかと思っています。



 

【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

ドル/円 【買い】 120.534円


【今後の戦略】

今週は東京の休み、海外はクリスマスなので勝負は水曜日までですね。


ドル円はやはり120~123のレンジが続くのではないかと思います。


ドル円の押し目を狙いと思います。


120.50~60買い、120円割れでストップとします。



 
2015-12-21_USDJPY

 



【本日の重要経済指標】※日本時間
22:30 (米)  7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率)


【今週の重要経済指標】※日本時間

22日
22:30 (米)  7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率) 


23日
18:30(英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)  0.5% 0.5% 
18:30(英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)  2.3% 2.3%  
22:30(加)10月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
22:30(米)11月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
24:00(米)11月 新築住宅販売件数(年率換算件数)  50.5万件 49.5万件 
24:00(米)11月 新築住宅販売件数(前月比 )


 

 

bn_economic_indicators


【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
12月もふぐの王様とらふくをお届け!
2015-11-30_175437

今年も好評実施中!
「もれなくFOREX NOTE 2016プレゼントキャンペーン」

main


ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 
図2


12月18日 FXトレード戦略~日銀の決定は次の一手への布石?~


みなさんこんばんは、YEN蔵です

日銀は金融政策を現状維持。


しかし量的・質的金融緩和を補完するための諸措置の導入を採用しました。


1、 ETFの買い入れについて現在の3兆円買い入れに加え、新たに3000億円の枠を設定、設備・人材投入に積極的に取り組んでいる企業のETFを買い入れ。(賛成6、反対3)

2、 成長基盤強化支援資金の供給の拡充(全員一致)

3、 貸し出し支援資金等の延長(全員一致)

4、 日本銀行適格担保の拡充(全員一致)

5、 長期国債買い入れの平均残存期間の長期化(賛成6、反対3)7~10年から7~12年間に長期化

6、 J-REITの買い入れ限度額引上げ(賛成6、反対3)銘柄別の買い入れ限度額を5%以内から10%以内に引上げ


日銀は過去に買い入れた銀行保有株式の売却を一時保留していましたが、2016年4月から再開するために、市場への影響を打ち消すためにETFの買い入れ枠を2016年4月から3000億円積む格好になり、これは日銀のバランスシートが拡大するわけではなく株式の入れ替えになるだけなのでこれは失望内容かもしれません。


しかし、企業の設備投資などを積極的に支援するという意味ではメッセージ性はあるかもしれません。


また日銀の適格担保の拡大は、これにより銀行が保有国債をより日銀に売りやすくなるので(銀行は担保として、ある程度の国債保有が必要で、このことが日銀買い入れに必要な国債が銀行サイドから出てこないという面があります)流動性の拡大に繋がります。


また長期国債の平均残存期間の長期化により、より長い国債の買い入れにシフトしたりすることが可能になります。


この2点は技術的な側面が強いので、直ぐに効果は発揮しませんが、もしこの先追加緩和をする場合は、国債の流動性の確保という意味では重要な決断かもしれません。



 

【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

ドル/円 【買い】 120.534円


【今後の戦略】
 
本日のニューヨーク株式市場は、個別株式オプション、株価指数オプション、個別株式先物、株価指数先物の4つの満期日が重なるクワッドウォッチなので、変動も予想されます。


しかし為替の方はオプションエクスパイアリーが厚く、あまり変動しないのではないかと思われます。


ドル円は122円が18億ドル、121.50が10億ドル、122.50が13億ドル、


ユーロドルは1.08が56億ユーロ、1.0750が17億ユーロ、1.09が53億ユーロとなり、これだけ重なるとレンジブレークは難しいのではと思います。


デイトレードでレンジトレードをするかもしれませんが、週超えのポジションは取らない予定です。

ドル円

2015-12-18_USAJPY
 
 ユーロドル
2015-12-18_EURUSD


昨日はガチンコFOMCとし、武部さんと対談しましたので、ご覧いただければ幸いです。


http://www.okasan-online.co.jp/data/seminar/webseminar/2015-12-17/

2015-12-18_175227




それでは良い週末を











【本日の重要経済指標】※日本時間
-(日)  日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表    
-(日)  日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標   80兆円 
15:30 (日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見 


【来週の重要経済指標】※日本時間

22日
22:30 (米)  7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率) 





 

bn_economic_indicators


【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
12月もふぐの王様とらふくをお届け!
2015-11-30_175437

今年も好評実施中!
「もれなくFOREX NOTE 2016プレゼントキャンペーン」

main


ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 
図2


12月17日 FXトレード戦略~FOMC後の動き~


みなさんこんばんは、YEN蔵です

FOMCでは予想通り0.25%の利上げが行われました。


FF金利の誘導目標を0~0.25%から0.25~0.5%へ引き上げる決定で、利上げは10年ぶりとなり2008年のリーマンショックにおける金融危機を克服したという考えを示しました。


イエレンFRB議長は記者会見で、景気が緩やかに回復しており、労働市場に改善の余地が残り、インフレも目標を下回り続けている。と米国経済が完璧ではないものの、現時点では緩やかな引上げが適切と述べています。


9月に利上げを見送った理由である中国などの海外経済についても、リスクは夏以降低減したようだと述べました。


インフレ率が低いにもかかわらず何故利上げに踏み切ったかについては、インフレが軟調になっている原因の大部分は一時的な要因によるもので(原油価格の下落?)、この要因は次第に後退していくとの見方を示しました。


FOMCのメンバーの金利見通しを示すドットチャート(グラフ)によると、2016年末のFF金利の見通しは1.25~1.5%のレベルにいることが適切と考えるメンバーが7人おり、一番多い予想になっています。


ということは2016年にそのレベルのFF金利になるには、来年の利上げは3~4回程度ということになります。


3~4ヶ月に1回のペースでの利上げが予想され、これはペースが過去の利上げペースに比べて緩やかである可能性が高いのですが(2004年から乗り上げ局面で毎回の年8回でした)、来年のFOMCメンバーはホーキッシュに傾くのでイエレンFRB議長の手腕も注目されます。


マーケットではこの利上げペースを異例にゆっくりで、緩和的なペーストの認識を示し、ニューヨークダウは220ドル高になるなど、株式市場は利上げの影響を受けずに上昇しました。


東京時間も株価は上昇、ドル円も堅調に推移していますが、この流れが続くかどうか見極めたいと思います。


 

【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

なし





2015-12-17_182247







【本日の重要経済指標】※日本時間
6:45(NZ)7-9月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比)


【今週の重要経済指標】※日本時間
18日
-(日)  日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表    
-(日)  日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標   80兆円 
9:00 (NZ)12月 NBNZ企業信頼感   14.6 
15:30 (日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見 





 

bn_economic_indicators


【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
12月もふぐの王様とらふくをお届け!
2015-11-30_175437

今年も好評実施中!
「もれなくFOREX NOTE 2016プレゼントキャンペーン」

main


ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 
図2


12月16日 FXトレード戦略~FOMC発表前にはポジションを閉める~


みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨晩はWTIが1.04ドル高の37.35ドルとなったこともあり、ニューヨークダウは156ドル高とリスクオン的な動きになりました。


昨日はいくつかのことが重なり反発するのではと思ったので、そう書きましたが思惑通りリスクオンの流れになりました。


もしFedの利上げの不透明感からの下落であれば、本格的な下げトレンドは利上げ後からの下落となり、利上げ前にはいったん反発するのではと思っていました。


まずニューヨークダウが一昨日17138ドルをつけて上昇していました。


しかし昨日の日本株は新興市場も含めて全面安。


ただ日経平均を見ると騰落レシオが82.69と久々の低いレベル。


25日移動平均線との乖離率が-5.28%となっており、短期的には明らかに売られすぎのレベルになっていました。


またドル円は無視疎そこが炊く120円台をつけた後に、欧州時間で一度売られましたが、120.50~60がサポートされたので大丈夫かなと思いました。



【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

ドル/円 【買い】 120.534円


【今後の戦略】

今日はFedの利上げがおそらくあるでしょう。


ポイントは今後の利上げのペースがどうなるかでしょう。


利上げのペースが遅いことをマーケットに印象付ければ、市場はサポートされてじり高が続くと思います。


FOMCメンバーの投票行動を予想できるドットチャートとイエレンFRB議長の記者会見に注目です。


ドル円は122.00~20付近で利食う予定です。


底まで届かなくてもFOMC発表前にはポジションを閉めます。



2015-12-16USDJPY

【本日の重要経済指標】※日本時間
19:00(EU)11月 消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
28:00(米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
28:00(米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見


【今週の重要経済指標】※日本時間

17日 7-9月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比)
 

bn_economic_indicators


 


【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
12月もふぐの王様とらふくをお届け!
2015-11-30_175437

今年も好評実施中!
「もれなくFOREX NOTE 2016プレゼントキャンペーン」

main


ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 
図2


【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料