YEN蔵のFXトレードタイム

2015年10月

10月23日 FXトレード戦略 ~ ドラギマジック炸裂 ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

今日は札幌で仕事があり、午後のトレードを14時30分に切り上げ、いまは新千歳空港から札幌に向かう電車の中で書いていますが、マーケットはなかなか激しく動いていますね。

昨晩はドラギECB総裁の会見につきました。

ECBは予想通り金融政策を据え置きました。

しかしドラギECB総裁の記者会見がハト派的だったこと、来月の理事会での追加緩和の可能性が高まったことでユーロの急落となりました。

会見のポイントとしては、最近の動向は経済成長とインフレの下方リスクを示しているとの認識を述べました。

新たな経済見通しが示される12月の理事会で金融緩和の度合いを再チェックする必要があるとした。

今回の理事会であらゆる政策手段について充実した議論が行われたと強調しました。

また今回の理事会で何人かのメンバーが追加緩和を求めたことも明らかにされました。

追加緩和に関して何をするのかも重要な要素ですが、買い入れに必要な国債の不足も懸念される材料です。

次回12月3日のECB理事会での追加緩和の見通しが大きくなりました。

考えられる追加緩和の内容としては、(1)現行の月600億ユーロの資産買い入れ額の拡大、(2)2016年9月までとしているQEに期間の延長、(3)現在マイナスの中銀預金金利のマイナス幅の拡大、が考えられます。

ドラギECB総裁の会見を受けて、ユーロは各通貨に対して急落しました。

またユーロが急落しただけではなく、ECBの追加緩和期待から金融相場の加速となり株価の上昇が加速しました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ニュジーランドドル/米ドル 【売り】 0.67600ドル
 → 0.67899ドル 【決済】 29.9ポイント損失

ドル/円 【買い】 119.731円
 → 119.973円 【決済】 24.2ポイント利益


◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】
昨晩のドル/円は利食いが早すぎました。

もともと120円のオプションの影響ありとみて120円台前半で売る予定でしたが悔やまれます。

ニュージーランドは予定通り0.6770ドル~80ドルのレジスタンスをバックにしての売りだったのでしょうがないです。

それにしてもリスクオンのマーケットの影響か前日売られていた分強かったですね。

欧州時間に入り本田内閣参与の追加緩和はすぐに必要がないとの発言でドル/円が落ちています。

120円がサポートされ120円~121円のレンジになりそうです。

オプションの影響もあるでしょう。

今日は週末ということもあり様子見とします。

それではみなさんよい週末を。


ドル/円 60分足チャート≫

usdjpy60



【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

【来週の重要経済指標】※日本時間

26日
23:00 (米)9月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)9月 新築住宅販売件数(前月比)

27日
23:00 (英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比)
23:00 (英)7-9月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
                                 (前年同期比)

28日
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                                                                  終了後政策金利発表

29日
05:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行
                                                (RBNZ、NZ中央銀行)政策金利
21:30 (米)7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                               (前期比年率)


30日
  -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
  -  (日)日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
19:00 (EU)10月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)8月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)9月 個人消費支出
              (PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)


bn_economic_indicators




【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!

無題

ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 

図2



10月22日 FXトレード戦略 ~ ECB待ちのマーケット ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

今日の日経平均は118円安で18,500円をサポートできず18,435円で終了。

さすがに昨日の大幅上昇の後では調整が出たようです。

昨日の値幅内の動きで方向感は定まらず、5日移動平均線の18,325円付近がサポートされる形になりました。

一方でマザーズは+0.1%、ジャスダックも+0.22%と新興市場は上昇しました。

ドル/円は120円台がやはり重く、日経平均の下落を受けて119.60円付近まで下落。

120円のオプションエクスパイアリーが大量にあるようでレンジの動きになりそうです。

今日のイベントはなんと言ってもECB理事会です。

据え置きが予想されますがユーロはじり安になっています。

ドラギECB総裁の会見でどれだけ緩和期待を維持できるかどうかが注目されます。

20日にはECBが公表した域内銀行の企業への融資基準が金融市場の動揺にも関わらず緩和していることが明らかになり、ECBの緩和効果が出ていることからユーロが買い戻される局面もありました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ユーロ/オーストラリアドル 【買い】 0.67071ドル
 → 0.67225ドル 【決済】 15.4ポイント利益

◆保有中のポジション

-新規-
ニュ
ジーランドドル/米ドル 【売り】 0.67600ドル

-新規-
ドル/円 【買い】 119.731円


【今後の戦略】
昨晩のニュージーランドドルの買いは0.6730ドル付近が重かったので早めに利食ってしまいました。


しかしその後上昇0.6760ドルでショートにしています。


ニュージーランドドルのストップは0.6785ドル、利食いは0.67ドル割れとします。


ドル/円をロングにしましたが、ドル/円はオプションの影響もあり119.50円~120.30円ぐらいのレンジを見ていますがそれほど動かないと思います。


狭いレンジのレンジトレードをする予定です。


ドル/円 60分足チャート≫

usdjpy60



【本日の重要経済指標】※日本時間

20:45 (EU)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (EU)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見


【今週の重要経済指標】※日本時間

なし



bn_economic_indicators




【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!

無題

ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 

図2


10月21日 FXトレード戦略 ~ ドル円、日経平均の上昇は続くか? ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ECBが公表した四半期ごとの銀行貸し出し調査によると、第3四半期は企業貸し出し基準が予想よりも緩和、潤沢な資金供給で貸し出しが激化している状況がわかりました。

ECBの試算買い入れプログラムが企業向け融資に効果があったとECBは分析しています。
 
またユーロ圏8月の経常収支が好調だったこと、ノワイエ・フランス中銀総裁が量的緩和の一段の調整は不必要と発言したこともユーロの上昇要因となりました。
 
米9月住宅着工は6.5%増加の121万戸となった。
 
予想の115万戸、8月の113万戸を上回りました。
 
6ヶ月連続で100万戸を上回っており住宅市場の堅調さが確認できました。

住宅着工を受けて米債券利回りが上昇。

2年債が0.596%→0.633%に10年債利回りが2.02%→2.06%に上昇した。

債券利回りの上昇もありドル/円は119円台後半に上昇しました。
 
日経平均は347円高の18,554.28円で終了し、節目の18,500円を越えました。

朝方は弱かったのですが、7~9月の堅調な受注が伝えられた電子部品関連などが相場をリードしました。

株価の上昇には安倍首相が補正予算に言及したという説もありますが、出遅れていた日本株が海外株についてきたのかもしれません。

とはいえドル/円の120円アッパーは重く、日経平均先物も18,450円付近まで下落しています。

ドル/円の119.60円~70円付近、日経平均の18,350円付近がサポートできるかどうかが上昇トレンド継続のキーだと思います。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

-新規-
ニュ
ジーランドドル/米ドル 【買い】 0.67071ドル



【今後の戦略】
昨晩書いたようにニュージーランドのGDTで乳製品の落札価格が低下したことを受けてニュージーランドドルはサポートされていた0.6770ドル~80ドルを下抜けして下落しました。

 
また格付け会社フィッチがニュージーランド大手乳業ファンテラの格付けをAA-からAに引き下げたこともニュージーランド売りを誘いました。


欧州時間に入り豪ドルが下落しています。


ユーロ/オージー、豪ドル/円、オージー/キウィとすべて豪ドル売りになっています。


ニュージーランドドルもオージー/キウィの下落で0.67ドル割れ後は反発。


0.67071ドルで買ったニュージーランドドルは0.6740~50で売り、途転ショートにする予定です。


その場合のストップ0.6780ドル。


ニュージーランドドル/米ドル 60分足チャート≫

nzdusd60



【本日の重要経済指標】※日本時間

23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

【今週の重要経済指標】※日本時間


22日
20:45 (EU)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (EU)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見



bn_economic_indicators




【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!

無題

ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 

図2

10月20日 FXトレード戦略 ~ ニュージーランドのオークションに注目 ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ドル/円は動きませんね。

今週はECB理事会、来週はFOMCと日銀政策決定会合とイベント目白押しなので動き辛いのかもしれません。

22日から30日までは120円のオプションのエクスパイアリーが92億ドルあるということなので、こちらも相場を膠着させる要因かもしれません。

結局昨晩は原油価格が弱く、資源国通貨である豪ドルは下落し、日中に中国のGDPで上昇した分を相殺してしまいました。

原油安はカナダ売りにもつながり、ドル/カナダは1.29カナダドル台前半から1.30カナダドル台前半に上昇しました。

昨晩行われたカナダの総選挙では野党自由党の勝利となりました。

トルドー自由党党首は景気てこ入れのためのインフラ支出拡大に財政赤字を容認する姿勢を示しており、このこともカナダ売りに繋がっています。

昨晩米財務省から発表された為替報告書では日本の財政政策に言及しています。

財政政策が金融政策と構造改革の効果を最大化するだけでなく、金融政策への過度の依存を防ぎ、円安による外需による成長を回避するとしました。

また円が経済のファンダメンタルズと整合的な水準よりやや弱いというIMFの報告書を引用して円が過小評価されていると指摘しました。今回の報告書では円安に対する牽制がやや含まれるといえます。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ユーロ/オーストラリアドル 【売り】 1.55885オージードル
 → 1.56194オージードル 【決済】 30.9ポイント損失

オーストラリアドル/円 【買い】 87.055円
 → 86.722円 【決済】 33.3ポイント損失

◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】
昨晩の豪ドルは欧州時間に上昇したのですが利食いを躊躇したことで結局ストップアウト。


欲張りすぎました。


特にユーロ/オージーの1.55オージー付近は前回安値付近でもあり、ここは抜けなければ利食わなければいけないところでした。


本日は9月米住宅着工、ダドリーNY連銀総裁(ハト派、投票権あり)、パウエルFRB理事(中間派)、イエレンFRB議長の発言があり注目されます。


ダドリー氏は先週は景気が予測と一致した場合は利上げを指示と述べているために注目されます。


あとはニュージーランドのGDTのオークションがあるために8月から継続する乳製品価格の上昇が続くかどうか注目されます。


オークションの結果次第ですが、0.6770ドル~80ドルのサポートが維持できるかどうかに注目しています。


ここが維持できれば買い、抜ければ売りと思っています。

オークションの結果を見て決めます。


オーストラリアドル/円 60分足チャート≫

audjpy60



【本日の重要経済指標】※日本時間

24:00 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

【今週の重要経済指標】※日本時間

21日
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

22日
20:45 (EU)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (EU)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見



bn_economic_indicators




【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!

無題

ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 

図2

10月19日 FXトレード戦略 ~ 中国のGDPで豪ドルの反発 ~

【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!

無題
---------------------------------------------


みなさんこんばんは、YEN蔵です

今日のハイライトは中国のGDPでした。

中国の第3四半期GDPは前年比6.9%と微妙な数字になりました。

第2四半期の7%からは低下しましたが予想の6.8%を上回りました。

今回のGDPは1~9月の寄与度は個人消費が58.4%、資本形成が43.4%で純輸出は-1.8%としています。

個人消費が投資などの落ち込みをカバーした形になっていますが、一部には前回の貿易統計で輸入が20%以上減少、9月の電力出力が前年比3.1%減少するなど、数字は実はもっと悪いのではとの観測もあります。
 
中国は需要サイドの統計が少なく供給サイドの統計が多いことや、設備投資や不動産投資中心の経済から徐々に消費中心の経済に移行する過程の停滞との説もあり、今後も中国の統計をうまく活用していく必要がありそうです。
 
とはいえ、今回は市場予想は6.8%でしたが、もっと悪い期待?もあり、逆に指標発表後は予想を上回る数字に素直に反応して豪ドルは上昇しています。

中国のGDPを好感して一時プラス圏に浮上した日経平均は結局160.57円安の16,131円で終了しました。

18,000円はサポートしましたが、18500の壁はまだ厚いようです。

上海総合指数も4.6513ポイント安、ハンセン指数も45.64ポイント安となり株価は全般的に冴えない動きになりました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

-新規-
ユーロ/
オーストラリアドル 【売り】 1.55885オージードル

-新規-
オーストラリアドル/円 【買い】 87.055円

【今後の戦略】
中国のGDPの反応後の動きで素直に豪ドルを買ってみました。


本日は大きな材料がありませんが、ブレナードFRB理事がコメントをします。


ブレナード氏は元財務次官で、先週12日には、利上げを急がないとのハト派的な発言をしています。


今回もその発言を踏襲すればハト派的な発言になるのではないでしょうか。


86.60円~70円がサポートされた豪ドル/円は前回高値の87.50円を試しにいくのではと思います。


ストップは86.80円に置いて87.50円ブレークを待ちます。


抜けなければ売ります。


ECBを控えてユーロの上値は重い、本日の豪ドルの堅調さということでユーロ/オージーをショートにしました。


サポートしていた1.5600ブレークでの順張りなので1.5610オージーと浅めのストップとします。

まずは金曜日の安値1.5490オージー~95オージー、抜ければ12日の安値1.54オージー付近と見ています。

オーストラリアドル/円 60分足チャート≫

audjpy60



【本日の重要経済指標】※日本時間

11:00 (中国)7-9月期 四半期国内総生産(GDP)(前年同期比)


【今週の重要経済指標】※日本時間

21日
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

22日
20:45 (EU)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (EU)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見



bn_economic_indicators




ストックボイス「投資のチカラ」スピンオフ本
口座開設でもれなくプレゼント! 

図2

【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料