YEN蔵のFXトレードタイム

2015年09月

9月18日 FXトレード戦略 ~ 金利は据え置いたけれど ~

【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】

五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!
無題
---------------------------------------------

みなさんこんばんは、YEN蔵です

世界中が固唾を飲む中で、FOMCは9対1で金利の据え置きを決めました。

声明文の中の変更点は、
1、家計支出と企業設備投資は緩やかに増加
2、住宅セクターはさらに改善している
3、インフレ期待指標は低下した
4、最近のグローバル経済及び金融は経済を若干抑制、インフレに対しては更なる下方の圧力の可能性がある
5、海外の動向を注視している

米国経済の回復を認めながらも、インフレに対する懸念、最近の海外市場のリスクオフ的な動きを考慮した据え置きだったことが分かります。


FOMCメンバーの金利予想を表すドットチャート


 

FOMCメンバーの金利予想を表すドットチャートです。

2015年末と2016年末にマイナス金利が現れ、マイナス金利を予想するメンバーが一人います。

2015年に利上げが無いと予想するものが前回の2名から4名に増加。

全体的に金利見通しが下方修正されて、2016年末の金利予想が1~1.5%に多くのメンバーが集中しており、2016年末までの利上げ回数が3~5回を予想するメンバーが増えました。

全体的にハト派的なトーンに2年債利回りは前日の0.81%から0.685%に、10年債利回りは2.295%から2.192%に急落。

利上げはありませんでしたが、今年中の利上げの余地が残ったことや、不透明感からか株価は下落しました。

米国株の下落、シルバーウィークでリスクをとりたくないのか日経平均も362円の下落となりました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ニュージーランドドル/米ドル 【買い】 0.63533ドル
 → 0.63417ドル 【決済】 11.6ポイント損失

◆保有中のポジション

-新規-
ドル/円 【売り】 119.996円



【今後の戦略】
ドル円ショートをキープしています。

リスクオフ的というよりも据え置き、米長期金利の低下で、シンプルにドル売りと思っています。

119.70ストップ、前回安値付近118.50~60利食いとします。


それでは皆様、よい休暇を


≪ドル/円60分足チャート≫
usdjpy60




【本日の重要経済指標】※日本時間

08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨


【来週の重要経済指標】※日本時間

23日
 -   (南ア)南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利

24日
23:00 (米)8月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)8月 新築住宅販売件数(前月比)

25日
08:30 (日)8月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)8月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
                        (前年同月比)
21:30 (米)4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)
                        (前期比年率)


bn_economic_indicators



「過去の値動き」から「未来の値動き」を瞬時に予測!
専門知識がなくても一目でわかる!
無題



【くりっく365の高金利通貨ペア】
高水準のスワップ&低スプレッドに注目
2015-07-24_125445


合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本


9月17日 FXトレード戦略 ~ 今日のFOMCは5分5分だと思います ~

【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】

五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!
無題
---------------------------------------------

みなさんこんばんは、YEN蔵です

FOMCを前にして静かな動きですが、株高、円安とリスクオン的な動きになっており、ちょっと楽観的過ぎるのではと感じています。

昨日発表された米CPIは前月比0.1%低下となり予想の横ばいを下回り1月以来の低下となりました。

前年同月比は0.2%の上昇となりました。

変動の大きな食品とエネルギーを除いたコアCPIは2ヶ月連続で0.1%の上昇、前年同月比は1.8%の上昇となりました。

CPIの低下はガソリン価格の低下とドル高による輸入価格の低下が影響を与えています。

雇用状況が強い中で、物価の上昇は緩慢でFOMCがどちらを重視するのか、今の時点では本日の利上げは五分五分だと思っています。

ロイターが実施した調査では80人のエコノミストのうち45人が据え置き、35人が利上げと答えています。

またプライマリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)は12社が据え置き、10社が利上げと見ています。

報道緒によると、JPモルガン、メリルリンチが本日の利上げを予想、ドイツ証券、シティが10月、ゴールドマン、モルスタ、BNP、野村などが12月を今の時点では予想しています。

仮に今日利上げが行われても、イエレンFRB議長の記者会見で議長が十分にハト派的なスタンス説明できれば(例えば、2回目の利上げはインフレ率の上昇が確信できるまで待つなど)むしろあく抜けという可能性もあります。

しかしやはり利上げとなればファーストアクションは株が売られリスクオフ的な動きになると予想しています。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

ニュージーランドドル/米ドル 【買い】 0.63533ドル


【今後の戦略】
ニュージーランドドルロングをキープしていますが0.6340~0.6370のレンジで動きがでていません。

朝方ニュージーランドの第2四半期のGDPが前期比+0.4%になり予想の+0.5%を下回り、前年比+2.4%と予想の+2.5%を下回りましたが大きな下落はありませんでした。

FOMC前にポジションは閉める予定です。


【本日の重要経済指標】※日本時間

07:45 (NZ)4-6月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比)
16:30 (スイ)スイス国立銀行3カ月物銀行間取引
                        金利誘導目標中心値
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                        終了後政策金利発表
27:30 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、
                        定例記者会見



【今週の重要経済指標】※日本時間

18日
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨


bn_economic_indicators



「過去の値動き」から「未来の値動き」を瞬時に予測!
専門知識がなくても一目でわかる!
無題



【くりっく365の高金利通貨ペア】
高水準のスワップ&低スプレッドに注目
2015-07-24_125445


合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本


9月16日 FXトレード戦略 ~ 米国債利回りが急騰しています ~

【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】

五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!
無題
---------------------------------------------

みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨晩の米経済指標はまちまちの結果でしたが、米国株が上昇したことと2年債利回りが上昇したことがドルをサポートしました。

9月のニューヨーク州製造業業況指数は予想の-0.75に対して-14.67と2ヶ月連続で悪化。

8月米鉱工業生産は予想の-0.2%に対して-0.4%と弱い数字が続きました。

一方で米8月小売売上高は予想の前月比+0.3%に対して+0.2%となりました。

自動車などを除いたコア売上高は+0.4%となり予想と一致しました。

小売売上高は予想を下回りましたが個人消費が底堅く推移と、あるいは弱い数指標で利上げ見送ると判断されたのか米国株はNYダウが+228.89ドルと上昇しました。

また債券市場では2年債利回りが0.729%から0.81%、10年債利回りが2.183%から2.292%に急騰しました。

株高債券売りのリスクオンの動きともいえますが、特に2年債利回りは今までレジスタンスになっていた0.75%付近を上抜けし2011年以来のレベルに上昇しました。

ドイツ債の利回りが上昇した影響もあるのかもしれませんが、この米国債の利回り上昇が明日のFOMCの利上げを見据えた動きで債券が売られた可能性があります。

また最近の新興国からの資金流出で新興国は通貨防衛のためにドル売り自国通貨買いの為替介入をしています。

そのために保有する外貨資産(米国債が多いのですが)を売ってドルを確保して、それを市場でドル売り自国通貨介入に使用しますから、このためである可能性もあります。

最近も中国の外貨準備が減少していることが話題になりましたが、中国も米国債の世界1・2位の保有国で(大体日本と争っています)、人民元防衛のために米国債を売っているという噂になっていました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ドル/円 【買い】 119.517円
 → 120.347円 【決済】 83ポイント利益

◆保有中のポジション

-新規-
ニュージーランドドル/米ドル 【買い】 0.63533ドル


【今後の戦略】
昨晩のドル/円のロングはうまくいきました。

日経平均が上昇しましたが、その後上昇幅を縮小、再び120.50円~60円付近がレジスタンスになっていることもありドル/円は利食いました。

昨日売ってしまったニュージーランドドルですが、ニュージーランドの乳製品の入札価格が+16.5%上昇したこと、4~6月期経常収支が予想の15億ニュージーランドドル赤字に対して12.16億ニュージーランドドルの赤字と予想を下回ったためにレジスタンスになっていた0.6340ドル~50ドルを上抜けしました。

ニュージーランドドルはレジスタンスになっていた0.6340ドル~50ドルがサポートになっているので、ストップをこの下の0.6330ドルにおいてロングにしました。

利食いは0.6420ドル~30ドルとします。


≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫

nzdusd60




【本日の重要経済指標】※日本時間

18:00 (EU)8月 消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPI)(前年同月比)



【今週の重要経済指標】※日本時間

17日
07:45 (NZ)4-6月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比)
16:30 (スイ)スイス国立銀行3カ月物銀行間取引
                        金利誘導目標中心値
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                        終了後政策金利発表
27:30 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、
                        定例記者会見

18日
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨


bn_economic_indicators



「過去の値動き」から「未来の値動き」を瞬時に予測!
専門知識がなくても一目でわかる!
無題



【くりっく365の高金利通貨ペア】
高水準のスワップ&低スプレッドに注目
2015-07-24_125445


合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本


9月15日 FXトレード戦略 ~ 日銀は後だしになりました ~

【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】

五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!
無題
---------------------------------------------

みなさんこんばんは、YEN蔵です

日銀は一部に緩和期待もありましたが予想通りの据え置きとなりました。

ま~追加緩和するにしてもFOMCの前に仮にやってFOMCが利上げとなり、それでリスクオフになったら目も当てられませんから今日というのは無理があったのかと思います。

今後Fedが利上げしたときに(もちろんそのときは市場が利上げに耐えられると判断して利上げするのでしょうが)、仮にマーケットなどがひどいことになったときにECB、日銀、中国人民銀行が追加緩和に動く可能性のほうがありそうな気もするのですが。

さて昨晩のニューヨークは日経平均の先物が17800円の攻防、ドル/円が119.80円がサポートされ、日中は日経平均が一時18329.57円、ドル/円も120.65円付近まで上昇しましたが、終わってみれば上昇分を打ち消してしまいました。

株式にしろ為替にしろ中国ショック?前のリスクオンの相場に戻るのかどうかの山場が今週のFOMCだと思うのですが、まずはリスクオンになるまえに、この変動が落ち着く必要があり、その意味では市場の変動率は少し落ちつきつつあります。

S&P500のボラティリティであるVIX指数は昨日24.25%で終了。

上昇前の12~16に比べるとまだ大分高いのですが、8月24日の53.29からは相当低下しました。

日経平均のボラティリティであるVI指数は本日31.92。

こちらまだ高く30を割れないのですが、8月25日の47.01からは低下しています。

今後上昇相場になるにはVIX指数は20割れ、VI指数は30割れが必要になってくるのではないでしょうか。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ニュージーランドドル/米ドル 【買い】 0.63013ドル
 → 0.63224ドル 【決済】 21.1ポイント利益

◆保有中のポジション

-新規-
ドル/円 【買い】 119.517円


【今後の戦略】
日銀前にリスクオン的な動きはあってもFOMC前は無理でしょう。

ま~FOMCに向けてレンジになると思っています。

今日はニューヨーク連銀製造業景気指数、小売売上高、鉱工業生産と重要指標があるので、これで動く可能性がありますが、結局この指標を見て決めるわけではないと思うので、よほどの強弱な数字が出ない限りはレンジになるのではないでしょうか。

ニュージーランドドルは0.6300ドル~0.6340ドルのレンジをブレークできないので一度利食いました。

ドル/円は上値も重いのですがFOMCまでは119円~120.50円のレンジはないかと思っています。

またドル/円が下落する割には日経平均先物が落ちないのもレンジではと思う理由です。

120円割れたらストップでロング、ただ利食いも120円台前半とします。


≪ドル/円60分足チャート≫

usdjpy60


【本日の重要経済指標】※日本時間

 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
21:30 (英)8月 小売売上高(前月比)
21:30 (英)8月 小売売上高(除自動車)(前月比)

【今週の重要経済指標】※日本時間

16日
18:00 (EU)8月 消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

17日
07:45 (NZ)4-6月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比)
16:30 (スイ)スイス国立銀行3カ月物銀行間取引
                        金利誘導目標中心値
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                        終了後政策金利発表
27:30 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、
                        定例記者会見


18日
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨


bn_economic_indicators



「過去の値動き」から「未来の値動き」を瞬時に予測!
専門知識がなくても一目でわかる!
無題



【くりっく365の高金利通貨ペア】
高水準のスワップ&低スプレッドに注目
2015-07-24_125445


合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本


9月14日 FXトレード戦略 ~ イベント前で小動きなマーケット ~

【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
五ツ星お米マイスターが厳選!
とれたての新米をお届け!
無題
---------------------------------------------

みなさんこんばんは、YEN蔵です

今週はイベントの満載ですね。

日銀政策決定会合、FOMC、米国のメジャーSQ、そして週末からは東京のシルバーウィークです。

先週からリートが強いのも日銀プレーかなとも思うのですが、さすがにFOMCに先駆けてここで追加緩和は無いのではないでしょうか。

そしてFOMCでは利上げの可能性が少しはあるのですが、利上げが無いとしてもイエレンFRB議長の記者会見がありますので、ここでタカ派的な発言となるかハト派的な発言になるかもマーケットの動きを左右すると思います。

寄り付高値となった日経平均でしたが、前場ではマザーズ指数など新興市場は強く、リート指数も高かったのですが、結局リート以外は全部マイナスとなってしまいました。

上海総合が現在-2.9%と、これも日経平均を下落させました。

金曜日のVI指数(日経平均ボラティリティ・インデックス)は31.7%と一時の47%から低下してきており、やはりマーケットは落ち着きを取り戻しています。

上昇トレンドとなっていませんが、変動が縮小(300円のマイナスはかつてに比べれば大きいですが、最近の動きとしてはたいしたこと無いですね)してくることが反発するには前提条件なので、まずはボラティリティが落ちてきて、先週からのように新興市場に資金が向かって個別の選別となればいいのですが。

為替のほうは前場はリスクオン的な動きでしたが、ドル/円が120円台後半は重く株の下落とともにリスクオフ的な動きになってしまいましたね。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ドル/円 【売り】 120.711円
 → 120.723円 【決済】 1.2ポイント損失

◆保有中のポジション

ニュージーランドドル/米ドル
【買い】 0.63013ドル
                       (平均単価)

※追加で新規買い(0.62904ドル)


【今後の戦略】
金曜日にニュージーランドドルが下落しましたが、ストップレベルの0.9290ドルを割れましたが、0.9285ドル~90ドルがサポートされたために0.92904ドルで買い増しました。

ストップレベルが少し近すぎましたがロングをキープしています。

朝方は全般的にリスクオンで豪ドルが反発、ニュージーランドドルも0.6340ドル付近を上抜けしましたがこのレベルがレジスタンスになってしまいました。

9月9日の高値0.6425ドル付近~9月10日の安値0.6255ドル付近の半値戻しが0.6340ドル付近になります。
50%戻しの0.6340ドル、61.8%戻しの0.6360ドル付近を完全に上抜けできれば0.64ドル付近の全戻しがあると思います。
ストップを0.6280ドルとしてロングを継続。
50%~61.8%戻しが抜けなければ利食い、抜ければ0.64ドルターゲットとします。


≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫
nzdusd60




【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

【今週の重要経済指標】※日本時間

15日
 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
21:30 (英)8月 小売売上高(前月比)
21:30 (英)8月 小売売上高(除自動車)(前月比)


16日
18:00 (EU)8月 消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)
21:30 (米)8月 消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

17日
07:45 (NZ)4-6月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比)
16:30 (スイ)スイス国立銀行3カ月物銀行間取引
                        金利誘導目標中心値
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                        終了後政策金利発表
27:30 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、
                        定例記者会見


18日
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨


bn_economic_indicators



「過去の値動き」から「未来の値動き」を瞬時に予測!
専門知識がなくても一目でわかる!
無題



【くりっく365の高金利通貨ペア】
高水準のスワップ&低スプレッドに注目
2015-07-24_125445


合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本

【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料