YEN蔵のFXトレードタイム

2015年07月

7月24日 FXトレード戦略 ~ 南アフリカ、トルコなど新興市場の金融政策 ~

くりっく365の高金利通貨が魅力的
南アフリカランド 政策金利6.00%へ引き上げ!
2015-07-24_125445


-----------------------------------------------

みなさんこんばんは、YEN蔵です

夏枯れ相場なのでしょうか、相場の方向感がはっきりしません。

金融政策を動かしたところはさすがに少しは動いています。

昨日も触れましたが3つの中央銀行の金融政策発表がありました。

RBNZは0.25%の引き下げでむしろニュージーランドドルは上昇しましたが、結局行って来いになってしまいました。

トルコ中央銀行は政策金利を7.5%に据え置きで5ヶ月連続となりました。

政治的な先行きの不透明感から消費者信頼感は低下。

食品価格の下落によりインフレ圧力が抑えられている状況が続いています。

トルコでは先月の選挙を受けて、AKP(公正発展党)の過半数割れを受けてダウトール首相が8月下旬まで連立を組むか再選挙をしなければなりません。

第2党との連立交渉が進められていますが、進展が無いことから政治的な不安定さが投資や消費支出の減速材料になっています。

トルコリラ/円はサポートされていた46円付近が下抜けしてしまい45.15付近まで下落してしまいました。

7月9日の安値44.77付近、抜ければ6月の安値44.63付近がサポートレベルとして意識されます。

南アフリカ中央銀行は政策金利を5.75%から6%に引き上げました。

南アフリカ中央銀行は食品価格の値上がりなどがありインフレ目標が6.9%に達すると予想しており、インフレ目標の3~6%のレンジを上抜けする懸念。

また米国の利上げを伺うランド安懸念などがあります。

また資源価格の下落、電力不足などが南アフリカ経済の減速懸念になっています。

中銀は利上げ局面が続くとの認識を示しており、ランドにとってサポート要因になる可能性が高いでしょう。

今後の重要イベントとしては、7月31日の貿易収支、8月19日の消費者物価指数、9月23日南アフリカ準備銀行政策金利発表。

ランド/円は7月9日の安値9.57~7月17日の高値10.078の61.8%戻しの9.88付近がサポートされて反発しています。

目先ここを維持できれば9.88~10.00、下抜けした場合は50%戻しの9.824付近がサポートレベルになります。

メジャーカレンシーのほうは膠着相場になってしまい動けません。

ユーロ/ドルも1.10のオプションが大きいので1.10を挟んだ動きになってしまっています。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ニュージーランドドル/米ドル   【買い】   0.66333ドル
0.66349ドル
 【決済】 1.6ポイント 利益

◆保有中のポジション

ドル/円  【売り】 123.98円

-新規-
ニュージーランドドル/米ドル   【売り】  
0.65945ドル


【今後の戦略】
ニュージーランドドルはショートカバー終了とみてショートメークしました。
ストップ0.6630、利食い0.6500~10
ドル/円 124.25ストップ 123.20~30利食い

それでは皆さん良い週末を



≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫

nzdusd60



≪ドル/円60分足チャート≫

usdjpy60



※出所:株式会社ADVANCE 


【本日の重要経済指標】※日本時間

23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(前月比)



【来週の重要経済指標】※日本時間
                                                                        

28日
17:30 (英)4-6月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
(前期比)
17:30 (英)4-6月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前年同期比)

29日
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                  終了後政策金利発表

30日
21:30 (米)4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前期比年率)

31日
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
                                                                          (前年同月比)
18:00 (EU)7月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)5月 月次国内総生産(GDP)(前月比)




bn_economic_indicators




ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

2015-07-24_125445



ホンモノのプロと投資達人が厳選!
「2015 株 私が買う131銘柄」 
口座開設でもれなくプレゼント!

無題1






7月23日 FXトレード戦略 ~ 本日は金融政策発表で為替を動かしています ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨晩はドルに堅調な流れが続きましたが、本日、特に欧州市場に入りドル売りの流れになっています。

昨晩発表された米6月中古住宅販売は549万戸と前月比3.2%、2007年2月以来の強い数字になり予想の540万戸を上回りました。

強い米中古住宅販売もドル買いの材料になりました。

RBNZ(ニュージーランド準備銀行)は予想通り政策金利を0.25%引き下げ3%としました。

一部には0.5%の引き下げも噂されていましたが0.25%に留まりました。

ウィラーRBNZ総裁は、「経済見通しの悪化と低インフレを考えると利下げは正当化される。ある程度の追加緩和が見込まれる」と追加緩和に含みを持たせました。

震災復興がピークを迎え、乳製品価格も大幅に下落したために6月時点に比べて経済予測が悪化した、としました。

複数の金融機関が早ければ次回、そして10月にもう一度と2回、0.5%の利下げを予想しています。

しかし出尽くし感や声明がそれほどハト派的でないことなどからニュージーランドドルはむしろショートカバーされ高値を超えてきています。

今日は金融政策決定会合が続きます。

20時にトルコ中央銀行の政策金利発表があり7.5%の据え置きが予想されます。

7月3日発表の6月のCPIは前年比7.2%と前回の8%強から減速しています。

先週末46.90付近まで上昇したトルコリラ/円ですが、テロの影響もあり下落して45.58付近で推移しています。

6月10日の安値44.63~46.90のレンジが続くものと思われます。

またSARB(南アフリカ準備銀行)の政策金利発表(時間未定)があります。

0.25%引上げ6%の予想がでています。

22日に発表されたCPIは前月比0.4%と予想の0.6%を下回りました。

前年比でも4.7%と予想の5%を下回りました。

ただコアインフレ率が高止まりしていることもあり引き締めに動く可能性が予想されています。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ニュージーランドドル/米ドル   【買い】   0.65618ドル
0.65888ドル 【決済】 27ポイント 利益

◆保有中のポジション

-新規-
ニュージーランドドル/米ドル   【買い】  0.66333ドル

-新規-
ドル/円  【売り】 123.98円


【今後の戦略】
ニュージーランドドルは一旦0.6590割れでストップがつきましたが、0.66がサポートされたので0.66333で買い戻し現在ロング中。

0.6650~60のレジスタンスが上抜けしたことで0.6640ストップで0.6720~30を利食いとします。

ドル/円は124円付近でショート構築。

やはり124.20付近がレジスタンスになったので124.25でストップ123.20~30を利食いとします。



≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫
nzdusd60



≪ドル/円15分足チャート≫

usdjpy15



※出所:株式会社ADVANCE 


【本日の重要経済指標】※日本時間

  -  (南ア)南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行
                               (RBNZ、NZ中央銀行)政策金利



【今週の重要経済指標】※日本時間
                                                                        

24日
23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(前月比)




bn_economic_indicators




ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

zar_jpy

ホンモノのプロと投資達人が厳選!
「2015 株 私が買う131銘柄」 
口座開設でもれなくプレゼント!

無題1






7月22日 FXトレード戦略 ~ 黒田シーリング炸裂 ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨晩はリスクオフ的な動きになってしまいました。

リスクオフというより株安、ドル安なのですが。

欧州時間から株価は下落ドイツDAXは-130ポイント、ダウは181ドル安、SP500は9.07ポイント安。

一方でドイツ10年債利回りは0.718→0.731%へ上昇、米10年債利回りは2.38→2.33%へ低下し米長期金利低下でドル安という納得のいく動きでした。

黒田日銀総裁は訪問先のバンコックでの講演で、日本のインフレ率は加速していて2%の目標達成が可能。

現時点では一段の量的緩和は必要ないと判断されるが、必要であれば量的緩和の拡大を躊躇しないと述べました。

偶然の訳は無いと思うのですが、前回実質実効為替レートがここからさらに円安にはなりそうにないと発言したのは6月10日の衆議院財務金融委員会でした。

このときの発言があったのも124.60付近で、その発言を受けて122.45付近まで急落しました。

このときはTPPの前提になるTPA(大統領貿易促進権限)を大統領に与えるかどうかの米国議会での採決を控えており、米国議会を円安で刺激したくないという意図があったのかもしれませんが、どうも125円付近に近づくと最近は黒田日銀総裁の発言が出てくるような気がします。

偶然かもしれませんがマーケットは124.50~125の黒田ラインを意識していることは確かです。

米国株は弱い企業決算が押し下げました。

IBMは減収減益、取引終了後に発表されたマイクロソフトの決算は4~6月期は32億ドルの最終赤字となり時間外取引で4%下落、アップルは売上高は32.5%増加、1株利益も1.85ドルと予想の1.81ドルを上回りましたが7~9月期の売上高見通しが市場予想に届かず、時間外で6%の下落となりました。

これらの動きと円高を受けて日本株は下落し日経平均は248円安となってしまいました。

やはりここからは日米ともに決算に振らされる動きになりそうです。

さすがに日経平均は6連騰だったので、ここらでスピード調整があってもおかしくない動きかと思います。

ここからの日経平均は20522.25が7月16日の窓の上限、20496.60円が7月15日窓の下限、20373円付近が25日移動平均線あたりがポイントになるレベルです。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

ニュージーランドドル/米ドル    【買い】  0.65618ドル


【今後の戦略】
ニュージーランドドルのロングは継続していますが、0.6650付近はやはりレジスタンスになってしまいました。

0.6590でストップ、0.6700で利食いとします。

欧州序盤も株価は弱い動きです。

ドル/円は124付近がレジスタンスになっています。

123.90~124.00で売り、短期でみれば124.20こえでストップですが、124.60~70が再びレジスタンスになるのであれば売り上げ利124.80ストップでもいいかと思います。

ドル/円は様子を見ながらショートのチャンスをうかがうという感じでしょうか。




≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫

nzdusd60



≪ドル/円60分足チャート≫


usdjpy60



※出所:株式会社ADVANCE 


【本日の重要経済指標】※日本時間

17:30 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨


【今週の重要経済指標】※日本時間

23日
  -  (南ア)南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行
                               (RBNZ、NZ中央銀行)政策金利

                                                                            

24日
23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(前月比)




bn_economic_indicators




ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

zar_jpy

ホンモノのプロと投資達人が厳選!
「2015 株 私が買う131銘柄」 
口座開設でもれなくプレゼント!

無題1






7月21日 FXトレード戦略 ~ サマーラリーは続くか? ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ご無沙汰してしまいました。

先週はお休みをいただいて北海道に行ってまいりました。

北海道は涼しくて快適でしたが、東京に帰ってきて暑さにびっくりしています。

北海道は中国人旅行客の多さにびっくり。

また星野リゾートが運営しているトマムリゾートなどは外国人の従業員の方も多く完全に外国人観光客にシフトしている印象を受けました。

株式市場もラオックス、ドンキホーテ、コメ兵などのインバウンド銘柄も元気がよく、一時中国株の下落で危ぶまれましたが、今のところは影響が出ていないようですね。

日経平均は先週に続き6連騰となり、こちらも気温同様暑くなっています。

特に材料というのがあったわけではありませんが日経平均もドル/円もジリ高ということは、また外国人の短期筋が日経平均買い、ドル/円買いなどのトレードをしているのかもしれません。

金曜日からの流れはギリシャ問題、中国株下落が一息つき全般的にリスクオンの流れになっており、その流れに沿った動きになっています。

また昨日はアジア市場では金が急落。

1080ドル割れまで急落後1100台に戻しています。

先週金曜日にSPDRの金ETFの保有高が大幅に減少していたこと、中国の外貨準備で金の保有が1658トンと予想を下回ったことも金の下落を加速させた模様です。

中国の外貨準備は6月末の時点で3.69兆ドルと巨額ですが、一部に米ドルをせっせと売って金を増やしているという観測もあり、今回その思惑が外れたようです。

金の動きを受けて豪ドルは急落、昨日はアジア市場から全般的にドル買いの流れとなりました。

またブラード・セントルイス連銀総裁は、「9月の利上げの可能性は現時点では50%超とみている。米経済には利上げに耐えられるだけの力強さがある。資産バブル発生を防ぐためにゼロ金利解除が賢明」と述べたこともドル買いをサポートしました。



【トレード状況】

◆決済したポジション

ドル/円  【買い】 121.715円
122.940円 【決済】 22.5ポイント 利益


◆保有中のポジション

-新規-
ニュージーランドドル/米ドル    【買い】  0.65618ドル


【今後の戦略】
ドル買いの流れではあるのですが先行して下落していたニュージーランドドルは逆に反発。

23日にRBNZ理事会が開催されます。

6月11日にオフィシャル・キャッシュレートを0.25%引き下げ3.25%とし、追加緩和期待もあります。

しかし昨日、キー・ニュージーランド首相はニュージーランドドルの下落ペースは予想より速かったと予想外の発言をしたために一時0.66付近まで反発しています。

RBNZ理事会までのショートカバーを期待してロングにしています。

ニュージーランドドルは各通貨に対して反発しています。

ニュージーランドドル/円は下落前のサポートレベル82.00~20付近、ユーロ/ニュージーランドドルは7月15日の安値1.6360を伺う1.6380付近まで下落、オージー/キウィは上昇前のレジスタンスレベル1.1130~40付近までそれぞれニュージーランドドルが買われていますが、それらのレジスタンスを前に足踏みしています。

もしここからニュージーランドドルが上昇するとすればそれらのレジスタンスを超えていくのでしょうが際どいレベルで止まっています。

ニュージーランドドルも0.6600~10付近がレジスタンスになっていますが(ここは120時間の移動平均線、120時間のハイローの38.2%付近になっています)、ここを抜ければ0.6650~60付近、そこを抜ければ0.67付近までの上昇と見ています。

ストップは0.6545で0.67を利食いとします。



≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫

nzdusd60



※出所:株式会社ADVANCE 


【本日の重要経済指標】※日本時間

08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨


【今週の重要経済指標】※日本時間

22日
17:30 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨


23日
  -  (南ア)南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行
                               (RBNZ、NZ中央銀行)政策金利

                                                                            

24日
23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)6月 新築住宅販売件数(前月比)




bn_economic_indicators




ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

zar_jpy

ホンモノのプロと投資達人が厳選!
「2015 株 私が買う131銘柄」 
口座開設でもれなくプレゼント!

無題1






今週(7/14~7/17)のブログ更新はお休みします

いつもご訪問ありがとうございます。

誠に勝手ながら夏季休暇のため、7月14日(火)から7月17日(金)までの間、ブログの更新をお休みさせていただきます。

7月21日(火)より、通常どおり更新させていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。



【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料