YEN蔵のFXトレードタイム

2015年07月

7月31日 FXトレード戦略 ~FRBの利上げは近づいたか? ~

ご好評により第14弾スタート!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>


gurume


-----------------------------------------------


みなさんこんばんは、YEN蔵です

FOMCから一晩明けてドル高の流れが続いています。FOMCを通過してドルインデックスは96.60付近から97.75付近まで上昇し97.50付近で推移しています。

これから来年3月までの時間制限を考えると、9月の利上げの可能性もかなり高まってきた可能性があります。来年は大統領御選挙なので、3月以降はFRBもなかなか金利をいじるのが難しいので、そうなると残されたFOMCはそう多くありません。そのような中で、ギリシャ問題が一息ついたと思ったら中国の株の暴落もあり、米国以外には無頓着なFRBといえどもそれらを無視して利上げというのも難しくなってきたのかもしれません。年後半にはスペインの選挙もあり、ギリシャに影響され反ユーロの勢力が台頭する危険もあり、世界のマーケット状況はまだまだ安心というわけにもいきません。

昨日のニューヨーク市場は、債券市場で2年債利回りは0.7→0.72%に上昇しましたが、10年債利回りは2.29→2.25%に低下とまちまち。株価は小幅な動きになりドルだけが上昇しました。各市場で動きはまちまちになりました。

日本株は決算の影響もあり値嵩株がさえず日経平均は62円高でしたが、東証1部では1235銘柄が上昇、値下がりは540銘柄と総じて堅調な動きでした。月末のドレッシングもあったのかもしれませんがマザーズも1.15%上昇となり中小小型株が上昇しやれやれの展開になりました。

来週のイベントを控え小動きでしたが、来週は雇用統計に向けて9月に利上げがあるのかどうか織り込みに行く動きになるかもしれません。雇用統計次第では9月の可能性がかなり高まるので、来週の動きは重要になると思います。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ニュージーランドドル/米ドル 【売り】 0.66849ドル
 → 0.6577ドル 【決済】 107.9ポイント利益

◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】
ニュージーランドドルは0.6577で利食いましたが、0.66台が重く、指標も悪かったことで再び売られています。当面前回安値の0.65付近がサポートできるかどうかが重要です。0.66台前半があれば0.6630ストップで売りたいと思います。

1週間お疲れ様でした。
みなさんよい週末を

【本日の重要経済指標】※日本時間

08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
                                                                          (前年同月比)
18:00 (EU)7月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)5月 月次国内総生産(GDP)(前月比)


【来週の重要経済指標】※日本時間
                                                                        

3日
21:30 (米)6月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、
                    食品・エネルギー除く)(前月比)
23:00 (米)7月 ISM製造業景況指数


4日
13:30 (豪)豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表


5日
21:15 (米)7月 ADP雇用統計(前月比)
23:00 (米)7月 ISM非製造業景況指数(総合)


6日
20:00 (英)イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
20:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模


7日
 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
21:30 (加)7月 新規雇用者数
21:30 (加)7月 失業率
21:30 (米)7月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
21:30 (米)7月 失業率



bn_economic_indicators





【 武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 】
注目の米国雇用統計発表後の相場を実況生中継

武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計



ご好評により第14弾スタート!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

gurume



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

2015-07-24_125445



合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本






7月30日 FXトレード戦略 ~ FOMCは英語の勉強の日です ~

【YEN蔵のFX塾】 録画配信中
昨日のFOMCに関するコメントあり!

無題


-----------------------------------------------


みなさんこんばんは、YEN蔵です

注目されたFOMCですが、いつものイエレン流で利上げ開始のヒントはくれませんでした。

声明文に関しては6月とほぼ変わらずでしたが、この僅かな言葉の変化をFEDウォッチャーと呼ばれる人たちは注目しています。

そして日本人にとっては、この僅かな単語の変化を読み取るのは至難の業です。

景気は緩やかな拡大を続けている、個人消費が緩やかに拡大している、住宅投資はさらに少し改善した、設備投資と輸出は軟調というのがFOMCのみる現状の米国経済で、これは6月の見方とほとんど変わりがありません。

その上で労働市場は雇用の拡大がsolidと割と強気な見方。

エネルギー価格の下落などで物価に関してはインフレ目標を下回る状況が継続している。

エネルギー価格が安定したという6月の声明文は削除されました。

金利の引上げには6月の時点では「労働市場の更なる改善(further improvement)が必要」と表現されていましたが、今回は「さらにあと少しの改善(some further improvement)」という表現に改められました。

このsomeの使い方なんか日本人では当然難しいニュアンスですよね。

私もいろいろなニュースを見て、このような感じだろうという理解です。

そうなるとあと少しはどのくらい?ということになり来週のガチンコ雇用統計はにわかに注目度が高まりました。

もし9月に利上げするためには、someのヒントを得るためには後1回しか雇用統計がありませんから。

その場合は失業率が前回の5.3%から0.1~0.2%下がるのか、賃金の上昇が顕著になるとか、なかなか注目ポイントが増えてきたような気がします。

結局、市場は都合の良いように解釈し、債券市場は米2年債利回りは0.67→0.7%、10年債利回りは2.25→2.29%に上昇しドルが堅調になりドル/円も124円台を回復しました。

一方で株式市場は9月利上げの明確なサインは無しということで、ダウは121ドル高となり前日の189ドルに続き連騰となりました。

S&P500もナスダックも上昇しましたが、これはFOMCの影響というよりは上海総合市場が落ち着き自立反転という感じではないかと思います。



【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

ニュージーランドドル/米ドル   【売り】 0.66849ドル


【今後の戦略】
さすがにFOMC後の0.67台の売り上がりはしませんでしたが、オリジナルのキウィショートを継続しています。

ドル買いの流れというのは予想通りだったのですが、さらに利下げ観測のあるキウィのショートの戦略がここまでは上手くいっています。

120時間移動平均の(赤の曲線)0.6630~40付近を下抜け。

ただ120時間のハイローの38.2%(下の赤の直線)付近がサポートされています。

ここは最初のターゲット付近なので一度利食って0.6660~70があれば、再度ショートにしようかと思っています。

0.6635~40を抜けるようなら一度利食います。

その場合は0.666~70で再度ショートにするつもりで。

0.6635~40を抜けなければショートを継続します。

ドル/円は黒田バリアーの124.50~60を抜けられるかどうか注目しています。

昨日はYEN蔵のFX塾の収録をしました。

金利と為替のお話や、キウィ、南アランドのお話をしていますので、見てくだされば幸いです。


【YEN蔵のFX塾】各国の政策金利から読み解く為替相場~米国利上げ、NZ・南アの金利調整~


≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫

nzdusd60

※出所:株式会社ADVANCE 


【本日の重要経済指標】※日本時間

21:30 (米)4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前期比年率)


【今週の重要経済指標】※日本時間
                                                                        

31日
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
                                                                          (前年同月比)
18:00 (EU)7月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)5月 月次国内総生産(GDP)(前月比)



bn_economic_indicators





【 武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 】
注目の米国雇用統計発表後の相場を実況生中継

武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計



ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

2015-07-24_125445



合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本







7月29日 FXトレード戦略 ~ FOMCの決定は世界中に影響を与えます。特にブラジルなどの新興国に。 ~

【YEN蔵のFX塾】 録画配信中
今晩27:00FOMCに関するコメントあり!

無題


-----------------------------------------------


みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨日の海外市場はDAXが117ポイント高、ダウが189ドル高と上昇しましたが、日経平均先物が20400を上抜けできず、むしろ20180付近まで下落するなど重い展開でした。

またドル/円も123.70~80が上抜けできず123円台中盤で小動きとなり日本株とドル/円が蚊帳の外という感じでした。

案の定、本日も日経平均は25円安と4日続落になりました。

ただ業績予想を修正したファナックが日経平均を押し下げたのでTOPIXは0.27%高、東証1部の値上がり株も920銘柄となりましたが、マザーズ市場は1.45%安となり、昨日まで持ち堪えていた中小小型株も今日は下落と苦しい展開になってしまいました。

本日の上海総合指数は上昇しましたが、上海総合指数の下落の影響を受け株が下がり、今日また中国経済の減速が日本企業の業績を下振れさせ株価を下げるという悪循環が続いています。

ここまではメジャーカレンシーは小動きですが、23時に米中古住宅販売保留(前回0.9%、予想1%)があります。

また3時にはFOMCです、今日は何らかのヒントが出るのかどうか。

動きはそこからではないでしょうか。

またブラジルの中央銀行の政策決定会合もあり、前回の13.25%→13.75%の利上げに続き、今回も14.25%への利上げが予想されます。

ブラジルはインフレが進行しているとともに、昨晩S&Pが格付け見通しを安定的からネガティブに引き下げました。

現在BBB-の格付けが引き下げられた場合はブラジルは投資適格のBBBから滑り落ちます。

これを受けてブラジルレアルは2%下落しました。

米国の利上げが近付く中で新興国からの資金流出のリスクが高まり、特に経常赤字の大きな国やブラジルのようにインフレ、政治スキャンダル、格下げが重なると標的になります。

ここら辺が今後のマーケットにどのような影響があるかを見極める必要があるでしょう。

そこら辺のお話しは本日YEN蔵のFX塾でお話ししましたのでWebで是非ご覧になってください。


【YEN蔵のFX塾】各国の政策金利から読み解く為替相場~米国利上げ、NZ・南アの金利調整~

【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

-新規-
ニュージーランドドル/米ドル   【売り】 0.66849ドル


【今後の戦略】
本日のウィラーRBNZ総裁の発言後の0.6730~40で一旦ショートカバーは終了し、0.66~0.67のレンジとみています。

0.67台があれば売り上がり、ストップ0.6750、利食い0.66付近とします。


≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫
NZDUSD60



【本日の重要経済指標】※日本時間

27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                  終了後政策金利発表


【今週の重要経済指標】※日本時間
                                                                        

30日
21:30 (米)4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前期比年率)

31日
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
                                                                          (前年同月比)
18:00 (EU)7月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)5月 月次国内総生産(GDP)(前月比)





bn_economic_indicators




ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

2015-07-24_125445



合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本






7月28日 FXトレード戦略 ~ FOMC待ち ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨日から今日にかけては中国一色でしたね。

昨日上海総合指数が8.5%ほど下落すると海外市場はリスクオフの動きになり、欧米市場の株価も下落。

円買いとなりドル/円も123.01付近まで下落しました。

7月のドイツのIFO企業景況感指数108と予想の107.2を上回りました。

期待指数も102.4と予想の101.8を上回りました。

ギリシャ問題が解決したことを受けて景況感は回復し、ユーロ/ドルは数字を受け反発しました。

また中曽日銀副総裁は、エネルギーの物価に対するマイナスの寄与は7~9月がピーク、物価は秋以降早めに上昇していく、物価が2%程度に達するのは2016年前半ごろと述べました。

中曽日銀副総裁の物価に対する強気の発言もドル/円の下落材料になった可能性があります。

注目された米6月の耐久財受注は前月比3.4%と予想の3.2%を上回りました。

民間設備投資の先行指標となるコア受注は前月比0.9%増加と5月の0.4%減少からプラスとなり3か月ぶりの増加となった。

この数字を受けて米国のGDPは小幅上昇する可能性が高まりました。

本日も上海総合の下落で日経平均も200円超の下落となりましたが、東京の昼休みに上海総合が反発すると下げ幅を縮めました。

中国当局は株の購入を継続する方針を示し、中国人民銀行は短期金融市場に資金を供給し、追加緩和の可能性を示唆したことも市場を落ち着かせました。

結局、上海総合指数は1.7%下落、ハンセン指数は上昇しました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ニュージーランドドル/米ドル   【売り】   0.66333ドル
0.66068ドル 【決済】 12.3ポイント 損失

ドル/円   【売り】   123.98円
123.232円
 【決済】 74.8ポイント 利益


◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】
昨晩はリスクオフの流れでドル/円が予定通り123円台前半まで下落しました。
ユーロ/ドルの上昇もありニュージーランドドルは0.66台がサポートされ、リスクオフの割にはニュージーランド/円の81.20~30がサポートされたので米国指標前にポジションをスクウェア―にしました。

目先は中国株の動きによるリスクオフの動きになっていますが、30日はFOMC、米GDPの発表があり、イベント待ちの動きになりそうです。

ドルはいったん反発しましたが123.80~90付近がレジスタンスになっており、123.20~123.80のレンジになりそうです。

ニュージーランドドルも0.65台がサポートされ0.66付近がサポートになっています。

イベントまではレンジの動きになりそうなので積極的にポジションを持つ感じではないのですが、やるとすればレンジトレードをするかもしれません。


≪ドル
/円60分足チャート≫

usdjpy60


≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫
nzdusd60


※出所:株式会社ADVANCE 


【本日の重要経済指標】※日本時間

17:30 (英)4-6月期 四半期国内総生産(GDP、速報値) (前期比)
17:30 (英)4-6月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前年同期比)


【今週の重要経済指標】※日本時間
                                                                        


29日
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                  終了後政策金利発表

30日
21:30 (米)4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前期比年率)

31日
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
                                                                          (前年同月比)
18:00 (EU)7月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)5月 月次国内総生産(GDP)(前月比)





bn_economic_indicators




ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

2015-07-24_125445



合計140銘柄の優待を厳選してピックアップ!
口座開設でもれなくプレゼント! 
株主優待本






7月27日 FXトレード戦略 ~ ドル/円は123.20円~123.70円のレンジか? ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

金曜日の米国株コモディティ関連の値下がり、決算がらみの売りもありダウは163ドル安、ドル/円も123円台中盤ということで日本株が下落するのはある程度予想されました。
日経平均は194円安と意外に底堅い感じを受けましたが、欧州時間に入るとドル/円が123.30付近まで下落、上海総合指数も8.48%の下落となり、リスクオフの流れになっています。
日経平均先物は日中の安値20270円を抜けて20180円まで下落しています。

株式市場は決算をこなしながらという動きですが、今週はFOMC、米国GDPとイベントも控えています。

出来高は減少し値幅も狭くなってきており、外国人勢が夏休みのせいもあるのでしょうが夏枯れ相場になりつつあります。

日経平均先物は7月9日の安値19100円~7月18日の高値20850円の38.2%戻しの20180円付近まで下落しています。

この20130円~20180円付近を下抜けしてしまうと、50%戻しの19970円付近が次のポイントと見ています。

海外市場の流れに対して日経平均(日本株)がどこまで抵抗力があるかが今週のポイントになるのではないかと見ています。

もちろん海外が落ち着けば日本株自体に上昇余力はあると思います。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

ドル/円  【売り】 123.98円

ニュージーランドドル/米ドル   【売り】  0.65945ドル


【今後の戦略】
ドル/円を123.98でショート、ニュージーランドドルを0.65945でショートにし、変則的なニュージーランド円のショートになっています。

持ち値は81.758です。

日経平均緒20150円付近、ドル/円の123.25~30は一旦底打ちしたようですが、ドル/円の123.60~70付近が短期のレジスタンスになりそうです。

ニュージーランドドルは0.6625ストップ、0.65利食い。

ドル/円は124.00ストップ、123円利食いとします。

ただ、ニュージーランド/円の動きを見ながら、途中でどちらかを外すかもしれません。



≪ニュージーランドドル/米ドル60分足チャート≫

nzdusd60


≪ドル/円60分足チャート≫

usdjpy60



※出所:株式会社ADVANCE 


【本日の重要経済指標】※日本時間

なし


【今週の重要経済指標】※日本時間
                                                                        

28日
17:30 (英)4-6月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
(前期比)
17:30 (英)4-6月期 四半期国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前年同期比)

29日
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
                  終了後政策金利発表

30日
21:30 (米)4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
                                                                           (前期比年率)

31日
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)6月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
                                                                          (前年同月比)
18:00 (EU)7月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)5月 月次国内総生産(GDP)(前月比)





bn_economic_indicators




ご好評により第13弾!
【選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン】
すき焼き、しゃぶしゃぶ、日本料理の専門店
  <<<  人形町今半
  >>>

2015-06-30_175020



政策金利7.5%!トルコリラ/円が仲間入り!
くりっく365の高金利通貨が魅力的

2015-07-24_125445



ホンモノのプロと投資達人が厳選!
「2015 株 私が買う131銘柄」 
口座開設でもれなくプレゼント!

無題1






【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料