YEN蔵のFXトレードタイム

2015年04月

4月22日 FXトレード戦略 ~貿易収支は2年9ヶ月ぶりに黒字!ドル/円 今後の方向は?~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


本日発表の3月の日本の貿易収支は、輸出が6兆9,274億円、輸入が6兆6,981億円で2,293億円(前年同月は1兆4,501億円の赤字)と2年9ヶ月ぶりに黒字となりました。

輸入が14.5%の減少で、特に原油が50.7%減少、石油製品が38.3%減少、LNGが12.3%減少と原油安が輸入減少の原因となりました。

原油価格はWTIが40ドル台前半で2度サポートされ56~57ドルに反発しており、原油価格の底打ちから今後2~3ヶ月はまだ原油安の効果があっても、その後は原油安の影響が徐々に薄れてくるかもしれません。

輸出は金額ベースで8.5%、数量ベースで3.3%増加してきており、こちらは世界経済の影響も受け易く回復傾向が継続できるかどうかが注目されます。

この数字を受けて直ぐに円安圧力の減少とはならないでしょうが、原油はまだ昨年よりかなり安く、輸出が回復してきたことで仮に赤字になっても赤字幅が小さければ円安圧力はもちろん減少します。

長期的には貿易収支、経常収支はドル/円の行方に影響を与えますから、今後の貿易収支の動きには注目しておいてください。

平成27年3月分貿易統計(速報)の概要


 ※出所:財務省

また、オーストラリアの第1四半期CPIは総合指数のオールグループが前期比+0.2%、前年比+1.3%と予想と一致しました。

RBAのトリム平均値CPIは前期比+0.6%と予想と一致しましたが、前年比は+2.3%で予想の2.2%を上回りました。

予想を上回るCPIを受けて豪ドルは0.77付近から上昇し欧州時間に入り0.78付近まで上昇しています。



【トレード状況】

◆決済したポジション

ドル/円 【買い】 119.318円
119.420円 【決済】 10.2ポイント 利益

◆保有中のポジション

なし


≪ドル/円 60分足チャート≫

usdjpy60

※出所:株式会社ADVANCE


【今後の戦略】
 
本日は日経平均が224円高となり、終値でも2万円をしっかり抜けてきました。

上海総合指数も強く、欧州市場はやや下落していますが、世界的な株価下落の連鎖は一先ず遠のいたようで、全般的に株価上昇の流れになっています。

そのような中でドルは全般的に下落、ユーロ、豪ドルが反発しており、ドル/円は上値が重いけど円安傾向です。

これは来週の日銀金融政策決定会合に向けて追加緩和期待から株高、円安の側面もあるのだと思います。

ただ、ドル/円は119.75~80が2度止められて、サポートしていた119.50付近を抜けてきたので一旦利食いました。

119円を割れるとも思わないのですが、方向感がなくなったので撤退しました。

今日はどの通貨も入り辛いので様子見とします。



【本日の重要経済指標】※日本時間

17:30 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨


【今週の重要経済指標】※日本時間

23日
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(前月比)



bn_economic_indicators




【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~


2015-04-21_181341


ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!


10弾



ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825




4月21日 FXトレード戦略 ~ ドル/円119円付近がサポート ロング構築~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


昨晩の欧米市場は中国人民銀行の預金準備率引き下げを好感して上昇しました。

米国株式市場はNYダウが208ドル(1.17%)、S&P 500は19.22ポイント(0.92%)と大幅に上昇しました。

アップルが2.3%、IBMが3.4%と上昇したことがけん引しました。

一方で米2年債利回りは0.51%→0.52%、10年債利回りは1.865%→1.886%に上昇し長期債の利回り上昇がドルをサポートしました。

米国企業の減益が予想されていた今回の決算ですが、意外に米国株が堅調に推移しています。

そんな中でリスク要因のギリシャは、公的機関の現金を中央銀行に移管する法的措置を導入しました。

5月にIMFに対する10億ユーロの返済期限が迫る中で、債権団との交渉が進展せずに資金繰りが苦しくなっていることが露呈されてしまいました。

24日のユーロ圏財務相会合で合意ができるかどうか期限が迫っており、ユーロの下落圧力になっています。

昨晩スティーブンスRBA総裁はニューヨークで講演し、必要ならば追加緩和の用意があると述べるとともに、利下げによる住宅価格や家計債務への影響を慎重に見極めるとしました。

総裁のこの発言を受けて豪ドルは0.77台前半に下落しました。

堅調な海外株式市場の動きを受けて日経平均は274円と1.4%高になり19900円台を回復しました。

TOPIXは26.2ポイント、1.66%高となり1600ポイントを上抜けました。

先行した日経平均に追いつくよう、ここのところTOPIXの上昇が目立ち、それを主導しているのが銀行株です。

新興市場や中小小型株が冴えずに銀行や大型株主導でインデックスが上昇する機関投資家の相場になっています。

バックは外人なのか日本の機関投資家なのか。

外人であれば4月30日の日銀の追加緩和期待のフローも出ているのかもしれませんね。




【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

-新規-
ドル/円 【買い】 119.318円


≪ドル/円 60分足チャート≫

2015-04-21_180909




【今後の戦略】
 
昨晩からのドル買いの流れでドル/円が119円をサポートしたので押し目を買いました。

ユーロ/ドルは1.07付近がサポートとみていたのですが、やはりギリシャ問題とドル長期金利上昇で上値が重かったのでロング構築はやめました。

豪ドルも短期的にはやや売られすぎで、上昇前にもみ合った0.7670~80がサポートしており少し反発するのではないかとみています。

0.7770~80付近をレジスタンスとみているので、ここを抜けなければショートにするかもしれません。

ドル/円は119円付近がサポートとなっているので、118.90ストップ、120.20~30利食いでロングを継続します。




【本日の重要経済指標】※日本時間

なし


【今週の重要経済指標】※日本時間


22日
17:30 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨


23日
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(前月比)



bn_economic_indicators




【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~


2015-04-21_181341


ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!


10弾



ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825




4月20日 FXトレード戦略 ~ 中国に振り回されたマーケットでした ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


結局中国に振り回されたマーケットでしたね。

金曜日に中国証券監督管理委員会が空売り規制を緩和すると発表。

機関投資家による貸し株銘柄を900から1,100銘柄に増加したことなどを嫌気して欧米株は下落しました。

金融機関が利用するブルームバーグの端末が障害を起こしたり、ギリシャ問題が進展しないことも材料になりましたが、金曜日の急落は中国のこの規制強化も影響を受けました。

そして、週末に中国証券監督管理委員会が「規制はマーケットに対する引き締めではなく、信用規制を整備することが目的」とコメントをしました。

また、中国人民銀行は預金準備率を19.5%から18.5%に1%引き下げました。

最近の中国の経済減速もあり、預金準備率の引き下げは行われるだろうとマーケットの予想があったために、引き下げ自体のサプライズはあまりありませんでした。

しかし、1%の引き下げは予想を上回る大きなもので(マーケットは0.5~0.75%を予想していたところが多かったようです)、1%のカットは2008年11月以来の大きさです。

預金準備率の引き下げで、だいたい20~25兆円ぐらいの貸し出し余力が中国の銀行に生まれるという試算があるようです。

預金準備率の引き下げを好感して上海総合は上昇しましたが、結局マイナス圏に沈んでしまいました。

日経平均も3桁の下落から比べると18円安は健闘ですが、プラス圏を維持できませんでしたね。




【トレード状況】

◆決済したポジション

ユーロ/ドル 【買い】 1.08107
1.07739   【決済】  36.8ポイント 損失


◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】
 
方向感がなくストロングアイディアがありません。

チャートはユーロ/ドルの時間足ですが。

中期的には120時間の移動平均及び120時間のハイローの61.8%(上の赤線)がある1.0680~1.07のゾーンを完全に下抜けしないと下げトレンドとはならないと思います。

ユーロ/ドルは1.07を下抜けするか、1.0850を上抜けするか、あるいはその間レンジなのかもしれません。

1.07720~30で買い。
1.07675ストップとします。



≪ユーロ/ドル 60分足チャート≫ 

eurusd60


※出所:株式会社ADVANCE


【本日の重要経済指標】※日本時間

なし


【今週の重要経済指標】※日本時間


22日
17:30 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨


23日
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(前月比)




bn_economic_indicators



ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!
10弾



【ウルフ村田氏参戦!雇用統計オンデマンド配信中】

2015-03-20_183213


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825




4月17日 FXトレード戦略 ~ ユーロ/ドルのロング継続中 ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


米国株式は小動きでしたが、欧州株式は下落。

海外市場では米債券利回りも低下してドル売りの流れが続きました。


3月の米住宅着工件数は92.6万戸と前月比2%増加となり2月の寒波の落ち込みをかなり回復してきました。

しかし予想の104万戸には届きませんでした。

一方で住宅建設許可件数は103.9万戸と5.7%の減少でした。

新規失業保険申請件数は29.4万件と1.2万件増加しました。

あまり良くはない指標で(特別悪いというわけではありませんが)米2年債利回りは0.5%→0.487%に低下、10年債利回りは1.889%→1.894%に小幅上昇。

市場では6月の利上げは遠のいたとの観測が多い中で、メスター・クリーブランド連銀総裁は6月に利上げは可能、ロックハート・アトランタ連銀総裁は利上げは6月より以降が望ましいと発言し意見が割れています。

フィッシャーFRB副議長は最近のドル高はそう遠くない将来に終わる、年末前に利上げできる状況になる可能性があると発言しました。

発言を繰り返しながら市場の様子を見て、経済指標をみながら決定していこうというスタンスでしょう。

しかし、本日の日本株はちょっと嫌な落ち方でしたね。

後場から下げ幅が拡大。

今まで買われていた銘柄の下げが大きかったですね。

最近は多少円高でも株は構わず上昇していましたが、今日はさすがに円高、株安。

内需、中小の堅調な流れが来週も続くのかどうか、あるいはゴールデンウィーク前に息切れとなるか来週の市場は大切になるかもしれませんね。



【トレード状況】

◆決済したポジション

ユーロ/ドル 【買い】   1.06351
1.07479   【決済】  112.8ポイント 利益

ユーロ/ドル 【買い】   1.06979
1.07931   【決済】     95.2ポイント 利益

◆保有中のポジション

-新規-
ユーロ/ドル 【買い】 1.08107


【今後の戦略】
 
昨晩はユーロのロングがうまくワークし、一度利食った後に再度ロングでエントリー、それを1.08直前で利食いましたが、本日上抜けしてきたので再度ロングでエントリーしました。

チャートにもあるように24時間のハイローの61.8%(青線)が1.0750付近38.2%および120時間のハイローの61.8%が1.07付近なので、この上昇トレンドはまで継続中とみています。

前回高値の1.10台~1.05台の50%が1.0780付近、61.8%が1.0840附近なので1.0840~50を抜ければ1.09付近があるのではないかとみています。

1.0770ストップで1.09、抜ければ1.0950付近を利食いとしてロングを継続します。



≪ユーロ/ドル 60分足チャート≫ 

eurusd60


※出所:株式会社ADVANCE


【本日の重要経済指標】※日本時間

18:00 (EU) 3月 消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
21:30 (米)  3月 消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 (米)  3月 消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
21:30 (米)  3月 消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)


【来週の重要経済指標】※日本時間


22日
17:30 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨


23日
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(前月比)




bn_economic_indicators



ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!
10弾



【ウルフ村田氏参戦!雇用統計オンデマンド配信中】

2015-03-20_183213


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825




4月16日 FXトレード戦略 ~ ドル/円はレンジの中を推移 ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


昨晩は米国指標が弱くドル売りの流れが加速しました。

ECB理事会前にユーロは売られ、ユーロ/ドルは1.05台後半、ユーロ/円は126円台中盤に下落しました。

そこで出てきたのが、1:弱い米3月鉱工業生産、NYFedインデックス、2:ドラギ総裁の発言、3:カナダ中銀がレートを据え置き、声明で追加利下げの示唆がなかったことでカナダ買いになったこと、4:原油価格が上昇したことなどが重なりドル売りとなりました。

まずは米3月の鉱工業生産は前月比-0.6%と予想の-0.3%を下回りました。

4月のNYFedインデックスは3月の6.9から-1.19に低下し予想の7.17も下回りました。

ここのところの弱い米経済指標を再確認してしまいこれでドル売りが加速しました。

ドラギECB総裁の会見で女性が乱入するハプニングがありましたが、買い入れの対象債券が不足するという懸念はやや行き過ぎ、債券買い入れが早期に終了するという観測に驚いていると早期終了観測を否定しました。

また欧州景気とインフレに対して楽観的な見通しを示したこと、買い入れ債券を増やすために預金金利を引き下げる可能性を否定したことでユーロの反発材料になりました。

カナダ中銀は予想通り政策金利を0.75%に据え置き。

インフレリスクについては均衡している、景気の先行きに関しては強気、1月の0.25%の利下げが回復のモメンタムを強めていると、原油価格下落の影響は第2四半期以降に下がると見通しということで、声明の中では追加緩和を示すものはなくカナダ買いにつながりドル/カナダは1.25台から1.22台後半に急落、カナダ/円は95円付近から97円台に上昇しています。



【トレード状況】

◆決済したポジション

ドル/円 【売り】 119.558円
118.926円【決済】  63.2ポイント 利益

◆保有中のポジション

-新規-
ユーロ/ドル 【買い】 1.06351


【今後の戦略】
 
浜田内閣官房参与のドル/円の円安牽制発言、米国経済指標の弱さなどでドル/円の下落となっていますが、全般的にドル売りとなりユーロ/ドル、豪ドルなどが反発したことでクロス円は底堅く推移しています。

日本株は日経平均が朝方下落しましたが19742.12円を底値に反発、後場は全般的に堅調な株価になりました。

ドル/円の下落にも関わらず株価が堅調なこともリスクオフ的な流れにならず為替に関係なく株価が推移している最近の流れとなっています。

ドル/円も、ユーロ/ドルもレンジの中の推移と見ています。

ユーロ/ドルは120時間(5日間相当)移動平均線が1.0625付近、120時間のハイローの31.8%(赤のライン)が1.0625付近で、ここら辺から1.06付近がサポートレベルと考えています。

ユーロ/ドルをロングにしストップは1.0585(NYクローズからの1シグマのレンジ)、利食いは昨日の高値1.0740~50とします。



≪ユーロ/ドル 60分足チャート≫ 

eurusd60


※出所:株式会社ADVANCE


【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

【今週の重要経済指標】※日本時間


17日
18:00 (EU)3月 消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比)
21:30 (米)3月 消費者物価指数(CPI)(前月比)
21:30 (米)3月 消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
21:30 (米)3月 消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)



bn_economic_indicators



ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!
10弾



【ウルフ村田氏参戦!雇用統計オンデマンド配信中】

2015-03-20_183213


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825




【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料