YEN蔵のFXトレードタイム

2015年04月

4月30日 FXトレード戦略 ~ FOMC据え置き、日経平均538円安でドル売りの流れ ~

-----------------------------------------------
【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~
2015-04-21_181341

-----------------------------------------------

みなさんこんばんは、YEN蔵です


昨晩から今日にかけてマーケットは大きく変動しました。

時系列的にまとめて見ましょう。

欧州時間にECBはギリシャに対するELA(緊急流動性支援)の枠を769億ユーロに引き上げたことを好感してユーロ/ドルは1.10付近まで上昇しました。


その後米第1四半期GDPは前期比年率+0.2%と予想の+1%を大きく下回り、2014年第4四半期の+2.2%から大きく減速しました。

毎年この時期は寒波で弱いGDPとなりますが、そのことと西海岸の港湾ストが今回の弱いGDPの原因と考えられています。

数字自体はこれまでの米経済指標が弱かったために大分織込んでいたようですが、それでもドル売り基調が欧州時間から出ていたためにドル売りが加速しました。

結局ニューヨーク市場で株安、債券安、ドル安とトリプル安になってしまったのですが、債券に関しては通常株が売られれば利回り低下(株から債券に資金がシフトする所謂リスクオフ的な動き)するのですが、今週は2年、5年、7年債の入札もありヘッジの債券売りや月末の債券売りがあったようで10年債利回りは上昇しました。

それにも関わらずドルの下落は大きくなりました。

株式市場もダウは74ドル、S&P500は7.91ポイントと小幅な下落に留まりましたが、ドイツDAXは378ポイントと大幅に下落し欧州株は軒並み下落しました。

今日の日経平均も538円安とむしろ日欧の株価が下落する展開になりました。

FOMCは据え置きで、声明文もほぼ変化無しですが、やはり利上げ時期が9月以降に後ずれという感じになってきました。

エコノミストなどは9月派もまだ多いのですが、短期金利先物市場では12月の予想が多いようです。

今回米国の経済の減速で日欧株価が下落、ドル売りという流れになりました。

米国経済が堅調で利上げが近付くのでドル高、株高、日欧が緩和で株高、ユーロ安、円安というのがこれまでのシナリオでした。

それが米国経済がやや減速でドル安になり日欧株価が崩れるというパターンが続いてしまうのか、それとも一過性のものなのか見極めていきたいと思います。

チャートはドルインデックスです。


≪ドルインデックス日足チャート≫

usddollarindex


※出所:株式会社ADVANCE


サポートしていた96付近を下抜けしています。

94~96のレンジになるのであれば、ユーロ/ドルも1.12台があるかもしれません。




【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

-新規-
ユーロ/ドル 【買い】 1.11189ドル


【今後の戦略】
 
レジスタンスになっていた1.1050~60を上抜けたことで、しばらくユーロ/ドルは戻るのではないかと思っています。

1.1270~80を抜ければ最大下落前の戻り高値1.1530~40と見ています。

1.11割れでの押し目買いを戦略としようとしたのですが上昇してしまいました。

1.1270~80から昨日の高値1.1180~90で推移するのではと思っています。

1.12台は一度売るかもしれませんが、1.1170~80 抜ければ1.1050~60付近とサポートがあるので、その辺りを意識しながらロングを再構築するかもしれません。

長期的な流れはまだ下かもしれませんが、しばらくは上を攻めるのではと思っています。



≪ユーロ/ドル60分足チャート≫

eurusd60


※出所:株式会社ADVANCE



【本日の重要経済指標】※日本時間

 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)
        政策金利
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 (EU)4月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)2月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)3月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、
        食品・エネルギー除く)(前月比)


【今週の重要経済指標】※日本時間

1日
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
       (前年同月比)
23:00 (米)4月 ISM製造業景況指数



bn_economic_indicators




選べる!高級グルメプレゼントキャンペーン
「銀座千疋屋」最高級フルーツをプレゼント!


2015-04-30_181142




今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

4月28日 FXトレード戦略 ~ 明日はいよいよ米国GDPとFOMC ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


昨晩は格付け会社フィッチが日本国債の格付けをA+からAに引き下げました。

フィッチは昨年12月に日本国債をウォッチ・ネガティブにしていたために、引き下げ自体にはサプライズはなく、昨晩はこれを材料にドル/円が119円台を回復しましたが、本日の国債市場への影響は限定的でした。

2年物国債の入札も格下げの影響はみられず、国債先物は反発し、10年債利回りは0.3%前後で推移しています。

一方で昨晩は全般的にドル売りの流れとなりました。

ドルインデックスは97を割れて安値圏に下落。

米4月のサービス業PMIは57.8と前月の59.2から低下し予想の58.8も下回りました。

また4月ダラス連銀製造業活動指数も-16と前回の-17.4は上回りましたが、予想の-12を下回る数字でまた弱い数字が出ました。

今日はSPケースシラー住宅価格指数、消費者信頼感指数、明日はいよいよGDP、中古住宅販売仮契約とFOMCがあります。

東京はお休みですが、弱い指標が続き声明文がハト派的になりドル売りになるのか、あるいは再びドルがサポートされドルインデックスが96~97のゾーンを維持できるのかがキーになります。

ただ今回の会合では据え置きが予想され、イエレンFRB議長の会見もないために声明文の中身が材料になりますが、現状の経済に対する弱さに関しては言及するかもしれませんが、金融政策自体のスタンスの変更はないと思われ、大きな動きは出てこない可能性が高いのではないかと思っています。

日経平均は75円高で終了、一時20133.78円まで上昇しましたが後場は休み前、イベント前ということで調整の動きもありました。

米国ではアップルの業績が良く上昇、日本株が決算発表の結果を受けた個別の展開となりました。




【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】
 
豪ドルは鉄鉱石価格が昨日も3%上昇と1週間で約15%上昇しています。

それもあってか堅調に推移し0.79付近まで上昇しています。

前回高値の0.8930~40を一気に抜けるのは難しいかもしれません。

ユーロ/オージーが面白いのではと思っています。

1.3770~80は何度止められているので、ここがサポートすれば一旦反発かと思います。

1.3850~60の戻りを売りたいと思います。

ストップ1.3880でターゲット1.37。

 

いよいよGW入りですね、皆さんご予定は?

GWが終わると8日に米雇用統計があります。

また21時から武部さんとガチンコ雇用統計を行いますので、よろしくお願いします。



【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~

2015-04-21_181341



≪ユーロ/オーストラリアドル 60分足チャート≫

euraud60


※出所:株式会社ADVANCE



【本日の重要経済指標】※日本時間

28日
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比)
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前年同期比)


【今週の重要経済指標】※日本時間

29日
21:30 (米)1-3月期 四半期実質国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比年率)
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
       終了後政策金利発表


30日
 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)
        政策金利
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 (EU)4月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)2月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)3月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、
        食品・エネルギー除く)(前月比)


1日
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
       (前年同月比)
23:00 (米)4月 ISM製造業景況指数



bn_economic_indicators




今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825



ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!


10弾

4月27日 FXトレード戦略 ~ ドル/円120円台前半を上抜けるのは難しそう ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


3月米耐久財受注はヘッドラインの割には内容が今一つでドル売りの流れとなりました。

前月比4%増加と昨年7月以来の大きな伸びとなった。

前月の1.4%減少からプラスになったのは輸送用機器が大きく増加したためです。

民間設備投資の先行指標となるコア受注は0.5%減少と7か月連続のマイナスで予想の0.3%増加を下回り、2月分も1.1%減少から2.2%減少に下方修正されました。

ドル高が米企業の利益減少で設備投資抑制、原油価格の下落も石油関連企業の設備投資抑制に影響を与えています。

GDPの算出に使われるコア資本財の出荷は0.4%減少で、2月も0.3%から0.1%に下方修正されたためにGDPの見通しが下げられる可能性もあります。

個々の米国指標は雇用統計から始まり、小売売上高、住宅着工と経済の減速が鮮明になっておりFRBの利上げ時期の後ずれの可能性もありドル売り材料になっています。

とはいえ、ドル/円の118円台では実需のドル買いが待ち構えていたようで119円台を回復しています。

日経平均も朝方20069.24まで上昇しましたが、19983.32と0.18%の下落となり方向感がない動きになりました。

今週はイベントが控えており週前半は動き難いのではないでしょうか。




【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】
 
ドル/円は仲値のドル買いもあり119円台を維持。

120時間のハイローと5日移動平均線の位置する119.50~60付近がレジスタンスとみています。

また120円には本日17億ドル、30日に24億ドルのオプションの期日到来があるので、120円台前半はそう簡単に上抜けできないと思います。

119.50~60で売り 119.80ストップとします。


≪ドル/円 60分足チャート≫

usdjpy60


※出所:株式会社ADVANCE



【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

【今週の重要経済指標】※日本時間
28日
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比)
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前年同期比)


29日
21:30 (米)1-3月期 四半期実質国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比年率)
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
       終了後政策金利発表


30日
 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)
        政策金利
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 (EU)4月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)2月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)3月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、
        食品・エネルギー除く)(前月比)


1日
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
       (前年同月比)
23:00 (米)4月 ISM製造業景況指数



bn_economic_indicators




【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~

2015-04-21_181341



今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825



ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!


10弾

4月24日 FXトレード戦略 ~ ドル/円の上値は重いか… ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


昨晩はアメリカの3月 新築住宅販売件数が48.1万件と予想の51.5万件を下回り前月比で11.4%の減少となりました。

2月分は54.3万件でしたので2013年7月以来の減少でした。

また、4月の製造業PMI速報値は54.2と前月の55.7から低下し1月以来の水準になり予想の55.5も下回りました。

新規受注が57.2から55.4に低下しているところは気になりますが、マークイット(PMIを発表しているところです)のアナリストは失速はしているがドル高で苦しんでいるわけではない。

急速な減速に対する懸念は行き過ぎていると述べています。


この弱い数字を受けて米2年債利回りは0.55%→0.53%に10年債利回りは1.98%→1.95%に低下しドル売りとなりました。

しかし、ナスダックは5073.09と2000年3月10日の高値5048.62の高値を超えて史上最高値を更新しました。

日経平均が久々の2万円ですが、米国でも15年ぶりの高値更新となりました。

今日の日本株は銀行など利食いの売りから167円安と0.83%の下落となりました。

銀行、不動産、海運などが売られました。

しかし、マザーズは1.16%高、JASDAQは0.24%高と新興市場は強く、株式市場から資金が出ていく感じではなく、日経平均が下落、円高でも新興市場が上昇とよい循環が続いており来週に期待できる展開です。



【トレード状況】

◆決済したポジション

ドル/円 【買い】 119.741円
119.639円 【決済】 10.2ポイント 損失

オーストラリアドル/米ドル 【売り】 0.77534ドル
0.77747ドル 【決済】 21.3ポイント 損失

◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】
 
ドル/円は上値が重かったので119.50を割れるまえにロングをクローズしましした。

豪ドルも0.7770を超えてきたので、こちらもショートをクローズしました。

ドル売りの流れが続くと思われるので、豪ドルの買いも面白いと思うのですが、少し方向感が見えなくなってきたので本日は様子見とします。




≪ドル/円 60分足チャート≫

usdjpy60


※出所:株式会社ADVANCE


≪オーストラリアドル/米ドル 60分足チャート≫

audusd60


※出所:株式会社ADVANCE


【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

【来週の重要経済指標】※日本時間
28日
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比)
17:30 (英)1-3月期 四半期国内総生産
       (GDP、速報値)(前年同期比)


29日
21:30 (米)1-3月期 四半期実質国内総生産
       (GDP、速報値)(前期比年率)
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
       終了後政策金利発表


30日
 -  (日)日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
 -  (日)日銀金融政策決定会合、
       年間マネタリーベース増加目標
06:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)
        政策金利
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
18:00 (EU)4月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 (加)2月 月次国内総生産(GDP)(前月比)
21:30 (米)3月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、
        食品・エネルギー除く)(前月比)


1日
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 (日)3月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
       (前年同月比)
23:00 (米)4月 ISM製造業景況指数



bn_economic_indicators




【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~

2015-04-21_181341


ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825



ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!


10弾

4月23日 FXトレード戦略 ~ ドル/円を買い直し ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


昨晩は、欧州時間にポンド/ドルがBOEのMPC議事要旨の内容を受けて1.50台後半まで上昇したことで、欧州時間は全般的にドル売りの流れになりました。

しかし、ニューヨーク市場に入ると一転してドル買いになりました。

きっかけは3月の米中古住宅販売の数字。(下のグラフ ECONODAYより)

前月比6.1%増加の519万戸となり予想の503万戸を上回り2013年9月以来の高水準になりました。

今まで住宅市場は供給不足で価格が上昇していたことも不振の一因でしたが、3月は売れ残った在庫が前月比5.3%増加と、物件数が増えたことも販売が増加した原因だったようです。

物件の中間販売価格は前年比7.8%上昇の21万2100ドルとなりました。

ここのところ米小売売上高、住宅着工、鉱工業生産と弱い数字が続いており、FRBの利上げ時期の後ずれ期待も出てきています。

今回の数字はまだいくつかの指標のひとつに過ぎませんが、来週はFOMCがあり、利上げ時期を巡る思惑は続きそうです。

この数字を受けて米2年債利回りは0.52%→0.55%、10年債利回りは1.91%→1.98%に上昇したことでドル買いとなりドル/円も120円を回復しました。



 ※出所:ECONODAY

ECONODAY 3月米中古住宅販売


 

120円を回復したドル/円ですが、GWを前にして輸出勢からドル売りが出ていたようです。

また日経平均は一時20252.12円まで上昇し3桁の上昇になりましたが、昨日まで強かった銀行株に利食いが出て下落(銀行は0.89%の下落)、日経平均・TOPIXは一時マイナス圏に沈みました。

しかし、引けにかけては再び上昇で日経平均は53円高、TOPIXは3.08ポイント高で終了しました。



【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

-新規-
ドル/円 【買い】 119.741円

-新規-
オーストラリアドル/米ドル 【売り】 0.77534ドル



【今後の戦略】
 
昨晩はドル/円を売ってしまい大失敗でした。

悔しいので下げたところで買いなおしました。

119.60付近に24時間のハイローの38.2%、119.50付近が120時間のハイローの61.8%が位置するので119.50割れでストップ、利食いは120.50~60とします。

豪ドルは戻りの0.7760~70付近が120時間相当の移動平均、120時間のハイローの61.8%が位置しているので0.7770越えでストップ、利食いは0.7670~80とします。


≪ドル/円 60分足チャート≫

usdjpy60


※出所:株式会社ADVANCE


≪オーストラリアドル/米ドル 60分足チャート≫

audusd60



※出所:株式会社ADVANCE


【本日の重要経済指標】※日本時間

23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(年率換算件数)
23:00 (米)3月 新築住宅販売件数(前月比)


【今週の重要経済指標】※日本時間


なし




bn_economic_indicators




【満足度95.6%】
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計 
~全ての投資家注目のWebセミナー~


2015-04-21_181341


ご好評により第10弾!
馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!


10弾



ラリー・ウィリアムズのファイナルメッセージ!
オンデマンド配信中!

ラリー


今注目の通貨ペア!南アフリカランド/円

2015-03-10_185344 

口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!

2015-02-19_163825




【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料