YEN蔵のFXトレードタイム

2015年02月

2月27日 FXトレード戦略 ~来週の雇用統計に向けてドル買いの流れを見極める~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨晩はドル買いとなりました。

材料はいろいろとあったのですが時系列でみていきましょう。

まず10~12月期の英GDP改定値は前期比0.5%増と1年ぶりの低い伸びになりました。

前年同期比では2.7%増加で前期比、前年比とも速報値から変わりませんでした。

産油セクターの投資の縮小などが設備投資を落ち込ませ、5月の総選挙も企業センチメントをやや悪くしている可能性があります。

ブラード・セントルイス連銀総裁はCNBCのインタビューで、3月に忍耐強くを削減して利上げに備えるべき、インフレはかなり安定している、利上げにはインフレが春にかけて上昇する必要、2015年後半に失業率は5%を割る、米雇用は1990年台以来最も強い、ドルが成長を抑制することはないだろう、ECBの量的緩和はユーロを下落させる可能性などと発言し、これでユーロ/ドルが1.13台前半に下落

そしてダメ押しは米経済指標でした。

1月の耐久財受注は前月比2.8%増加と12月の3.7%減少から増加し10月以来の前月比プラスになり予想の1.6%も上回りました。

ただ民間航空機が押し上げ要因になり輸送用機器を除くと0.3%増加と予想の0.5%を下回りました。

機械投資の先行指標の民間航空機を除くコア資本財の受注は0.6%増加と昨年8月以来の前月比プラスとなりました。

1月の米消費者物価指数は前月比-0.7%と予想-0.6%を下回り、新規失業保険申請件数は31.3万件と予想の29万件を上回り、この2つの数字は弱かったのですが、強い耐久財受注に反応しユーロ/ドルは1.13割れ、ドル/円は119円台回復となりました。

結局米2年債利回りは前日の0.606%から0.654%に10年債利回りは1.972%から2.033%に上昇したことでドル買いとなりました。


【トレード状況】

◆決済したポジション

ユーロ/ドル【売り】 1.1242ドル 
ユーロ/ドル【決済】 1.12071ドル  34.9ポイント利益

豪ドル/米ドル 【売り】 0.78483ドル
豪ドル/米ドル 【決済】 0.78196ドル  28.7ポイント利益


◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

本日は月末ということでロンドン16時のフィキシングに向けて月末のフローがでる可能性もあります。

クロス円が底堅いのもそれが理由かもしれません。

来週の雇用統計に向けてドル買いの流れになるのかどうか、見極めるうえで今日のユーロ/ドルの戻りと豪ドルの戻りがどこまでか見極めたいともいます。

1.1270~80付近が抜けなければ1.1320ストップでショート、0.7870~80が抜けなければ0.7920ストップでショートと考えています。

それではみなさんよい週末を。


<<ユーロ/ドル60分足チャート>>

2015-02-27_202026




【本日の重要経済指標】
日本時間

22:30 [米]10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値)

【来週の重要経済指標】日本時間

2日
19:00 [EU]2月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
22:30 [米]1月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
24:00 [米]2月 ISM製造業景況指数

3日
12:30 [豪]豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
22:30 [加]10-12月期 四半期国内総生産(GDP)(前期比年率)
22:30 [加]12月 月次国内総生産(GDP)(前月比)

4日
09:30 [豪]10-12月期 四半期国内総生産(GDP)
22:15 [米]2月 ADP雇用統計(前月比)
24:00 [加]カナダ銀行 政策金利
24:00 [米]2月 ISM非製造業景況指数(総合)

5日
21:00 [英]イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表
21:00 [英]英中銀資産買取プログラム規模
21:45 [EU]欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 [EU]ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

6日
19:00 [EU]10-12月期 四半期域内総生産(GDP、改定値)(
22:30 [米]2月 非農業部門雇用者数変化(前月比)
22:30 [米]2月 失業率


bn_economic_indicators




ご好評により第9弾!馬喰一代の最高級飛騨牛をプレゼント!

2015-02-27_123659



口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!


2015-02-19_163825




3月6日(金) 22:00~23:00
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計!

2015-02-20_182452

2月26日 FXトレード戦略 ~今日は22:30米耐久財受注とCPIに注目~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

79年前の1936年の2月26日には有名な2.26事件が起こりました。

陸軍の青年将校が昭和維新を掲げて決起したクーデター未遂事件でした。

先輩の為替ディーラがブログで書いていた受け売りですが、このときやはり円売りになりドルの急騰に対して当時の為替専門銀行の横浜正金銀行がドル売り応じた歴史があったようです。

一方2015年2月26日の為替相場は動きが出てこない閑散としたマーケットになっています。

そんな中で唯一豪ドルが少し動いているかなという感じなので見てみましょう。

昨日発表されたHSBC中国2月製造業PMIは50.1と前月の49.7、予想の49.5を上回ったことで豪ドルを押し上げました。

製造業PMIは11月の50以降景気の分岐点の50を割っていたのですが、4ヶ月ぶりに50を回復しました。

ただ新規輸出受注が47.1と3ポイント低下するなど内需の低迷、外需の不透明感と中国の成長も曲がり角に来ている可能性があります。

PMI


HSBC中国製造業PMI  (出所:(株) ADVANCE



また本日発表の2014年第4四半期の豪民間新規設備投資は、季節調整済みで前期比2.2%減少と予想の1.9%減少を超える落ち込みとなりました。

豪民間新規設備投資


(オーストラリア統計局HPより抜粋)



【トレード状況】

◆決済したポジション

豪ドル/米ドル 【売り】 0.78858ドル
0.78777ドル【決済】  8.1ポイント 利益


◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

昨晩0.79が重かったこと日足、4時間足のRSIが高値圏にいることなどで売りました。

ユーロ/オージーが反転、オージー/キウィーが1.0460付近から1.0370付近に下落するなど豪ドルは全面安になっています。

しかし2月24日の安値0.7740付近~25日の高値0.79付近の38.2%戻しの0.7835~40がサポートされています。

ここは昨日ブレークするまでレジスタンスになっていたところ。

ここを抜ければ50%戻しの0.7820付近が狙えると思いますが、0.7860~65を上抜けするようならクローズします。

書いているうちに上昇してしまったので0.78777で買い戻しました。

ちょっと書くのも恥ずかしいのですが数ピップの収益。

ユーロ/オージーが下落しているのでユーロ/オージーの動きでしょう。

0.7940~50が抜けるかどうかがポイントだと思います。

ここを抜けないようであればもう一度ショートにするつもりです。

今日は米耐久財受注とCPIの数字が出るので、これを見て考えたいと思います。



【本日の重要経済指標】
日本時間

18:30 [英]10-12月期 四半期国内総生産
22:30 [米]1月 消費者物価指数(CPI)


【今週の重要経済指標】日本時間

27日
08:30 [日]1月 全国消費者物価指数
22:30 [米]10-12月期 四半期実質国内総生産



bn_economic_indicators




ご好評により第8弾!魚久の高級粕漬けをプレゼント!

8だ



口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!


2015-02-19_163825




3月6日(金) 22:00~23:00
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計!

2015-02-20_182452

2月25日 FXトレード戦略 ~ドル/円は118円台前半でロング構築~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

注目されたイエレンFRB議長の上院銀行委員会での証言はハト派的とみなされてドル売りの流れとなりました。

ポイントを説明したいと思います。

まずは労働市場の状況に関していくつか述べました。

労働参加率がトレンドを下回っている、賃金の伸びが緩やかで弱さがまだ残っているが、一段の改善の余地があること。

利上げを開始するために忍耐強くいるという状況は、インフレ率がFOMCの目標の2%を下回っていること、労働市場が改善の余地があることを考えると正当化できると指摘しました。

経済情勢が改善を続ければ、いずれかの時点で毎回の会合で利上げを検討し始めるだろう。

その前にフォワードガイダンスを変更する。

ただ忍耐強くのフォワードガイダンスを言行することは、必ずしも変更後の2回目の会合で利上げを行うと解釈するべきではないということを強調することが重要としてきました。

要するに議会の金融緩和反対派に向けて、金融政策の正当性を主張したうえで、FOMCの自由度(利上げに対する)を確保するために忍耐強くのフォワードガイダンスを変更(おそらく近々、3月の可能性もあり)を行うが、変更がすぐに変更後2回の会合で利上げをするとはみなさないでくれということです。

要するにタカ派の人にとっては忍耐強くを外すことによって利上げの準備を着々と進めているとも判断できますが、ハト派の人にとってはあくまでフォワードガイダンスの変更は自由度を増すためですぐに利上げとはならず、むしろ6月の利上げは遠のいたとの判断なのでしょう。

昨晩のニューヨークダウは92ドル高、ナスダックも0.14%高など株高になりドルも売られました。

ハト派やや優勢というのが昨晩のイエレン発言後の動きだったのではないでしょうか。



【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

毎日同じことを言うのも心苦しいのですが、為替のボラは低下しレンジ継続とみています。

今日は月末応当日の輸出勢の売りでドル円は下落しましたが、引き続き118~120のレンジとみています。

118円割れストップで118円台前半ではドル円のロングを構築したいと思います。

中国のCPIはで上昇した豪ドルですが0.7940~50が短期のレジスタンス、抜ければ0.8040~50を見ています。

この0.8の中盤を抜けるかどうかは重要ななこところ。

短期的には0.7840~50をサポートして上値を試しに行けるか0.79台が一旦天井圏になるか注目しています。


<<ドル/円60分足チャート>>

2015-02-25_182655




【本日の重要経済指標】
日本時間

24:00 [米]1月 新築住宅販売件数
24:00 [米]イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言


【今週の重要経済指標】日本時間

26日
18:30 [英]10-12月期 四半期国内総生産
22:30 [米]1月 消費者物価指数

27日
08:30 [日]1月 全国消費者物価指数
22:30 [米]10-12月期 四半期実質国内総生産



bn_economic_indicators




ご好評により第8弾!魚久の高級粕漬けをプレゼント!

8だ



口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!


2015-02-19_163825




3月6日(金) 22:00~23:00
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計!

2015-02-20_182452

2月24日 FXトレード戦略 ~ドル/円は日本時間24時のイエレン発言待ちか~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

為替市場の閑散ぶりはひどいのですが株式市場は元気がいいです。

日経平均は136.56高の18603.48で終了。

TOPIXも5.45ポイント高の1508.28となりましたが昨日今日と日経平均がTOPIXの上昇を上回り、最近のTOPIX主導から日経平均主導の動きとなりました。

昨日の時点でドル日経は155.445ドルと2013年12月30日の高値155ドルを上抜けしました。

このときのユーロ日経は112.32ユーロ。

昨日のユーロ日経は137.15ユーロ。このときのユーロ円が145円ですからユーロ円の円高でユーロ日経は22%ほど上昇しています。

ここのところ為替が円高になっても日本株は上昇となり、為替の円安に頼らずに純粋に日本の材料で日本株が上昇しています。

株高でも円安が進まないためにドル日経、ユーロ日経ともに上昇、特にユーロ安円高でユーロ日経の上昇も目立ちます。

ヘッジファンドなどはドル/円と日経平均を同時に買ったり売ったりするような短期のトレードを去年までしていましたが、今年になり為替と株の連動が切れてきたので、そのような取引は減っているのでしょう。

あるいは日本株の買い手が長期の外国人投資家で、純粋に円買いをして日本株に投資をしているのかもしれません。

とはいえ日経平均は6連騰、25日移動平均線との乖離率は4.6%、東証1部25日平均当落レシオは139.51とかなり高いレベルに達しています。

さて今日はイエレンFRB議長の議会証言です。

前回のFOMC議事要旨ではハト派的とみなされドルは下落しました。

最近の株高はFedが利上げを急がないのではとの思惑もあり、今日の議会証言も明確な利上げ時期のヒントは出さないものの、タカ派的な文言は出てこないのではとの思惑もあるなかでここまでドルは堅調に推移しています。

昨晩発表された1月の中古住宅販売も年率482万戸と12月の507万戸から4.9%減少しました。

これは昨年4月の475万戸以来の低い数字です。

ECONODAY


 

これは米国の中古住宅販売です(ECONODAYより抜粋)

これを見てもわかるように2013年7~8月に500万戸(棒グラフ)を達成後450万戸付近まで減少し、その後昨年秋に500万戸を回復しましたが再び減少しています。

2013年からの減少は不動産ローン金利の上昇(赤ライン)と住宅価格の上昇が原因で、ローン金利の低下が下支えしました。

この中古住宅販売をみると利上げを急ぐ局面ではないような気もします。



【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

ドル/円は120円のオプションが金曜日まで35億ドルあるようで、やはり今のような相場だとレンジになってしまうのでしょう。

ドル/円は引き続き118~120。

イエレン発言前なので発言後の動きを見てからだと思います。

ただあまりタカ派的なことは言わないと思うのでやはりレンジになるのではないでしょうか。

昨日書いたように豪ドル、ニュージーランドドルが一旦高値をつけたのでは思うのですが、イエレン発言がハト派的の場合は反発の可能性もあります。

豪ドルの0.7850~60、ニュージーランドドルの0.7560~70が抜けないようであれば売り場を探したいと思います。



【本日の重要経済指標】
日本時間

16:00 [独]10-12月期 国内総生産
19:00 [EU]1月 消費者物価指数

24:00 [米]イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

【今週の重要経済指標】日本時間

25日
24:00 [米]1月 新築住宅販売件数
24:00 [米]イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

26日
18:30 [英]10-12月期 四半期国内総生産
22:30 [米]1月 消費者物価指数

27日
08:30 [日]1月 全国消費者物価指数
22:30 [米]10-12月期 四半期実質国内総生産



bn_economic_indicators




ご好評により第8弾!魚久の高級粕漬けをプレゼント!

8だ



口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!


2015-02-19_163825




3月6日(金) 22:00~23:00
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計!

2015-02-20_182452

2月23日 FXトレード戦略 ~ドル/円は118.20~119.20のレンジ相場~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

金曜日はギリシャに対する4ヶ月の融資延長に合意したことでユーロドルは一時1.14台を回復しました。

しかしユーロドルは週明け1.13台中盤に下落しています。

現状の支援システムは28日に期限を迎えるので本日ギリシャ政府が提出する政策一覧は無難なものとなり、24日の電話会議を通じて承認されると見られていますが、疑問があれば再び会合が持たれることになっています。

とはいえ、あくまで今回の合意は2月末の資金繰りを乗り切るための時間稼ぎ。

それは双方がわかっていることでしょう。

3月末にはIMFへの融資返済があり、今回の支援では3月末の資金繰りをカバーできず、ギリシャ政府はつなぎの短期国債発行が必要になります。

しかしギリシャ国債の買い手は今やギリシャの銀行のみ。

そのためにはギリシャの銀行の資金繰りを支援するためのECBによるELA(緊急流動性供給)が必要になります。

ここでまたELA承認の是非が問われることになるかもしれません。

4月末には具体的な改革プランをギリシャ議会で承認して支援国がそのプランを承認しなければなりません。

果たして緊縮財政の停止を公約して選挙に当選した連立政権が、ユーロ圏が納得できるような改革プランを提出できるのかどうか疑問が残ります。

今回すでに連立政権内には妥協に対する不満もくすぶっているようで、今後4月までのギリシャ議会での動きが焦点となります。

4月にこの案をまとめてEUがそれを承認しなければ6月に迎えるIMFへの返済、7~8月に迎えるギリシャ国債の大量償還を乗り切るための資金繰りが難しくなり再びギリシャの問題がフォーカスされます。

今回の交渉過程でもギリシャとドイツの対立は目立っており、Grexident(Accidental Greek Exit )と呼ばれているギリシャの突然のユーロ圏からの離脱という事態もなくなったわけではないようです。




【トレード状況】

◆決済したポジション

なし


◆保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

株式市場の堅調さに比べ、為替市場は小動きというかレンジの動きが続いています。

明日のイエレンFRB議長の議会証言が注目されますが、本日もレンジの動きの継続と思われます。

ドル/円はまだ118~120のレンジ内の動きと見ています。119.70~80売り、120.10ストップ。

もし先に落ちてしまえば118.30~40買い、117.95ストップとします。

また豪ドル/米ドル0.7850~60はレジスタンスと見ています。

0.7830~40で売り、ストップ0.7870とします。 


<<ドル/円60分足チャート>>

2015-02-23_184622

【本日の重要経済指標】
日本時間

なし

【今週の重要経済指標】日本時間

24日
16:00 [独]10-12月期 国内総生産
19:00 [EU]1月 消費者物価指数

25日
24:00 [米]1月 新築住宅販売件数
24:00 [米]イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

26日
18:30 [英]10-12月期 四半期国内総生産
22:30 [米]1月 消費者物価指数

27日
08:30 [日]1月 全国消費者物価指数
22:30 [米]10-12月期 四半期実質国内総生産



bn_economic_indicators




ご好評により第8弾!魚久の高級粕漬けをプレゼント!

8だ



口座開設でもれなく当社オリジナル冊子
「2015年 株・為替完全予想ガイド」
プレゼントキャンペーン!


2015-02-19_163825




3月6日(金) 22:00~23:00
武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計!

2015-02-20_182452

【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料