YEN蔵のFXトレードタイム

2014年12月

年末年始のブログ掲載について


日頃から、岡三オンライン証券の公式ブログ「YEN蔵のFXトレードタイム」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。

次回の更新は2015年1月5日(月)を予定しております。

来年も引き続きご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


--【お知らせ】-----

■【配信中】YEN蔵氏が2015年の注目ポイントを解説!最新Webセミナー!
ご視聴は画像をクリック↓
今すぐご視聴できます(無料)

2014-12-26_131127














■【1月9日(金)開催!】当社人気No.1Webセミナー
「武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計」


番組内で講師の二人から重大発表があります!

お見逃しなく!(無料!事前申し込みなし!)

2015年1月9日(金)22:00~ 生放送!!
2014-12-30_101913








12月30日 FXトレード戦略 ~リスクオフの流れが止まりません~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ギリシャはやってくれましたね。

大統領選出の3回目の投票では2回目同様賛成が168票に留まり必要賛成票の180票に届きませんでした。

この結果を受けてサマラス首相は来年1月25日の総選挙提案を表明、ギリシャの政治的混乱は市場をリスクオフの流れに傾けました。

ギリシャの主要株式指数のATGは一時11%の下落し終値は853.2ポイントで終了。

ギリシャ10年債利回りも前日の8.5%から9.6%に急上昇しました。

世論調査では反緊縮財政のSYRIZA(急進左派連合)の支持率が高く、急進左派連合は選挙で勝利した場合は金融支援と引き換えの緊縮財政を破棄するのか、あるいは緊縮を緩める条件闘争をするのか不透明感があり、またECB理事会も控えているためにユーロにとっては弱材料になりサポートされていた1.2150をブレークして下落しています。

また昨日エボラ騒動で(本当はそれが原因ではないと思いますが)下落した日経平均は上値が重く、大納会で上昇のジンクスは破れ後場から下げ幅を拡大し279.07円安の17450.77で終了しました。

ジャスダック平均は3日続伸、マザーズは反落となり、東証1部が軟調な中で新興市場の物色はありましたが、最後は冴えない展開で終了しました。

ギリシャによるユーロ安、日本株安によるリスクオフ的なクロス円の下落という形で欧州市場に突入、本日の欧州の動きがどうなるのか?昨日の海外市場はそれほどひどいリスクオフではありませんでしたが、ギリシャの問題は大したことがないとみているのか、あるいはまだ時間があるとみているのか、これから織込にいくのかもしれません。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

欧州時間に入ってもリスクオフの流れが止まりません。

ドル円は120を割って下落が加速。年末ということで流動性の問題があるのか急落。

ただ119円台前半はサポートレベルになるのではないかと思われる。

119.20~30で買い ストップ118.90

本年はブログ、及びセミナーでお世話になりました。

来年も皆様の投資に役立つ情報をお伝えしていきますので、よろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

≪ドル円 60分足チャート≫

2014-12-30_180402










※岡三アクティブFX取引画面



【本日の重要経済指標】※日本時間

21:00 11月南アフリカ貿易収支(予想:52億ランドの赤字)
23:00 10月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比4.4%)
24:00 12月米消費者信頼感指数(予想:94.0)



経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators




キャンペーン情報!

ご入金とお取引でもれなくプレゼント!2015年のFX手帳!
2014-12-30_100700








ご好評によ第7弾!魚久の高級粕漬けをプレゼント!

2014-12-30_180458


12月29日 FXトレード戦略 ~オセアニア通貨が反発~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

日本株は「掉尾の一振」目指して上昇と思われましたが後場から雰囲気が変わりました。

アフリカから帰国した男性にエボラの疑いがあるとのことで日経平均が急落。

エボラだけでは説明できませんが外国人がまだ戻ってきていないのか市場は薄い流動性が低く、17525.66まで200円超下落した後は急速回復して結局89円安の17729.84で終了。

本日はギリシャの大統領選出を巡る3回目の議会投票もあり、こちらも波乱材料になるかもしれません。

執筆時(17時過ぎ)にギリシャの株式指数は5.9%ほど下落しており、市場は3回目の投票でも必要得票数の180を得られず、議会の解散総選挙を織り込みにいっているようです。

3月に任期満了を迎えるギリシャ大統領選出では政府与党が擁立するディマス元欧州委員が17日の第1回目の投票では必要得票数200に対して160票、2回目の23日の投票でも168票しか集まりませんでした。

現状のギリシャ議会は与党のND(新民主主義党)が127人、PASOK(前ギリシャ社会主義運動)が28人おり、1回目の投票ではこの155票と野党から5人が賛成に回り160票、2回目はさらに8人が賛成に回り168票が賛成に回りました。

3回目の投票では180票が必要であり、さらに12票の獲得が必要になります。

最大野党のSYRIZA(急進左派連合)は反ユーロ、反緊縮財政ですがが、ユーロ離脱までは主張しているわけではなく、ギリシャの借入金の利子の減免など緊縮財政の条件緩和を主張しており、29日の3回目の投票で、どれだけの野党議員が賛成に回るかがポイントになります。

少数野党も解散総選挙になると議席を維持できない可能性もあり180票の獲得は可能なのではないかと予想もありますが、株式市場を見ると解散総選挙を織り込みに行っているようです。

欧州株は全般的に下落していますが、それほど大きな下落でもなく、ユーロ/ドルもあまり動いていません。

【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

金曜日はドルが調整するのではと書いたのですが、ドル/円、ユーロ/ドルなどはドル買い。
オセアニア通貨が反発しています。

完全に底打ちしたかどうかまだわからないのですが、豪ドル/米ドルの0.8230~40、ニュージーランド/米ドルの0.7840~50を上抜けできるかどうかがキーとみています。

戦略としては、

豪ドル/米ドルの0.8120~30でロング、0.8080ストップ
ニュージーランド/米ドルの0.7740~50でロング、0.7700ストップとします。

【本日の重要経済指標】※日本時間


2日
24:00 12月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数
ニュージーランド(新年の翌日)、休場


ニュージーランド、オーストラリア、スイス、ドイツ、フランス、英国、カナダ、(以上、ボクシングデー)、香港(クリスマスの翌日)、南アフリカ(善意の日)、休場

経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators


12月26日 FXトレード戦略 ~ニューヨーク勢の動きを見てから~

【動画配信開始!】YEN蔵氏が来年の注目ポイントを解説!

2014-12-26_131127










セミナーご視聴は↑画像をクリック!

みなさんこんばんは、YEN蔵です

皆様クリスマスはいかがお過ごしでしたか?家族で、恋人たちと、あるいは同僚の方々などと楽しいひと時を過ごされましたか?

さて株式市場は新年度入りの雰囲気の中で、出遅れ中小銘柄などが上昇し、マザーズ市場の上昇が目立ちます。

来年の市場の先取りならば、来年は内需主導になるのでしょうか?

ただ今日発表された日本の経済指標はそれほど良くはありませんでした。

11月の消費者物価指数はコアCPIが前年比2.7%と10月から0.2%低下し、原油価格下落によるガソリンの下落などが原因になっています。

消費税分を除くと前年比0.7%と昨年9月以来の低水準です。11月の家計調査による実質消費支出は前年比2.5%減少で8ヶ月連続の減少。

ただ11月の商業販売では小売販売額が前年比0.4%増加と5ヶ月連続の増加と明るい兆しも。

11月の鉱工業生産は前月比0.6%減少と予想の0.8%増加を下回りました。

生産予測は12月が前月比3.2%上昇、1月が5.7%上昇と先行き期待感があります。

経済産業省は生産の基調判断を一進一退に据え置き。まさにまだら模様の経済指標で、原油価格の低下が来年以降の消費や生産を増加させるのかがポイントになると思われます。

一方で、為替のほうは、まだ海外勢がいないので小動き。

ドル/円も輸出勢の売りなどで120円台中盤がおさえられていますが、120円割れも機関投資家が待っているという噂もあり動きづらい展開ですね。

ユーロドルも1.21台の安値からやや反発して小動きになっています。

今日はニューヨーク勢の参入がありますが金曜日ですし、本格的に動きのでてくるのは来週以降ではないでしょうか。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

少しドルが調整されるのではないかと思うのですが、29日はギリシャの大統領選出の議会投票があり気になるところです。

ニューヨーク勢の動きを見てからですが、どちらかというとドル売り目線でみています。

12月の「YEN蔵のFX塾」がアップされています。

2015年相場の見所を、割と短期の目線で語っていますので、ご参考にどうぞ。


【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

ニュージーランド、オーストラリア、スイス、ドイツ、フランス、英国、カナダ、(以上、ボクシングデー)、香港(クリスマスの翌日)、南アフリカ(善意の日)、休場

経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators


12月25日 FXトレード戦略 ~クリスマスのマーケット~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

昨日の米国は米新規失業保険申請件数が28万件と強い数字でした。

あけて東京は、完全にクリスマスのマーケット。

参加者がいない感じですね。

日本株も全般的に売りがでて、後場から反発する銘柄がちらほらでした。本日が今年最終日にあたるので、節税のための損出しディールが出ているのでしょう。

明日のニューヨークマーケットから外人勢も参戦で、実質的に2015年のマーケットが開始となります。

株高、円安の流れとなるか。

銀行にいるときには24日、25日は世界中の市場がお休みになるので、世界中の支店のオーダーが集まります。

これは私のいた銀行だけではなく、他の外資系の銀行も同じでしょう。オーダーの数が半端でなく、普段トレードしない北欧通貨とかアジアとか南米の新興国通貨とかもオーダーが来るのですが、さすがにメジャー通貨でさえ動かないので、それらの通貨も動きません。

動いたら大変なことになりますが。

ということで、銀行のディーラーはこの日はとても多くのオーダーを見なくてはいけないので、マーケットが動かない割には忙しいのです。

それに大体外人はこの時期長い休みを取るので参加者自体も少なく、マーケットが動く要素もありません。

今日は、先ほどWebセミナー「YEN蔵のFX塾」の今年最後の収録を行いました。

来年に関しては今年同様に各国中央銀行の金融政策の違いが為替を動かしドル高が続くのではないかと思います。

短期的にはロシアの問題、ギリシャの選挙の問題などが波乱材料となります。

そこらへんのお話です。

あとは22日から岡三アクティブFXに追加されたユーロ豪ドル、ポンド豪ドルの通貨ペアについてお話しさせていただきましたので、ご覧になってみてください。

今日はこれで市場も明日の東京までクローズですのでスクエアーでいます。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

なし



【本日の重要経済指標】※日本時間

なし

ニュージーランド、オーストラリア、香港、シンガポール、スイス、ドイツ、フランス、英国、南アフリカ、カナダ、米国(以上、クリスマス)、休場






経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators


【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料