YEN蔵のFXトレードタイム

2014年09月

9月22日 FXトレード戦略 ~いかにユーロをマネージするか~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


ドル/円の109円台は売りがあるものの、108円台後半も断続的に支えられています。

東京時間では岩田・元日銀副総裁が、「円安が行き過ぎ」との発言もあり、一時108.65付近まで下落しましたが欧州序盤でロンドン勢のドル買いが炸裂しドル上昇となっています。

東京の株は休日前ということもあり日経平均は115円安の16205.90で終了しましたが、TOPIXは0.08%安、マザーズは0.12%安、JASDAQはむしろ0.56%高と株式全面安というわけでもありませんでした。

9月末を控えてドルの調達コストが上昇してドル/円買いの材料という要因もありますが、109.50からはかなりまとまった売りが出てきているようで109.50~110のゾーンはそう簡単には抜けないのではないかと思っています。



【トレード状況】

◆決済したポジション

ユーロ/米ドル 【売り】 1.28964ドル
→1.28398ドル 【決済】 +56.6ポイント 利益確定


◆保有中のポジション

ユーロ/米ドル 【売り】 1.28964ドル

豪ドル/米ドル 【売り】 0.89721ドル


【今後の戦略】

ユーロは金曜日のニューヨーク午後になって下げ幅を拡大し最初のターゲットの1.2830付近まで下落したので25%だけ利食いましたがまだショート継続中です。

今日は豪ドルが弱く、ユーロ/豪ドルの上昇となってしまいユーロも底堅くなってしまったのですが、豪ドル/米ドルが予定通り0.8870~80のターゲットまで落ちてきたので、今は様子を見ながら半分利食いを入れようかと思っているところです。

ユーロ/豪ドルが堅調なので、豪ドルのショートはキープしたいのですが、ユーロ/ドルのショートが悩ましいところで、ユーロ/豪ドルが前回高値の1.4430~40付近がサポートされてしまっているので1.4550~60付近まで上昇するかもしれません。

その場合ドル高の流れで豪ドルもユーロも落ちればいいのですが、ユーロ反発(1.29台前半は抜けないと思いますが)豪ドル下落になると悩ましいので、豪ドルのショートを維持しながら、いかにユーロをマネージするか。

今日の東京の高値1.2865~70を抜けるようならユーロのショートを一旦閉じます。



【本日の重要経済指標】 ※日本時間

19:00 プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
22:00 ドラギECB総裁、講演
23:00 9月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
23:00 8月米中古住宅販売件数
23:05 ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演


【今週の重要経済指標】 ※日本時間

24日
23:00 8月米新築住宅販売件数


26日
21:30 4-6月期米GDP確定値
08:30 8月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想)




経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators





岡三アクティブFXでは今月も高級グルメキャンペーンを継続です。

豪ドル円、ポンド円、ニュージーランド円、豪ドル、ポンドドル、ニュージーランドドルの取引量に応じて銀座の高級店のお肉がもらえます。

肉好きの私にはたまりません。

ハンバーグ用からすき焼き用の霜降り牛肉まで用意されていますのでチャレンジしてみてください。

ご好評につき第3弾!好評実施中!
対象通貨ペアも増えて、より参加しやすくなりました!

岡三アクティブFX銀座高級グルメプレゼントキャンペーン第3弾


2014-08-29_174012











応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ




9月19日 FXトレード戦略 ~ここからはドル上昇の流れに戻る~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

0919_scott


注目されたスコットランドの独立の是非をめぐる住民投票では、ハイランドと呼ばれる地域以外の開票が終わり、独立反対55.42%、独立賛成44.58%となり(上の図はBBCの開票速報)ポンドの上昇となりました。

開票結果が出る前から独立反対が優勢となり、早朝からポンドドルが上昇し1.6520付近まで上昇しました。

7月15日の高値1.7190付近から9月10日の安値1.6050の38.2%戻しが1.6485付近となりこのレベルを一時超えましたが独立が否決されると1.64台中盤に下落しています。1.6620~30付近が50%戻し隣、下落前にもみあったレベルで、その手前で反転しています。

東京市場ではポンド円の買いも目立ち109円を上抜けする原動力になりました。

ポンド円も2007年7月の高値251~2011年9月の安値116.80付近の38.2%戻しが168.20~30となり、ここが完全にサポートされた後50%戻しの184円付近を目指す動きになっています。

ドル円は109円台はヘッジファンドの買いなども見られましたが、輸入勢などが買っていたドルコールオプションがノックアウト(消滅条件が行使され)されたりしたものなどがあり、これらの買いも加速しています。


【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション

ユーロ/米ドル 【売り】 1.28964ドル

豪ドル/米ドル 【売り】 0.89721ドル



【今後の戦略】


ポンドとドル円、ということはポンド円が激しく動いており、ユーロ、豪ドルは蚊帳の外ですが予定通り反発局面でショートにしました。

ポンドがスコットランドという特殊要因での動きで、この材料が消化されたために、ここからはドル上昇の流れに戻ると思うのですが。


ユーロドルは下落時のサポートレベル1.293040がレジスタンスになったために、ストップは1.2940で、利食いのファーストターゲットを前回安値の1.283040レベル。

豪ドルは0.9010ストップで、今年3月に上昇前の安値0.887080付近をターゲットとします。


【本日の重要経済指標】 日本時間

21:30
 8月カナダ消費者物価指数
         
(CPI、予想:前月比横ばい/前年比2.1%)
          
食品とエネルギーを除くコア指数
         
(予想:前月比0.2%/前年比1.8%)
23:00  8
月米景気先行指標総合指数(予想:前月比0.4%)


経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators





岡三アクティブFXでは今月も高級グルメキャンペーンを継続です。

豪ドル円、ポンド円、ニュージーランド円、豪ドル、ポンドドル、ニュージーランドドルの取引量に応じて銀座の高級店のお肉がもらえます。

肉好きの私にはたまりません。

ハンバーグ用からすき焼き用の霜降り牛肉まで用意されていますのでチャレンジしてみてください。

ご好評につき第3弾!好評実施中!
対象通貨ペアも増えて、より参加しやすくなりました!

岡三アクティブFX銀座高級グルメプレゼントキャンペーン第3


2014-08-29_174012








応援よろしくお願いしますm(__)m


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ



9月18日 FXトレード戦略 ~ドル上昇の流れは継続でしょう~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

FOMC











注目されたFOMCはちょっとびっくりするぐらいドル買いが加速しました。

声明文は大きな変更がなく注目された「かなりの期間」の文言は据え置かれました。

前日のWSJ紙のヒルゼンラス記者の予想通りとなり、すでに市場に織り込まれていたような気がします。

市場のドル買いを加速させたのはFOMCメンバーが予想する適正な金利水準です。

チャートはFOMCメンバーが予想するFFレート(政策金利の誘導目標)のレベルを表したドットチャートです。

これによるとFFレートのターゲットレンジの中央値は2015年末が6月の1.125%から1.375%に、2016年末は6月の2.5%から2.875%に上方修正されており0.25%ずつの利上げならば利上げ1回分が前倒しになった感じになっています。

また2017年は3.75%となり長期の水準と一致したために2017年中に金利の正常化が行われる可能性が高くなりました。

声明文はややハト派的でしたが、この金利予想で市場は利上げ時期がやや早まるとの予想からドル買いが加速しました。

今まで2015年7~9月期ぐらいが1回目の利上げ時期と予想していたものが4~6月期に利上げが始まるのではないかとのイメージです。

ただ利上げ時期予想が早まったにもかかわらず、ダウは24.88ドル高、SP500は2.59ポイント高と株高になり、こちらは利上げ時期の前倒しをあまり気にしていないようです。

債券利回りは10年債利回りが2.594%から2.621%へ、2年債利回りは0.54%から0.568%に上昇し順当な反応でした。

【トレード状況】

◆決済したポジション

なし

◆保有中のポジション


なし

【今後の戦略】

ドル上昇の流れは継続でしょう。

ただドル/円の上昇が際立っており、ユーロ/円などのクロス円が上昇しています。

ユーロ/ドル、豪ドル/米ドルの戻り売りでいきたいと思います。


ユーロ/ドル1.2900~10 売り ストップ 1.2940

豪ドル/米ドル 0.8970~80 売り ストップ 0.9


≪ユーロ/ドル、豪ドル/米ドル 60分足チャート≫

ユーロ/ドル

EURUSD











豪ドル/米ドル

AUDUSD








【本日の重要経済指標】
※日本時間

21:30 前週分の米新規失業保険申請件数(予想:30.5万件)
21:30 8月米住宅着工件数(予想:103万7000件、前月比▲5.2%)
     建設許可件数(予想:104万件、前月比▲1.6%)
21:45 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
23:00 9月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数(予想:23.0)
未定   南アフリカ準備銀行(SARB)、
     政策金利発表(予想:5.75%で据え置き)

19日
02:00 米財務省、10年物インフレ指数連動債(TIPS)入札
06:00 フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演

米財務省2年、5年、7年債入札条件



経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators




岡三アクティブFXでは今月も高級グルメキャンペーンを継続です。

豪ドル円、ポンド円、ニュージーランド円、豪ドル、ポンドドル、ニュージーランドドルの取引量に応じて銀座の高級店のお肉がもらえます。

肉好きの私にはたまりません。

ハンバーグ用からすき焼き用の霜降り牛肉まで用意されていますのでチャレンジしてみてください。

ご好評につき第3弾!好評実施中!
対象通貨ペアも増えて、より参加しやすくなりました!

岡三アクティブFX銀座高級グルメプレゼントキャンペーン第3弾


2014-08-29_174012









応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


9月17日 FXトレード戦略 ~今晩のFOMCまでは~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

最近はどこの中央銀行も市場との対話を重視するために、あまりサプライズはなくなっていますが、中国人民銀行はときおりやってくれます。

昨日、中国人民銀行は国内5大銀行に計5000億元の流動性を供給とのニュースで豪ドルが急上昇しました。

短期流動性ファシリティーを利用した資金供給で預金準備率を0.5%引き下げる効果があると見込まれています。

実際に上海の短期市場では指標の7日物レポレートが前日の3.62%から3.25%に低下しています。

週末発表の中国8月の鉱工業生産は6.9%と7月の9%から低下し2008年12月以来の低水準になるなど中国の景気はスローダウンしています。

中国政府はむしろ経済の巡航速度が下がってもかまわないと見ているようで、今回の措置も期末や休日前(10月1~7日は国慶節)の資金需要、IPOに向けた資金需要に対応した措置のようです。

WSJ紙の著名Fedウォッチャーのヒルゼンラース記者は、フォワードガイダンスで「かなりの期間」という文言は維持されるだろうという観測記事を載せました。

今回の会合では出口戦略の方法に重点が置かれ、フォワードガイダンスの変更は次回会合に先送りされた模様という観測のようです。

先週の他の著名レポートでもフォワードガイダンスは据え置きとしており、コンセンサスは据え置き、波乱無し方向に傾いてきているようです。

これでかなり期間が削除されると金利の上昇、ドル高を招くでしょう。

金利の急騰や、かなりの期間を削除することによって将来の金融政策の幅が縮まり柔軟性が低下することはFedにとっては得策ではないので、やはり現状維持、波乱無しでしょうか。

イエレンFRB議長も言っているように(ジャクソンホール等)利上げの速度は経済状況次第、緩やかに市場のコンセンサスを誘導して波乱なく行いたいところ。

地政学的リスクなど何らかのショックで市場が混乱したときの糊代は残しておきたいところでしょう。



【トレード状況】

◆決済したポジション


なし

◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

豪ドルは残念でしたが、さすがに中国人民銀行の流動性供給までは予想できなかったのでしょうがないでしょう。

今晩のFOMCまでは動けないのでノーポジションとします。

予想通りかなりの期間が維持されて市場がタカ派的ではないと評価した場合に、どこまでドル売りが進むかがポイントになると思います。

それほどドル安にはならないと思うのですが、その場合ドル円が106.50~60がサポートされる場合、ユーロ/ドルの1.3020~30がレジスタンスになるか、豪ドルの0.9120~30がレジスタンスになるか注目しています。

このレベルが維持すればドル買い、ユーロ売り、豪ドル売りでいいと思うのですが、ここを抜けてドル安が進むようだと105円台、1.31台前半、0.92台前半ぐらいまでの調整になるのではないかと思っています。

FOMC後の動きでそこらへんのみきわめをしたいと思います。


【本日の重要経済指標】
※日本時間

21:30 8月米消費者物価指数(CPI、予想:前月比横ばい)
         エネルギーと食品を除くコア指数(予想:前月比0.2%)
21:30 4-6月期米経常収支(予想:1134億ドルの赤字)
23:00 9月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:56)

18日
03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
    (予想:0.00-0.25%に据え置き)
03:00 FOMC、月額長期国債購入額(予想:100億ドルに縮小)
03:00 FOMC、月額MBS購入額(予想:50億ドルに縮小)
03:00 FOMC、経済・金利見通し発表
03:30 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見



経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators




岡三アクティブFXでは今月も高級グルメキャンペーンを継続です。

豪ドル円、ポンド円、ニュージーランド円、豪ドル、ポンドドル、ニュージーランドドルの取引量に応じて銀座の高級店のお肉がもらえます。

肉好きの私にはたまりません。

ハンバーグ用からすき焼き用の霜降り牛肉まで用意されていますのでチャレンジしてみてください。

ご好評につき第3弾!好評実施中!
対象通貨ペアも増えて、より参加しやすくなりました!

岡三アクティブFX銀座高級グルメプレゼントキャンペーン第3弾


2014-08-29_174012









応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


9月16日 FXトレード戦略 ~おそらく107円を挟んだ展開~

みなさんこんばんは、YEN蔵です


地震にはびっくりしましたね。東日本大震災の悪夢が蘇りました。

東京株式市場の後場オープンの1分前という時間も非常に微妙な時間でした。

マーケットは地震の影響を受けずに日経平均は36円と小幅安で終了。

ドル/円も一時107.30付近まで反発し様子見ムードとなっています。

朝方輸出勢の売りなどで106円台後半に下落したドル/円でしたが、106円台も輸入勢の買いが控えており反発。

地震後やや下落しましたが107円がサポートしました。

先週お伝えしたように、107円台では一部ファンド勢がロングにしていたドルコールのオプションを利食ったためにドル売りのフローも出ました。

またFOMCを控えて1週間物のドルプット105~106付近を購入する動きもあったようで、ここからはFOMCまでは利食い先行の動きになっているようです。

日経平均も25日騰落レシオが122.59と金曜日の131.37からは低下しましたが、依然として高い水準。

RSIは74.2%と過熱感はそれほどないのですが、スピード調整が必要なレベルではないかと思います。

16000円の節目を前にしてスピード調整の足踏みというところでしょうか。

地震や利食いということでもう少し落ちてもいいかと思いましたが、意外と強いという印象を受けたのですが。

【トレード状況】

◆決済したポジション


豪ドル/米ドル 【買い】 0.90057ドル
→ 0.90019ドル【決済】 -3.8ポイント 損切り


◆保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

0.9のオプションが今週あるようで最初の0.9割れは買いではないか。

またユーロ/豪ドルが7連騰で下落前の1.44台(8月8日の1.4475~80が高値)にもどったのでユーロ/豪ドルの下落というアイディアで豪ドル/米ドル買ってみました。

ユーロ/ドルが1.29台後半に上昇したらユーロ/ドルを売ってユーロ/豪ドルのショートにするアイディアもあったのですがユーロの上昇もそこまで伸びず豪ドル/米ドルロング単体でしたが一旦スクウェアーにしました。

おそらくオプションエクスパイアリーの金曜日までは0.9を挟んだ展開になりそうです。

FOMCを前にして大きな動きはないと思います。

あえて新規のポジションは建てない予定です。

おそらく107円ばさみ、ユーロ/ドルは1.2900~70、豪ドル/米ドルは0.9ばさみという感じでレンジになるのではないでしょうか。


【本日の重要経済指標】 ※日本時間

21:30 8月米PPI(予想:前月比横ばい)
      食品とエネルギーを除くコア指数(予想:前月比0.1%)

17日
01:30 ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、講演
05:00 7月対米証券投資動向(予想:短期債を除く流入額250億ドル)

米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
国連総会開幕(ニューヨーク)



【今週の重要経済指標】 ※日本時間

17日
17:30 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨(3-4日分)
18:00 8月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
21:30 8月米CPI
         エネルギーと食品を除くコア指数

18日
03:00 FOMC、終了後政策金利発表
03:30 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
16:30 スイス国立銀行(中央銀行)、政策金利発表
21:45 イエレンFRB議長、講演
未定  南アフリカ準備銀行(SARB)、政策金利発表



経済指標のスケジュールはこちら!

bn_economic_indicators




岡三アクティブFXでは今月も高級グルメキャンペーンを継続です。

豪ドル円、ポンド円、ニュージーランド円、豪ドル、ポンドドル、ニュージーランドドルの取引量に応じて銀座の高級店のお肉がもらえます。

肉好きの私にはたまりません。

ハンバーグ用からすき焼き用の霜降り牛肉まで用意されていますのでチャレンジしてみてください。

ご好評につき第3弾!好評実施中!
対象通貨ペアも増えて、より参加しやすくなりました!

岡三アクティブFX銀座高級グルメプレゼントキャンペーン第3弾


2014-08-29_174012









応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ


【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料