YEN蔵のFXトレードタイム

2014年03月

3月24日 FXトレード戦略 ~ドル/円はブル~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

今日は、武部さんの動画「日替わり武部」にお邪魔しました。
セミナーの告知と相場状況をお話させていただきました。
2014-03-24_181204











米金利上昇によるドル高でドル/円が上昇。

しかし米国の利上げ時期前倒しは株の下落要因でリスクオフの円高で綱引きというのが先週のFOMC後のマーケットの膠着感を現していました。

今日はドル/円だけでなく、ユーロ/円も141円台中盤、豪ドル/円もレジスタンスだった93円付近を完全に抜けてクロス円でも円安が進行し、日経平均は251.07円高となり14475.30で終了しました。

TOPIXは+1.49%、マザーズ指数も+1.91%と日本株は前面高。期末、年度末の配当・優待取りの買いも出ているようですが、久々に為替と株が相関して動きました。

HSBC発表の中国3月の製造業PMIは48.1と2月の改定値48.5から低下5ヶ月連続の低下。

これを受けて豪ドルは0.91ドル付近から0.9045ドル付近まで下落しましたが欧州時間に入り0.91ドル台を回復、豪ドル/円も92.60円付近まで下落後、93.35円付近まで上昇してきています。

欧州株は小幅下落ですが、市場は円安でリスクオン的な動き。豪ドル/円は米雇用統計後の高値94.45円付近から下落後の戻り高値93.40~50付近まで反発してきており、ここら辺を完全に上抜けできるか、天井圏になるか重要なレベルです。


4月3日19時より岡三オンライン証券さんの武部さんと対談します。

「力蔵のガチンコ対談」です。

最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します。
視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください

--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!

YEN蔵氏と武部力也が対談
★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
2014-03-18_184250





詳細・ご視聴のお申込みはこちら
--------------------------


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

ドル/円 【買い】 101.53円

【今後の戦略】


ドル/円のロングは継続中です。

ドル円チャート









ドイツ、ユーロ圏の指標が弱くユーロが下落、クロス円も下落でドル/円も上値が重い状況に。

かろうじて30分足のボリンジャーバンド、21移動平均の102.45円あたりはサポート。

1シグマの102.30円付近を割れてくると102円付近まで押すかもしれません。

102.60~70付近が重ければ、一旦売ろうと思っていますが、基本はドル/円はブルのスタンスを継続しています。

≪ドル/円 60分足チャート≫

2014-03-24_193510















出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)



【本日の重要経済指標】
※日本時間


21:30 (米) 2月シカゴ連銀全米活動指数
    (前回-0.39 予想0.10)
22:00 (米) スタインFRB理事講演
24:00 (ユーロ圏) リンデ・スペイン中銀総裁講演
01:00 (英) ロンドンフィキシング
01:30 (加) レーンBOC副総裁講演



【今週の重要経済指標】 ※日本時間

25日
23:00 (米)2月米新築住宅販売件数

 

27日
21:30 (米) 10-12月期米国内総生産(GDP)確定値
未定 (南ア)南アフリカ準備銀行(SARB)、政策金利発表


28日
08:30 (日)2月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合)
18:30 (英)10-12月期英GDP確定値
21:30 (米)2月米個人消費支出(PCE)
      個人所得
      PCEコアデフレータ



応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ


株365












3月20日 FXトレード戦略 ~ドル/円ロングはキープ~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

もしこのまま株価が下落してしまうと、後世にイエレン・ショックとして語り継がれるでしょう。

昨晩のFOMCは予想通り、資産買い入れ枠縮小100億ドルが実施になったのですが、2つの点でサプライズがありました。

一つ目は金利引き上げのスピードです。

四半期ごとに公表される見通し資料で、FOMC参加者16人の将来の適切な政策金利の水準の予想で金利上昇の時期が早まりました。

2015年末の見通しの中央値が0.75%から1%に、2016年末の見通しが1.75%から2.25%に上方修正されました。

これで金利上昇の速度が今まで以上に早まったことになりました。

二つ目はイエレンFRB議長の発言です。

資産買入れプログラムが終了した後もかなりの期間、現在のFFレートのターゲットレンジを維持することが適切であるという声明文に対して「かなりの期間とは、どれくらいか?」との記者の質問に対して、イエレン議長は「6か月ぐらい」と答えました。

資産買い入れプログラムの終了がこの秋に見込まれているために、そこから半年ならば2015年春から利上げが開始となり、以前より利上げが前倒しになることになります。

フォワードガイダンスにおける数値目標の失業率6.5%は削除され、今後は総合的な判断をもとに判断するということになりました。

ダウは一時200ドル超の下落、米10年債利回りも2.77%となり、市場に激震が走りました。

開けて東京市場では14548.78(高値)で始まりましたが、寄り天井となりその後は下落し、後場から一段と下げ幅を拡大しました。

ドル/円が上昇したにもかかわらず日本株が上昇しないというパターンとなり、クロス円も上値が重く、今後為替と日本株の連動性も崩れてくるかもしれません。


4月3日19時より岡三オンライン証券さんの武部さんと対談します。

「力蔵のガチンコ対談」です。

最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します。
視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください

--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!

YEN蔵氏と武部力也が対談
★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
2014-03-18_184250





詳細・ご視聴のお申込みはこちら
--------------------------



【トレード状況】

決済したポジション

NZドル/米ドル 【売り】 0.86171ドル
→ 0.86241ドル 【決済】 
-7ポイント  損切り

残念としか言えません。

保有中のポジション

ドル/円 【買い】 101.53円

【今後の戦略】


ドル/円ロングはキープしています。

NZドル/米ドルは損切がついてしまいましたが、良しとします。

ドル/円は101.95~00が前回超えられなかったところなので101.85円にストップを置き、103円台を狙います。

13日の戻り高値102.80~85を抜けると103.20~30付近があるのではないかと思っています。

またNZドルの戻り0.8570~80あたりがあれば売ってみようかなと思っていますが、週末でもありドル/円だけにするかもしれません。

≪ドル/円 60分足チャート≫
2014-03-20_184726
















出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)



【本日の重要経済指標】
※日本時間


20:00 (英) 3月CBI製造業受注指数 (前回+3 予想+5)
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数
    (前回31.5万件 予想32.2万件)
23:00 (米) 3月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回-6.3 予想3.2)
23:00 (米) 2月中古住宅販売件数 (前回462万件 予想460万件)
23:00 (米) 2月景気先行指数 (前回+0.3% 予想+0.2%)
24:00 (独) ラウテンシュレーガー独連銀副総裁講演
01:00 (英) ロンドンフィキシング
01:30 (英)ウィール英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
02:00 (米) インフレ連動10年物国債入札(130億ドル)
05:00 (米) FRB 「銀行の年次ストレステストの結果発表」



応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ




株365


3月19日 FXトレード戦略 ~101円台のレンジトレード戦略~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ウクライナが終わったらFOMC待ちでなんとも主体性のないマーケットですね。

積極的に売る理由もない中で、買い材料にも乏しくじわじわと落ちるパータンが午前中のマーケットでした。

一説よると人民元の1ドル=6.2元にデリバティブが絡むトリガーがあり、これをつけるとおそらくリスクオフ的な動きになるとの思惑からドル/円の売り、日経平均の売りなどを仕掛けていた短期筋が、人民元が6.2元をつけても何も起こらないので買い戻したという話も聞こえてきました。

また黒田日銀総裁が国際通貨研究所で講演するので、そこで追加緩和について述べるのではないかとの思惑もドル/円の反発材料になりました。

たいした話は出てきませんでしたが、先ほど黒田日銀総裁の「日本の拡張的な金融緩和の継続や米国の量的緩和縮小は日本や世界経済に良いこと」と述べてドル/円はじわりと上昇しました。

結局101.20円に損切りがあると噂されていたものの、101.30円がかたく、ドル/円がショート気味になって日経平均が14302.37まで下落しましたが、昨日の安値14203.21がサポートされて(先物は14210円まで下落しましたが、ナイトセッションの安値14190円がサポートされて)反発。

おそらくアルゴリズムトレードが出たものと思われます。

本日のFOMCでは100億ドルの緩和縮小が予想されています。

焦点はフォワードガイダンスをいじってくるかどうか。

現在、失業率の6.5%が数値目標になっていますが、現在の失業率が6.7%、すでに失業率の目標が意味を成さなくなっています。

これを6とか5.5%に下げるのか。

通常の失業率でなく、パートタイマーも含めたU6失業率や労働参加率などを加味した他の数値目標を採用するのか。

イエレンさんの専門は労働経済学です。

デビュー戦でどのような道筋をつけるのか注目されます。

買い入れ枠縮小はドル買い材料ですが、ガイダンスがハト派的と受け止められれば、リスクオン的な動きが加速し株高、円売りになり、どちらかというとドル/円は上昇しやすい可能性もあるかと思われます。

【トレード状況】

決済したポジション

NZドル/米ドル 【売り】 0.85966ドル
→ 0.86239ドル 【決済】 
-27.3ポイント  損切り

保有中のポジション

NZドル/米ドル 【売り】 0.86171ドル
ドル/円 【買い】 101.53円

【今後の戦略】


NZドルは売りなおしました。

0.86ドルの前回高値がサポートしていますが、ここを抜ければ0.8560~70付近までは下落すると見ています。

深追いせずにストップは0.8620ドルに置いてショート継続。


ドル/円の101.30円がサポートされましたが、まだ中期的に底打ちしたかどうかは確信が持てません。

FOMC前に101.70~80があれば売って101.30~40でもう一度買い101.20円ストップで回転させようかと思います。

はっきり方向感が出てこない中で、決めうちは難しいので、101.30~101.80のレンジトレードで回していこうと思います。

≪NZドル/米ドル 60分足チャート≫
NZドル














≪ドル/円 60分足チャート≫
ドル円














出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)



【本日の重要経済指標】
※日本時間


20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回-2.1%)
21:30 (米) 第4四半期経常収支
    (前回-948億USD 予想-880億USD)
21:30 (英) オズボーン英財務相、議会証言
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+618.0万バレル)
20日
01:00 (英) ロンドンフィキシング
03:00 (米) FOMC政策金利発表
    予想 0.00-0.25% 現行 0.00-0.25%
03:00 (米) FOMC政策月額長期国債購入額
    (予想:300億ドルに縮小)
03:00 (米) FOMC政策月額MBS購入額
    (予想:250億ドルに縮小)

03:00 (米) FRB
    「経済及びフェデラルファンド金利見通し公表」
03:30 (米) イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長会見
06:45 (NZ)GDP(第4四半期)
     予想 0.9% 前回 1.4%(前期比)



応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ



--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!

YEN蔵氏と武部力也が対談★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
2014-03-18_184250





詳細・ご視聴のお申込みはこちら
--------------------------



株365


3月18日 FXトレード戦略 ~20時のプーチン氏発言に注目~

【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!

YEN蔵氏と武部力也が対談★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
2014-03-18_184250





詳細・ご視聴のお申込みはこちら
--------------------------
みなさんこんばんは、YEN蔵です

東京市場では、昨晩ウクライナに対する欧米の制裁が予想を下回るものであったために、ダウが大幅上昇を受けて株高、円安の流れになりました。

プーチン氏に近い人々の渡航禁止や海外資産の差し押さえというものでしたが、予想された120~130人に対してEUが21人、米国が11人となり、これらの人々の海外資産もあまりなく制裁は形だけのものの印象を受けました。

欧州時間に入りプーチン・ロシア大統領がクリミアのロシア編入は合法と承認したことで、欧米の追加制裁の可能性もあり、この問題が再び緊迫化したことでリスクオフ的な動きで欧州序盤が始まりました。

ただプーチン・ロシア大統領が日本時間の20時に演説をするために、ここでの発言次第では再び動きが出てくる可能性があります。

欧米は制裁に動いていますが、今のところ制裁は限定的で外交的な解決を目指しており、ロシアサイドも、昨日はドル建ての株価指数RTSが4.9%、ルーブル建ての株価指数MCXが3.7%上昇し、ルーブルも対ドルで1.1%、対ユーロで0.9%戻していることを見ると、ウクライナ問題の解決がロシア経済にとっても欧米以上にプラスなことがわかります。

ボールは欧米サイドというよりはロシアサイドにあるようで、ロシアとしてはクリミヤのロシア帰属で現状維持を狙っていくのではと考えています。

ロシアとしては、2月21日にヤヌコビッチ・ウクライナ前大統領と野党・EUで合意した5月の大統領選を含めた和平協定まで戻れれば御の字、現状維持の狙いに行くのではないかと思っています。

というよりは現状維持されれば、市場の反応は限定的になり、関心は明日のFOMCでのイエレン発言に移っていくのではないでしょうか。

いずれにせよプーチン・ロシア大統領の演説後の動きを見てポジションを作りたいと思います。


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

プーチン発言後に101円割れがあったとしても100.50~60がサポートされるようであれば100円ストップでロング構築。

NZドル/米ドルが0.85ドル台後半に上昇すれば、0.8580~90でショート構築、0.8610ドルでストップ。

いずれも演説後の動きを見て決めたいと思います。


≪ドル/円 60分足チャート≫


2014-03-18_191735











≪NZドル/米ドル 60分足チャート≫

2014-03-18_191843













出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)



【本日の重要経済指標】
※日本時間


19:00 (独) 3月ZEW景況感調査 (前回55.7 予想52.0)
19:00 (ユーロ圏) 3月ZEW景況感調査 (前回68.5)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 【前月比】
     (前回+0.1% 予想+0.1%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 【コア:前月比】
    (前回+0.1% 予想+0.1%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 【前年比】
     (前回+1.6% 予想+1.2%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 【コア:前年比】
    (前回+1.6% 予想+1.6%)
21:30 (米) 2月住宅着工件数
     (前回88.0万件 予想91.1万件)
21:30 (米) 2月建設許可件数
    (前回94.5万件 予想96.0万件)
21:30 (加) 1月製造出荷 (前回-0.9% 予想+0.6%)
22:00 (米) 対米証券投資(1月)
    (予想 300億ドル 前回 -459億ドル)
24:55 (加) ポロズBOC総裁講演
02:45 (英) カーニーBOE総裁講演
06:45(NZ)貿易収支(第4四半期)
    (予想 -15.30億NZドル 前回 -47.80億NZドル)
●米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
●プーチン露大統領、クリミア問題を巡る議会証言




応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ






株365


3月17日 FXトレード戦略 ~ウクライナ情勢を見ながらの~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ウクライナ問題でクリミア自治共和国の帰属問題は住民投票が行われ、95.5%がロシアへの帰属を求めたが、ここまでは織り込み済みと思われる。

WSJ紙がガスパイプラインを確保するため、ウクライナ本土に侵攻していたロシア軍が一部撤退との報道で、ウクライナ問題の鎮静化期待からややリスクオンの動きになっている。

先週末までで、住民投票の実施、ロシアへの帰属まで織り込んでいたので、今後の米欧の追加制裁が予想通りであれば、ウクライナだけを材料にここから売り込む可能性はそう高くないのではないか。

先週の予想では、プーチン・ロシア大統領に近い人間や重要人物120~130人をピックアップして渡航制限や海外資産の凍結を行うというもの。

さらに第三弾では、武器禁輸や経済制裁の拡大が予想されるが、今の時点では影響は限定的で、沈静化に向けた対話が期待される。

むしろここまで売り込んで、ウクライナ問題に解決(これ以上悪くならないというレベルも含めて)の兆しが見えると意外に反発があるのではないかと思われる。

日経平均の14000円、ドル/円の100.50~101のゾーンは依然として重要なサポートレベルとなる。

ここがサポートできれば、14000~15000、101~104のレンジを継続するのではないかと思われる。


【トレード状況】

決済したポジション

米ドル/円  【買い】 102.012円
→101.389円 【売り】 -62.3ポイント 損切り


保有中のポジション

なし

やはりドル/円のロングはやや早すぎた。
101.50円を完全に割れたので損切り。


【今後の戦略】



ウクライナ情勢を見ながらの動き。

101円がサポートされるようならば、101.20~30でロングを構築したいが、今日は様子見とする。

≪ドル/円 60分足チャート≫

2014-03-17_181952











出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)


【本日の重要経済指標】
※日本時間


21:30 (米)3月米ニューヨーク連銀製造業景気指数
    (予想:6.75)
22:00 (米)1月対米証券投資動向
    (予想:短期債を除く流入額300億ドル)
22:15 (米)2月米鉱工業生産指数(予想:前月比0.2%)
23:00 (米)3月全米ホームビルダー協会(NAHB)
    住宅市場指数(予想:50)
18日
24:00 (独)バイトマン独連銀総裁、講演



【今週の重要経済指標】 ※日本時間

17日
19:00 (ユーロ)2月ユーロ圏消費者物価指数
    (HICP) 改定値

18日
21:30 (米)2月米消費者物価指数(CPI)
         エネルギーと食品を除くコア指数

19日
18:30 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
    (2月5-6日分)
20日
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、
    終了後政策金利発表
03:30 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、
    定例記者会見
17:30 (スイス)スイス国立銀行(中央銀行)、
    政策金利発表




-----------------------
オンデマンド配信中!2月26日開催WEBセミナー
YEN蔵のFX塾 デイトレ集中講座!
2014-02-27_163232








ご視聴はこちら
-----------------------

応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ



 にほんブログ村 為替ブログへ



株365


【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料