YEN蔵のFXトレードタイム

2014年03月

3月31日 FXトレード戦略 ~102.50円ストップで買い~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

かつては年度末の3月31日には、大きなフローが入り市場を動かすことがありました。

9時55分の東京仲値数分前に大きなフローが持ち込まれて大きく動くこともあったので市場関係者は当日のフローの情報集めを結構行いましたが、最近は年々そのようなフローがなくなり今年の東京時間のわずか15銭ほどとさえないものでした。

欧州、ロンドンが週末から夏時間に切り替わったために、ロンドン8時のフィキシングが東京の16時になり、ドル/円がやや上昇してきたのは一部フローがあったのかもしれません。

ロンドン16時のフィキシングも24時に変わり、欧州がらみの指標の発表も1時間早くなりますから、皆さんも気をつけてください。

金曜日は米10年債利回りが前日の2.682%から2.72%に上昇したことで、102.60~70の前回レジスタンスレベルを上抜けしたことでストップが上昇を加速させました。

欧州序盤で米10年債利回りは2.746%まで上昇してきておりドル/円は103円付近まで上昇しており底堅く推移しています。

期末のフローも期待されましたが、日経平均は0.9%上昇、TOPIXは1.38%の上昇となり、より広範囲に日本株が上昇しました。

JASDAQは0.8%上昇、マザーズは0.24%の上昇となり本日は大型株中心の上昇となりました。

今週は多くのイベントがあり、イベント次第だと思いますが、先週から株価、円がらみが徐々に上昇してきて、なんとなくリスクオン的な動きになっていますが、この流れが継続できるのかどうか、日本株、円がらみにとっては新年度入りなので期待したいところです。

【トレード状況】

決済したポジション

なし 

保有中のポジション

ドル/円 【買い】 102.734円

レジスタンスを抜けてきたので飛び乗りました。

【今後の戦略】


ドル/円、クロス円、株価が堅調な流れが今週も継続するのではないかと思っています。

103円にはまだ売りがあるようで抜けられませんが、102.50~60がサポートできれば103円台中盤ぐらいまで上昇するのではないかと思っています。

103.50円のオプションが結構大きいので、そこまで上昇すれば103.50円を挟んだ動きになるかもしれません。

102.50円ストップで、3月7日の雇用統計の高値103.70~80付近での利食いを狙いたいと思います。

ECB理事会を前に緩和期待で下落してきたユーロ/米ドルですが、1.37ドルと1.3750ドルのオプションは1ヤード(1000億ユーロ)以上あるようで、このオプションの影響もあり1.37ドル付近は止められています。

ECBまでにこのオプションの影響でレンジになるのかどうか、見極めながら1.37~1.38のレンジトレードも考えています。

≪ドル/円 60分足チャート≫

2014-03-31_180246













※出所: 岡三アクティブFX .NET取引画面


【本日の重要経済指標】 ※日本時間

21:00 (南ア) 2月南アフリカ貿易収支(予想:40億ランドの赤字)
21:30 (加)  1月カナダGDP(予想:前月比0.4%)
22:10 (ユーロ圏) ベイリー・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁、講演
22:45 (米) 3月米シカゴ購買部協会景気指数(予想:59.5)
22:55 (米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
1日
02:15 (ユーロ圏)カーニーBOE総裁、講演


【今週の注目経済指標】 ※日本時間

1日
08:50 (日) 日銀・企業短期経済観測調査
    (短観、3月調査)
12:30 (豪) 豪準備銀行(RBA)政策金利発表
14:30 (印) インド中銀、金融政策決定会合
23:00 (米) 3月米サプライマネジメント協会(ISM)
    製造業景気指数

3日
20:45 (ユーロ圏) 欧州中央銀行(ECB)定例理事会、
    終了後政策金利発表
21:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁、定例記者会見
23:00 (米) 3月米サプライマネジメント協会(ISM)
    非製造業指数

4日
21:30 (加) 3月カナダ雇用統計
21:30 (米) 3月米雇用統計





4月3日19時より岡三オンライン証券さんの武部さんと対談します。

「力蔵のガチンコ対談」です。

最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します。
視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください。

--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!
2014-03-18_184250





YEN蔵氏と武部力也が対談
★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
--------------------------





応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ


3月28日 FXトレード戦略 ~ユーロの戻りを狙い~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ドル/円は相変わらず冴えませんが、株価のほうはジワリと上昇しています。

日経平均は0.5%高、TOPIXは0.8%、マザーズは4.7%の上昇と中小小型株の上昇が目立ちました。

ここら辺の株価の上昇と高金利通貨の上昇を見るとリスクオン的な動きに見えますが、ドル/円とユーロ/円が上昇してこないのでピンと来ない感じですが。

米国のテーパリングが着々と進み、利上げ時期が早まるということはリスクオフなのですが、世界的に株価は堪えています。

昨日は豪ドル、NZドルも上昇しましたが、南アフリカランドや、カナダドルも上昇し、さらにはオセアニア、資源国通貨が上昇していることが気になります。

来週のECBに向けて金融緩和観測がくすぶる中で、ユーロ売り、オセアニア買いは続くと思うのですが、1日のRBA理事会があり、ここで豪ドルけん制発言が出る可能性もあるので、ここからさらにユーロ/豪ドルを売ることは躊躇しました。

RBA→ECB→米雇用統計と来週は材料が満載で、刻々と市場が変化する可能性があるので、メイントレンドはユーロ下落、オセアニア上昇がまだ続いていると思いますが、戻り売りスタンスで臨みたいと思います。

かなり遠くなってしまいましたが、ユーロ/豪ドルの1.5ドル付近を売れれば最高です。

ユーロ/豪ドルが1.5ドルというとユーロ/ドルが1.38で売れて、豪ドル/米ドルが0.92ドルで買えないと無理なので、これはさすがに虫が良すぎるかもしれません。


4月3日19時より岡三オンライン証券さんの武部さんと対談します。

「力蔵のガチンコ対談」です。

最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します。
視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください。

--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!
2014-03-18_184250





YEN蔵氏と武部力也が対談
★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
--------------------------

【トレード状況】

決済したポジション

なし 

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】


ユーロ/ドルの1.3720ドル付近は2月3日の安値1.3535~3月13日の高値1.3965の50%戻しになり61.8%は1.3660~70で、この1.37ドルばさみは、いったん反発があってもおかしくないレベルだともいます。

その意味でユーロの戻りを狙いユーロ売り、オセアニア買いンポジションを作りたいのですが、どのレベルというのユーロと豪ドル、キウィのそれぞれに位置によって変わってきます。

・ユーロ/米ドルの1.3740~50、1.3780~90レベル 
・豪ドル/米ドルの0.9240~50、0.9200~10レベル
・NZ/米ドルの0.8650~60、0.8600~10レベル

そのレベルが止められるようならユーロの売り、豪ドル、あるいはキウィの買いというイメージで見ていますが、週末でもあり、ポジションは作らないかもしれません。

あくまでこんなイメージーのトレードということです。




【本日の重要経済指標】
※日本時間


19:00 (ユーロ)3月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値)
21:30 (米)2月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.3%)
     個人所得(予想:前月比0.3%)
     PCEコアデフレータ(予想:前月比0.1%)
22:00 (米)3月独消費者物価指数(CPI)速報(予想:前月比0.4%)
22:55 (米)3月米消費者態度指数
    (ミシガン大調べ、確報値、予想:80.5)

29日
01:55 (米)ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、講演
02:30 (独)バイトマン独連銀総裁、講演






応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ


株365












3月27日 FXトレード戦略 ~今度落ちたらロング構築~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ドル/円が動かないこと、日経平均が14000円台前半から中盤でうろうろしていることで、すっきりしない相場が続いています。

ただ冷静に見るとファンダメンタルズに沿った形で動いています。

まずFOMC後のドル買いですがユーロが下落していることで、ドルはオセアニア通貨に弱いのですがユーロには強く、そのためにドルインデックスは80台前半で推移しています。

一昨日ECB当局者の追加緩和に対する発言、昨晩オバマ大統領がブリュッセルでロシアが今のスタンスを続けるのならロシアは孤立化し追加制裁の可能性があると発言したことでウクライナ問題はやはりくすぶり続けているためにユーロ売り。

昨日の豪ドルの上昇に続き本日はNZドルが上昇しています。豪ドルに引きずられている部分もあると思われますが、スペンサーRBNZ副総裁が、クライストチャーチでの復興がインフレリスクを高めている、輸出企業は高いNZドルに対応できるとコメントしたことで上昇しています。

結局、ドルは中立、ユーロ安、オセアニア高、円は欧州に対しては円高、オセアニアに対しては円安とまちまちの動きになっています。




4月3日19時より岡三オンライン証券さんの武部さんと対談します。

「力蔵のガチンコ対談」です。

最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します。
視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください。

--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!

YEN蔵氏と武部力也が対談
★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
2014-03-18_184250





詳細・ご視聴のお申込みはこちら
--------------------------


【トレード状況】

決済したポジション

なし 

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】


豪ドルは0.9240~50にはまとまった売りがあり、0.9250ドルを超えるとストップのようですが、0.92ドル台前半は買いがあるようです。

NZドルも昨年4月の高値0.8675ドル付近に顔合わせとなりました。

豪ドル/NZドルはNZドルの上昇で1.0740ドルから1.0640ドルまで下落していますが、1.06ドル台前半は上抜けする前のレジスタンスだったので、ここがサポートされるのであれば、豪ドルがニュージーランドをフォローして上昇するのか、あるいはNZドルが少し調整するのか見極めたいと思います。

豪ドルを0.92ドル台で拾うか、0.9250ドルを完全に抜けたらロングに行くか、どちらを狙いたいともいます。

その場合0.9250ドル抜けで買えばストップは0.92ドル、0.9200~20付近で変えれば0.9160ドルストップで臨もうと思います。

またドル/円ですがやはり前回レジスタンスだった101.70~80がサポートされました。ロングにできませんでしたが、今度落ちたらロング構築、101.40円ストップで臨もうと思います。



≪米ドル/円 60分足チャート≫
2014-03-27_183129













出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)



【本日の重要経済指標】
※日本時間


21:30 (米) 週次新規失業保険申請件数
     (前回32.0万件 予想32.5万件)
21:30 (米) 第4四半期GDP・確報値 [前期比年率]
    (前回+2.4% 予想+2.7%)
21:30 (米) ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演
23:00 (米) 2月中古住宅販売成約 [前月比]
    (前回+0.1% 予想0.2%)
24:30 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁「討論会出席」
01:00 (英) ロンドンフィキシング
02:00 (米) 7年債入札(290億ドル)
03:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
03:00 (ユーロ圏) ノワイエ仏中銀総裁講演
● (南ア) SARB政策金利発表 (予想:5.50%で据え置き)
● 米伊首脳会談






応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ


株365












3月26日 FXトレード戦略 ~今はユーロ/豪ドルで動いている~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

ドル/円が動かない中で元気がいいのが豪ドル/米ドルとユーロ/米ドルです。

どちらも当局者の発言で大きく動いています。

昨晩の発言を順番に見ていくと、

【バイトマン・ドイツ連銀総裁】
量的緩和を完全に排除するわけではない → ユーロ売り材料

【マクチ・スロバキア中銀総裁】
必要なら量的緩和に反対しない、年末までにユーロは下落する潜在的可能性 → ユーロ売り材料

【ビスコ・イタリア中銀総裁】
今のところデフレリスクなないようだ → ユーロ買い材料

【リーカネン・フィンランド中銀総裁】
マイナス預金金利のドアは開かれている →ユーロ売り材料

【ドラギECB総裁】
・必要なら追加手段を講じる用意がある → ユーロ売り材料

・デフレのいかなる証拠も見られない。ユーロ高は信頼感の回復によるもの、為替レートは政策目標ではない → ユーロ買い材料

【バイトマン・ドイツ連銀総裁】
デフレリスクは非常に弱い、現在のユーロ相場は金融政策の措置は必要ない → ユーロ買い材料


一人で両方の発言をしている人もいて、結局ショートカバーされてユーロ/米ドルは1.38ドル台に反発しました。

今日はスティーブンスRBA総裁の香港での講演。

ファーストショットは豪ドル高は嫌だという発言がなかったので、豪ドルの上昇に火が付きました。

インフレ見通しは中期的な見通しに合っている。

豪ドル相場はファンダメンタルズ次第、交易条件の悪化に伴い豪ドルが下落しなければ驚き(ここでややジャブを入れて豪ドル安をけん制していますが、依然の「不快なほど豪ドルが高い」からは随分後退しています)。

結局、NZドルが利上げサイクルに転換したことで、RBAの利下げは難しくなり、とりあえず中立でしのいでいくという戦略になったのではないでしょうか。




4月3日19時より岡三オンライン証券さんの武部さんと対談します。

「力蔵のガチンコ対談」です。

最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します。
視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください。

--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!

YEN蔵氏と武部力也が対談
★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
2014-03-18_184250





詳細・ご視聴のお申込みはこちら
--------------------------


【トレード状況】

決済したポジション

豪ドル/米ドル 【売り】 0.91393ドル
→0.91726ドル 【決済】 -33.3ポイント 損切り 

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】


昨日の豪ドル/米ドルのショートトライは失敗でした。

0.9150~60超えは途転のチャンスだったのですが、0.92ドル付近が50%戻しで(0.9757~0.8660)一度止められるのではないかと思い躊躇してしまいました。

ユーロ/豪ドルも重要サポートの1.5ドルを抜けてしまい、豪ドル全面安になっているので、豪ドルのショートをどこかで取りたいと思います。

戦略としては、0.9140ドルストップで0.9170~80の押し目を拾いたいと思います。ターゲットとしては昨年11月の安値0.9270~80、61.85戻しの0.9330~40です。

ユーロ/豪ドルも売ってみたいのですが、1.3810ドル あたりでユーロ/米ドルを売り、0.9210 ドルあたりで豪ドル/米ドルを買えれば1.4994豪ドルでユーロ/豪ドルの売り合成ポジションです。

こんな風に都合よくいきませんし、証拠金2倍で、ストップもバラバラなので難しいのですが、このような感覚が重要です。

今のマーケットはユーロ/豪ドルで動いていますから、ユーロ/豪ドルを見ながらそれぞれの通貨をトレードするのもありだと思います。

あとは、ドル/円の102.20~50でレンジトレードをやるかもしれません。
≪豪ドル/米ドル 60分足チャート≫
2014-03-26_190801














≪米ドル/円 60分足チャート≫
2014-03-26_190434













出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)



【本日の重要経済指標】
※日本時間


21:30 (米) 2月耐久財受注 【前月比】 (前回-1.0% 予想+0.8%)
21:30 (米) 2月耐久財受注 【前月比:除輸送用機器】 (前回+1.1% 予想+0.3%)
21:30 (米) 米国株式市場
22:00 (ユーロ圏) リンデ・スペイン中銀総裁講演
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+585万バレル)
27日
01:00 (英) ロンドンフィキシング
02:00 (米) 5年債入札(350億ドル)
06:45 (NZ) 2月貿易収支 (前回+3.06億NZD 予想+6.00億NZD)
●米・EU首脳会談(ブリュッセル)




応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ


株365















3月25日 FXトレード戦略 ~ドル円、豪ドル戦略~

みなさんこんばんは、YEN蔵です

為替市場は完全に膠着状況になってしまいました。

日経平均は52円安の14423.19円で終了。株式市場も14500円を挟んで小動きになってしまいました。

後場から新興市場が崩れ、欧州序盤はクロス円も下落しましたが、豪ドル/円は反発。

ユーロ/ドル、ユーロ円も狭い範囲で上下しています。

先週のFOMCを経て、今週は月、火と市場がまだFOMCを消化しきれていないという印象を受けます。

東京市場は期末、年度末の影響もあり、日本株とドル/円は3月末という要因が重なっている可能性もありますが、世界的にはウクライナ情勢がやや沈静化する中で、FOMCの結果を消化しきれていないと思われます。

ただボラティリティが下がってきて、レンジになってきましたが、そろそろレンジブレークの動きも出てくるのではないかと思われます。




4月3日19時より岡三オンライン証券さんの武部さんと対談します。

「力蔵のガチンコ対談」です。

最近の方向感のない相場はどうなるのかといったことを話します。
視聴者プレゼントもありますので、ぜひご覧ください。

--------------------------
【WEBセミナーのお知らせ】 4月3日(木)19:00スタート!

YEN蔵氏と武部力也が対談
★視聴者プレゼントあり!
【力蔵のガチンコ対談】~米雇用統計対策と4月以降の相場展望~
2014-03-18_184250





詳細・ご視聴のお申込みはこちら
--------------------------


【トレード状況】

決済したポジション

ドル/円 【買い】 101.53円
→102.201円 【決済】 +67.1ポイント 利益確定


保有中のポジション

豪ドル/米ドル 【売り】 0.91393ドル

【今後の戦略】


ドル/円はまだ上昇トレンドとみていますが、102.60~70を超えられないので一旦利食いました。

102円割れがあれば、101.50円ストップで101.70~80付近でロングで入りたいと思います。

豪ドル/米ドルは0.9150~60を抜けられずにいます。

10月23日の高値0.9756ドルから1月24日の安値0.8773ドルの38.2%戻しの0.9070~80付近がサポートされ、50%戻しが0.9200付近、0.9160~70を抜ければ0.92ドルをトライしに行くと思うのですが0.9140ドル付近でショートにしてみました。

スクリーンショットは岡三さんの画面です。

2時過ぎにロウRBA副総裁が口先のコメントを述べましたが、その時間は日本株も見ているので、このニュースフラッシュ(黄色の丸)は結構役に立ちます。

これで売ったわけではないですが、0.9150~60の重さが気になり、ストップ0.9170ドルでショートメークしてみました。

とりあえずターゲットは38.2%戻しの0.9070~80付近です。

news













≪ドル/円 60分足チャート≫


2014-03-25_193004













≪豪ドル/米ドル 60分足チャート≫

2014-03-25_193147














出所:岡三アクティブFX取引画面(.NET版)



【本日の重要経済指標】
※日本時間


20:00 (英) 3月CBI流通取引調査 (前回+37 予想+28)
22:00 (米) 1月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 【前年比】
     (前回+13.42% 予想+13.3%)
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 (前回46.8万件 予想44.5万件)
23:00 (米) 3月消費者信頼感指数 (前回78.1 予想78.6)
23:00 (米) 3月リッチモンド連銀製造業指数 (前回-6 予想+4)
01:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
01:00 (英) ロンドンフィキシング
01:30 (ユーロ圏)  バイトマン独連銀総裁 会見
02:00 (米) 2年債入札(320億ドル)
05:00 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演





応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ


株365












【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料