YEN蔵のFXトレードタイム

2013年09月

9月30日 FXトレード戦略 ~雇用統計、延期か?~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

米財政問題がドル/円を押し下げ、日経平均も300円超の下落になりました。

米国は10月1日から新会計年度が始まりますから、予算案の合意がないと政府機関の閉鎖があり得ます。

27日に民主党が過半を占める上院では11月15日まで政府機関の業務継続ができる暫定予算を通過させました。

これに対し29日に共和党が過半を占める下院では12月15日まで業務継続ができる暫定予算を通過させました。

こちらはオバマケア(医療保険制度改革法)の1年間執行停止が含まれており、こちらの暫定予算はオバマ政権か上院に拒否されることは確実です。

このような状況で政府機関のシャットダウン(閉鎖)が現実的になり、安全保障、治安維持社会保障費給付などの業務は継続されますが、国立公園の職員などは一時休暇となり閉鎖されます。

前回政府機関が閉鎖されたのはクリントン政権下の1995年12月16日から翌年1月6日までで、この時予定されていた1月5日の米雇用統計の発表は1月16日に延期されました。

今回延期になるとすれば10月11日か18日になるかもしれません。
閉鎖時のドル/円は政府機関閉鎖の影響はほとんどありませんでした。


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

アジア時間はドル売りというより、むしろリスクオフで円買いとなりました。

しかし豪ドル、ドル/円も反発しましたが、シドニーでギャップを開けた上限あたりがレジスタンスになっています。

ドル/円は明日を控えて動きづらいのでしょうが、97.50円からは買いもあるようですが、98.25円、98.30円、98.50円にもオプションエクスパイアリー(期日到来)があるので上値も抑えられるのではないかと思っています。

豪ドル/円でギャップの上限の91.40~50を超えたあたりで一度ショートを作ろうかと思います。
91.60~70で売り 91.90円でストップ。

91.90円が9月25日の安値、91.70~80付近が1週間のフィボナッチの38.2%戻しであることも91円台中盤から後半でショートメークする材料です。

≪豪 ドル/円 60分足チャート≫
0930チャート











※出所:岡三アクティブFX取引画面



【本日の注目経済指標】※日本時間

21:00 (南ア) 8月貿易収支 (前回-142億ZAR 予想-135億ZAR)
22:45 (米) 9月シカゴ購買部協会景気指数 (前回53.0 予想54.0)
23:30 (米) 9月ダラス連銀製造業活動指数(前回+5.0 予想+5.0)
01:00 (ユーロ圏) メルシュECB理事講演


【今週の注目経済指標】※日本時間

10月1日
08:50 (日) 日銀・企業短期経済観測調査(短観、9月調査)
13:30 (豪) 豪準備銀行(RBA)政策金利発表
23:00 (米) 9月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数

10月2日
20:45 (ユーロ) ECB定例理事会 終了後政策金利発表
21:30 (ユーロ) ドラギECB総裁、定例記者会見

10月3日
23:00 (米) 9月ISM非製造業指数

10月4日
未定   (日) 日銀金融政策決定会合(終了後、内容発表)
15:30 (日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

21:30 (米) 9月米雇用統計 ※延期の可能性あり・・・


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ  FXランキング

9月27日 FXトレード戦略 ~今日は要人発言に注目~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

週末を控えて、ますます小動きになってきました。

昨日のGPIFの話で99円台を攻めましたが、やはりそのレベルは重く98.50~99のレンジが続いています。

99.20円にはショートのストップがあるようですが99.20円、99.50円(規模は1ヤード=1000億ドル)には今日オプションのエクスパイアリー(期日到来)があるようで、この影響で99円台はオプションに絡む売り(いわゆるガンマ)がかぶさってくるので99円中盤抜けは特別なニュースがなければ今日は無理でしょう。

また99.75~100円も来週にかけてエクスパイアリーがあるようです。
あいからわらず98.50円からは輸入勢から買い、98円台前半は投資家の買いも噂されているようです。

材料的には、週末に米国財政問題の決着がどうなるのか波乱材料になる可能性もあります。

今日は大きな指標はありませんが、ローゼンレーグ、エバンス、ダドリー地区連銀総裁の発言があるので、ティーパーリング絡みで注目しておくことが必要でしょう。

今日の日経平均は小幅下落でしたが、30日の月末、10月1日の短観、消費税増税があるのかどうか、来週に向けて動きが出てくるのではないでしょうか。

昨晩は多くの方にセミナー参加いただき、またいろいろチャットでご質問いただきありがとうございました。引き続きいただいた質問などはこのブログで答えていきたいと思います。

オンデマンド配信開始!(9月26日収録WEBセミナー)
【YEN蔵のFX塾】増税判断直前スペシャル!

オンデマンド










ご視聴は画像をクリック

【トレード状況】

決済したポジション

ドル/円 【売り】98.898円(9/27 3:00頃)
→98.582円 決済 +31.6ポイント


99円台で売れなかったレンジ継続とみてショート98.50円もかたいので利食い

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

週末を控えて、やはり小動きになるだろう。

ドル/円は98~99のレンジが続いており、98.40~50もサポートされ98.50~99と期待薄。
米財政問題の動きもあり、週末のポジションは控えたい。

≪ ドル/円 60分足チャート≫
0927チャート










※出所:岡三アクティブFX取引画面



【本日の注目経済指標】※日本時間

21:00 (独) 9月消費者物価指数・速報 【前月比】
      (前回0.0% 予想+0.0%) 
21:00 (独) 9月消費者物価指数・速報 【前年比】
        (前回+1.5% 予想+1.5%) 
21:30 (米) 8月個人所得 【前月比】
           (前回+0.1% 予想+0.4%)
21:30 (米) 8月個人支出 【前月比】
           (前回+0.1% 予想+0.3%)
21:30 (米) 8月PCEデフレーター 【前年比】
           (前回+1.4% 予想+1.2%)
21:30 (米) 8月PCEコア・デフレーター 【前月比】
           (前回+0.1% 予想+0.1%)
21:30 (米) 8月PCEコア・デフレーター 【前年比】
           (前回+1.2% 予想+1.2%)
22:55 (米) 9月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
           (前回76.8 予想78.0)
03:00 (米) ダドリー・NY連銀総裁講演
           (ハト派:2013年FOMC投票権有り 2014年有り)

応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ  FXランキング

9月26日 FXトレード戦略 ~ドル/円レンジ戦略~

本日20:00スタート!当日のご視聴申し込みも可能!
WEBセミナー【YEN蔵のFX塾】 増税判断直前スペシャル
2013-09-26_165816





詳細およびご視聴のお申込みはこちらから
----------------------

皆さんこんばんは、YEN蔵です

米国は財政赤字問題、債務上限引き上げが足かせで、ダウは5日続落。
そのあおりを受けてか、日本も前場では株もドル/円も下落しました。

しかし、法人減税引下げやGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のポートフォリオ見直しに関する報道を受けて一転、日経平均は178円高14799円で終了。

ドル/円も99円台を一時回復となりました。

GPIFは我々の年金を運用する機関で、資産総額は約120兆円。

ここがポートフォリオを1%動かすだけで1.2兆円の資金が流入(流出)します。

これからインフレを目指すということで、債券偏重から株式に組み替えていくという期待が株高につながったのでしょう。

あとは毎度お騒がせの、米財政問題。

なんとか週末までの落としどころを探る動きになりそうなので、週末財政問題進展、10月1日消費税+減税となるとリスクオンが加速する可能性もあるのかと思っています。

その場合は「倍返しだ~!」になるかもしれません。

今日は20時からWEBセミナーです。今日も質問にお答えします。

Q:
ドル/円の為替で105円説有りますが何処まで円安はアメリカ他先進20カ国が許容するでしょうか。

A: (YEN蔵)
先週もヘッジファンドが105円のドルコール(ドルを買う権利)オプションを物色していました。

105円を超えてくると外野の声は出てくるかもしれませんが、まだ105円は許容範囲じゃないでしょうか。

むしろ105円を超えて110円ぐらいになった場合は、諸外国からの批判もそうですが、物価上昇が心配です。



【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

年金をどう運用するかという政府の有識者会議で、ポートフォリオは見直しが必要とのコメントが報道され、
「buy on rumor sell on fact(噂で買って、事実で売る)」になってしまいました。

引き続き、ドル/円は98~99円のレンジの動きと見て逆張りで行きたいと思います。

98.10~20ゾーンで買い、97.90ストップ。
99.10~20ゾーンで売り、99.40ストップ。


≪ ドル/円 60分足チャート≫

0926チャート










※出所:岡三アクティブFX取引画面




【本日の注目経済指標】※日本時間

21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数
       (前回30.9万人 予想32.5万人) 
21:30 (米) 第2四半期GDP・確報値 【前期比年率】
       (前回+2.5% 予想+2.6%) 
21:30 (米) 第2四半期個人消費・確報値【前期比年率】
       (前回+1.8% 予想+1.9%)
21:30 (米) 第2四半期GDPデフレーター・確報値【前期比年率】
       (前回+0.8% 予想+0.8%)
21:30 (米) 第2四半期コアPCEデフレーター・確報値
       【前期比年率】(前回+0.8%)
22:20 (ユーロ圏) メルシュECB理事講演
23:00 (米) 8月中古住宅販売成約 【前月比】
       (前回(前回-1.3% 予想-1.0%) 
23:10 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
23:10 (米) スタインFRB理事講演
27日
01:15 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演
       (ハト派:2013年FOMC投票権無し 2014年有)
01:35 (米) ピアナルト米クリーブランド連銀総裁、講演
       (中間派:2013年FOMC投票権無し 2014年有)
02:00 (米)米7年債入札(290億ドル)


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ  FXランキング

9月25日 FXトレード戦略~ドル/円はレンジでの逆張り~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

なんとなく今日の天気と同じような、はっきりしない相場が続いています。

季節は雨が降るごとに秋に使づいていき、過ごしやすいといえば過ごしやすいのですが、相場のほうの季節替わりは株安、円高?というほどでもないですがやや力不足感です。

ドル/円、クロス円の上値は重く日経平均は112円安の14620.53で終了。

岡三オンライン証券の伊藤さんも書かれていますが、騰落レシオ118.09、25日移動平均線との乖離が+5.4%となると少し調整局面と思われます。

25日移動平均線との乖離は上昇でも加工でも10%を超えると天井、底打ちのパターンの目安にしています。

明日のWEBセミナー「増税判断直前スペシャル」に向け質問をいただいています。

Q:
米量的緩和の縮小によってどの程度のドル高になるのか、お聞きしたいと思います。
また、円安基調は今後も続くのか、その見通しや前提条件についてお教えください。

A: (YEN蔵)
ティパーの開始と(セミナーでも触れますが)日銀の資金供給でマネタリーベースが急増しています。これはドル/円を支える材料になり、中期的には96~97円がサポートされいずれ100.50~101のレジスタンスを試しに行くと思います。

【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし

【今後の戦略】

ややリスクオフ的な円高の動きになっている。

ただ98.50割れでも、98円台前半に買い需要もあるようで、ここから売り込むのは難しいと思われる。

ドル/円は98.20~99.90のレンジが予想され、デイトレであれば、逆張りで臨みたい。

大きなトレンドは期待できないので、あくまでデイトレベースの動きとみている。

豪ドル/円もダウントレンドだが91.60~70は重要なサポートラインと思われ、1週間ベースのフィボナッチが位置しており、ストップを91.45円に置き、91.60~70でのロングで臨みたい。


≪ 豪ドル/円 60分足チャート≫

0925チャート









※出所:岡三アクティブFX取引画面




【本日の注目経済指標】※日本時間

20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+11.2%)
21:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
21:30 (米) 8月耐久財受注 【前月比】 (前回-7.4% 予想-0.1%) 
21:30 (米) 8月耐久財受注 【前月比:除輸送用機器】 (前回-0.8% 予想+1.1%) 
23:00 (米) 8月新築住宅販売件数 (前回39.4万件 予想42.0万件) 
23:30 (米) 週間原油在庫(前回-436.8万バレル)
24:00 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁講演
02:00 (米)米5年債入札(350億ドル

-【明日9/26(木)開催WEBセミナー】-----
YEN蔵のFX塾 増税判断直前スペシャル
seminar_0926_180x80




詳細およびご視聴のお申込みはこちらから
-------------------


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ  FXランキング

9月24日 FXトレード戦略 ~方向感が出ない動きの中で~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

東京は3連休でしたが、マーケットも連休気味で今月最大のイベントFOMCを過ぎましたが、マーケットは総じて静かなイメージです。

FOMCで資産買い入れ枠縮小は延期されて、リスクオンにはなったけど、10月か12月にはティーパーが下賜される可能性があり、あまりイケイケではしゃげないというところでしょうか。

さすがにニューヨークダウは20日の高値15709.58ドルから昨日は15368.25ドルまで下落しましたが、20日のメジャーSQを通過。先週18日までで、バンカメ・メリルリンチによれば株式ファンドへの流入が週間では260億ドルと過去最高になりました。

日経平均も14607.27円まで下落しましたが、引けにかけては下落幅を縮小し9円安で終了、配当取りの買い、前場TOPIXが1%超の下落で日銀のETF買いの噂などもありました。

東京の仲値が余剰で売られた流れに株価もフォローしましたが、ドル/円の98円台中盤は輸入税からの買いもあり再びサポート。

98円台前半には本邦機関投資家からの買いの噂もあり、98円台中盤もかたくなり99円を挟んだ小動きになっています。

99円、99.40円にはまとまったオプションのピンがあり、その影響で99円を挟んだ動きになってしまっている可能性もあります。

26日のセミナーが迫っています。今日もいただいた質問にお答えします。

Q:
増税が決まると円安が進んでいる事もあり、中小企業の利益を低下させ倒産する会社も増えると考えます。

現在、上場企業は上向いていると言われていますが、それを少なからず中小企業が支えていると考えます。

なので、増税さらなる円安 になった時 政治はどの様な対策を実行すると思いますか?YEN蔵さんの考えを教えて下さい。

A: (YEN蔵)
私も中小というか小企業の経営者ですが、確かに消費税の税率アップは気が重いです。

特に下請け企業などの場合、発注側に価格アップを飲んでもらえるかどうか、なかなか難しいでしょう。

今回は消費税率アップの価格への転嫁、景気の縮小を支える政策が間に合うかどうかでしょう。

私のセミナーフィーも価格転嫁できるように、お願いしてみます。

冗談はさておき、セミナーでは1997年の前回の消費税率アップの時の中小企業の動向の資料などもお見せして、今回と比較してみるつもりです。
ご期待ください。

-【9/26(木)開催WEBセミナー】-----
YEN蔵のFX塾 増税判断直前スペシャル
seminar_0926_180x80




詳細およびご視聴のお申込みはこちらから
-------------------


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし


【今後の戦略】

方向感が出ない動きになっています。

豪ドル/米ドル、NZドル/米ドルともに、FOMC後の上昇のスタート付近まで下落してきています。

豪ドル/米ドルは0.9350~60、NZドル/米ドルは0.8240~50がサポートできるかどうか注目しています。ここがサポートできれば、0.9340~50、0.8340~50付近までの反発が期待できます。

サポートレベルで買い、抜ければ損切り、目の前で見ていればショートにターンしてもいいかもしれません。

いずれにせよ、このレベルがサポートできるかどうかが、オセアニア通貨のキーになるでしょう。

≪ 豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル 60分足チャート≫

0924チャート













※出所:岡三アクティブFX取引画面


【本日の注目経済指標】※日本時間

20:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
20:30 (ユーロ圏) クーレECB理事、リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
21:30 (加) 7月小売売上高 【前月比】 (前回-0.6% 予想+0.5%) 
21:45 (英) タッカーBOE副総裁講演
22:00 (米) 7月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 【前年比】
      (前回+12.07% 予想+12.40%) 
22:00 (米) 7月住宅価格指数 【前月比】 (前回+0.7% 予想+0.8%) 
22:30 (米) ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演
    (中間派:2013年FOMC投票権無し:2014年有り)
23:00 (米) 9月リッチモンド連銀製造業指数 (前回14 予想12) 
23:00 (米) 9月消費者信頼感指数 (前回81.5 予想80.0) 
01:30 (ユーロ圏) メルシュECB理事講演
02:00 (米) ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演
      (中間派:2013年FOMC投票権有り:2014年無し)
02:00 (英) ビーンBOE副総裁講演
02:00 (米) 米2年債入札(330億ドル)


【今週の注目経済指標】※日本時間


25日
23:00 (米)8月新築住宅販売件数
26日
17:30 (英)4-6月期国内総生産(GDP)確定値
21:30 (米)4-6月期GDP(確定値)
27日
08:30 (日)8月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合)
08:30 (日)9月東京都区部CPI(生鮮食品を除く総合)
21:30 (米)8月米個人消費支出(PCE)



応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ  FXランキング
【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料