YEN蔵のFXトレードタイム

2013年07月

7月24日 FXトレード戦略 ~損切りの話~

今日は、「損切り」の話をラフに書きます。
皆さんこんばんは、YEN蔵です

7月30日は岡三オンライン証券さんでWEBセミナー【損切り徹底講座】を行います。

皆さんもうお申込みになりましたか?まだ申し込んでない?残り席わずかですよ!!て、WEBなのでそれはないですから、ゆっくり申し込んでいただいて結構ですよ。

さて今回はトレードする人間にとっては永遠のテーマ『損切り』です。

ま~、トレードはエントリー、エクジット(めでたく利食いか、あえなく損切りか)なので、エントリーとエクジットは最重要というか、その二つしかないのですが、じつは「待つ」という第3の道のもあるのですが、それはまた今度・・・。

相場はいつでもエントリーできるので、間違った方向を持っていると、せっかくの大相場を逃したり、もちろん投資資金を無駄に失うことになります。

何度も相場にチャレンジするため、資金を守るためには損切りは絶対に必要なことです。


損切りできない理由としては、損失がでてしまいこれを確定できない「現実逃避型」と、自分の考えが正しいに違いないという自分のポジションに対する「惚れ込み型」の二種類に分かれると思います。

どちらも、もう一人の自分をイメージして、第三者の立場で現実を見つめてください。

ここで全部書いてしまうと、セミナーのネタ切れになるので、損切りできない人は、エントリー時に損切りオーダーを同時に入れてください。

少なくともエントリーするときには私のいつも言っているシナリオを作って、損切り場所、エントリー場所を決めてからエントリーしてください。

【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

NZドル/米ドル 【売り】 0.79980ドル (7/23 11:00頃)


0724ポジション











出所:岡三アクティブFX 取引画面

【今後の戦略】

今、私の持っているポジションは、NZドル/米ドルのショートです。

0.79980ドルで売って、キープ中です。

損切りは0.80250ドルに入れてあります。
0.8005~10が何度も止められて重たいので、ここを抜けると0.81とみているので0.8005~10を抜けたら損切りです。

利食いの第1ターゲットは0.7930~35、第2ターゲットは0.79ドル。
最近の上昇トレンドが終わったとすれば0.78ドルぐらいまで狙えるのではとみています。

ブログを書いている現在0.7945~50まで下落していますので、下落後に抜けなかった0.7975~80まで戻したら0.7985で買い戻そうと思っています。

下落傾向がでているのですが0.7975~80抜けたら0.8005~10でもう一度チャレンジすると思います。

また抜けなければ、その時売ればよいので、0.7975~80抜けでは一度少額でも利益確保で買い戻そうと思います。


この様に大雑把なシナリオを立てて、オーダーを調整していく作業はとっても重要なので心がけていただければ、確実に投資力が上がると思います。


それでは30日お楽しみに。

詳しくはこちら↓↓↓
0730WEBセミナー




≪NZドル/米ドル 60分足チャート≫
0724chart










出所:岡三アクティブFX 取引画面



【本日の注目経済指標】※日本時間


20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-2.6%)
23:00 (米) 6月新築住宅販売件数
    (前回47.6万件 予想48.4万件)
23:00 (米) 6月新築住宅販売件数 【前月比】
    (前回+2.1% 予想+1.7%)
25日
02:00 (米) 米5年債入札(350億ドル)
06:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート
     (予想:2.50%で据え置き)


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ   FXランキング


7月23日 FXトレード戦略 ~選挙後のドル/円と日経平均~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

日経平均は+120.47円の14778.51円で終了。

高値圏で堅調に推移しているが、売買代金は2兆0864億円と低水準で、ここから一段の上昇にはエネルギー不足が感じられる。

ドル/円は、やはり100円台が一旦高値となり99円台前半まで下落したが99円台前半がサポートされている。

参議院選挙後の利食いがドル/円では出ているが、株式のほうはそのような感じでもないのだが。

本日アジア株式は堅調でハンセンは+2.3%、上海総合も+2%弱の上昇、欧州株式市場も小幅上昇している。

バーナンキ議長の議会発言以降は株式市場も落ち着きドル売りの流れになっている。

この流れで欧州通貨、オセアニア通貨は堅調だが、この流れが続くかどうかがポイントとみている。


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

NZドル/米ドル 【売り】 0.79980ドル (7/23 11:00頃)


0723chart_2








【今後の戦略】

冒頭でも書いたが、ここのところのドル売りの流れが止まるのかどうか見極めたい。

NZドル/米ドルは0.8010~20付近がレジスタンスとみて売ってみたが、0.81ドル付近まで反発する可能性も残っている。
0.8020ドル超えでストップを置きショートを継続する。

0.81ドルまで売り上がるという戦略もあるが、これはあまりお勧めしない。
一度締めて0.81ドル付近が抜けなければ、再度ショートエントリーをする戦略。

ドル/円は、昨日書いた100円台前半までの反発がなかったために、ショートエントリーはできなかったが、想定通り99.50~60を抜けると99円台前半に下落した。

99.60~70のレジスタンスが抜けてきて一旦99円前半のサポートを確認したので、100円前半ぐらいまで上昇するのでは考えている。

≪ドル/円60分足チャート≫
0723chart











【本日の注目経済指標】※日本時間


21:30 (加)小売売上高_5月
    (予想:前月比0.4%/自動車を除く前月比0.4%)
22:00 (米)住宅価格指数_5月(予想:前月比0.8%)
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業景気指数_7月(予想:9)
23:00 (ユーロ圏)消費者信頼感指数_7月(速報値、予想:▲18.3)
24日
02:00 (米)米財務省、2年債(350億ドル)入札
05:00 (米)アップル第3四半期(4-6月期)決算
    (予想:1株利益7.305ドル)


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ   FXランキング


【WEBセミナー YEN蔵のFX塾 損切り徹底講座】
2013年7月30日(火)19:30~21:30 視聴お申込み・詳細はこちら↓↓↓
0730WEBセミナー 



7月22日 FXトレード戦略 ~予想通りの展開~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

さすがに自民単独過半数とはならなかったが、自公で過半数を維持し2007年以降の衆参両院のねじれを解消した予想通りの選挙だった。

そのためにオープンではドル/円、株とも高値を付けたが、その後は利食いに押されて下落となったのもある程度予想通り。

衆参のねじれを解消したことにより、今までの政治の停滞の原因であった決められない政治が決められる政治になったわけだ。

もちろん政権にその意思があればの話だが。

いままで2006年に小泉元首相が退任して以降、日本の首相はほぼ1年ごとに変わっており、その原因の一つが衆参のねじれ現象だった。

その原因がなくなり、しかも現在、安部首相はG7の首脳の中で唯一70%近い支持率をほこる人気政権になっている。

衆参両議院を自公の与党が過半数を抑え、支持率の高い首相に期待が集まるのは当然だろう。

外国人投資家も政治の安定を重視するために、短期は別として中長期的な日本株への投資は継続されるのではないだろうか。

とはいえ市場はセルザファクト、日経平均も6月26日から16営業日で16.6%上昇しており高所恐怖症気味。


【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

なし


【今後の戦略】


ドル/円100.20~30付近は短期的レジスタンス、99.60~100.20のレンジになるのではないか。

99.60、抜ければ99円付近がサポートとみており、短期的には下値を試しに行くのではないだろうか。

100.20~30があれば100.50ストップで売りたいが、利食いどころは99.50~60、あるいは99付近。

≪ドル/円60分足チャート≫

0722chart











出所:岡三アクティブFX取引画面


【本日の注目経済指標】※日本時間


23:00 (米)6月米中古住宅販売件数
(予想:前月比1.4%/予想525万件:前回518万件

【今週の注目経済指標】※日本時間

23日
21:30 (加)5月小売売上高

24日
23:00 (米)6月新築住宅販売件数


25日
06:00 (日)ニュージーランド準備銀行(RBNZ)、政策金利発表
17:30 (英)4-6月期英国内総生産(GDP)速報値


26日
08:30 (日)6月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合)
08:30 (日)7月東京都区部CPI(生鮮食品を除く総合)


【WEBセミナーのご案内】

【WEBセミナー YEN蔵のFX塾 損切り徹底講座】
2013年7月30日(火)19:30~21:30 視聴お申込み・詳細はこちら↓↓

0730WEBセミナー 





応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ
 にほんブログ村 為替ブログへ   FXランキング

7月19日FXトレード戦略 ~参院選後の相場状況は~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

日経平均は10時20分から突然急落し、一時14413.28円まで急落した。
おそらく株先物と債券先物か何かのアルゴリズム取引がでたのではないかと思われる。

ドル/円も朝方100.85円付近を付けた後に100円まで急落し、日経平均主導での下落となった。

昨日は米国の経済指標が強くドル/円は100円台を固めた。

7月のフィラデルフィア連銀・製造業景気指数は6月の+12.5から+19.8に上昇し、2011年3月の36.1以来の高い数字になった。

週末は参議院選挙。
下馬評では自民党の勝利、自公で過半数となっている。

そうなった場合は、今まで政治停滞の原因の一つになった衆参のねじれが解消される。

中長期的に見ればねじれの解消で、法案の通過が容易になり政策すすめやすくなる。

不安定な政権で首相がころころ変わるようなことがなくなり、安倍政権が経済政策に真剣に取り組めばプラスになる可能性がある。

しかし中長期的でそうであっても、短期的には織り込み済みで株安、円高ということもあり得るので、月曜日以降の流れを注視したい。

【トレード状況】

◆決済したポジション
英ポンド/米ドル 【売り】 1.52026ドル(7/18 10:00頃)
→1.52152ドル 【決済】 -12.6ポイント
(損切り)

英経済指標が強かったためにポンドは反発してしまった・・・。

アジア時間1.5205~10が重かったためにショート、そのうえで損切りと、指標前でも持ち値付近で損切りが入れられるレベルだったために、指標前に50ポイントほど評価益が出ていたが、そのままにした。


保有中のポジション
なし

【今後の戦略】


本日は週末、また、選挙は水ものなので、ノーポジという戦略で臨みたい。

0719_4通貨











【本日の注目経済指標】※日本時間


19:00 (ユーロ圏) ECB、来週のLTRO
     (3年流動性供給オペ)資金早期返済額 
21:30 (加) 6月消費者物価指数 【前月比】 
    (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30 (加) 6月消費者物価指数 【前年比】
    (前回+0.7% 予想+1.2%)

7/20(土)
●20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ)

7/21(日)
●第23回参議院議員通常選挙・投開票


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ


 にほんブログ村 為替ブログへ   FXランキング

【WEBセミナー YEN蔵のFX塾 損切り徹底講座】
2013年7月30日(火)19:30~21:30 視聴お申込み・詳細はこちら↓↓↓
0730WEBセミナー 



7月18日 FXトレード戦略~今日はポンドを狙う~

皆さんこんばんは、YEN蔵です

昨晩のバーナンキFRB議長の下院での発言はハト派的なトーン。

当然でしょう・・・。

昨日書いたように、先週ハト派的なトーンの発言で火消に走り、市場の動揺を抑えようとしたのですから、また今週タカ派に戻ったらマーケット関係者から信頼を失います。

ちょっと気になる発言は、インフレ率や失業率に関する部分。失業率が6.5%になったからと言って政策金利を引き上げる条件とは言えない。

インフレ率の低下はリスクで良く監視して、必要であれば行動すると述べた。

要するにこれからの金融政策は経済、指標次第で特に失業率やインフレ率の監視は必要と述べたことで、議長はいまだ完全に経済の回復に確信が持てていない可能性も。

為替と株はあまり反応しませんでしたが、米10年債利回りは前日の2.53%から2.49%に低下、2年債、5年債の利回りも低下。

ちなみに、今週号の週刊エコノミストは『新興国】特集・・・なかなか面白いです。

【質問回答コーナー】
6/27に開催したWEBセミナーでいたいだご質問にお答えします。

Q:YEN蔵さんは為替専門家ですが株とFXどちらが好きですか?

A(YEN蔵):
どちらもトレードします。株は個別とオプション。

昨年10月以降、株高、円安のトレンドなので少なくとも両方の動きをみておく必要があります。
この8ヶ月間はどちらもチャンスがあったので、両方トレードしていました。

今週は参議院選があり、今日の日本株は上昇。
米インテルやIBMの決算で売上が予想を下回るなどの影響やアジア株の影響を受けない動きで、明らかに選挙を意識した動き。

明日と、来週は選挙結果を受けどのように動くか注目しています。

【トレード状況】

決済したポジション

なし

保有中のポジション

英ポンド/米ドル 【売り】 1.52026ドル
(7/18 10:00頃)

6月17日の高値(1.5750ドル)~7月9日の安値(1.4810ドル付近)の50%戻しが1.5280ドル。1.4810ドルでいったん底打ちしたが、このレベルを抜けられずに下落

ユーロ/ポンドも0.86ポンド付近がサポートされているのでショートを構築。

英小売売上高は前月比+0.2%(予想0.3%)、前年同月比+2.2%(予想1.7%)と前年同月比は予想を上回り上昇、ショートカバー中。

【今後の戦略】


ポンドは1.4810で中期の底打ちの可能性もあるが、再度ショートで1.50~1.5050付近をターゲットに継続。
ストップは持ち値(1.52026ドル)の少し上1.5215ドルに入れショート継続中。


【本日の注目経済指標】※日本時間


20:15 (米)モルガン・スタンレー・4-6月期決算発表
21:30 (米)週間新規失業保険申請件数 (前回36.0万件 予想:34.5万件)
21:30 (加)5月卸売売上高 【前月比】 (前回+0.2% 予想+0.3%)
23:00 (米)7月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回12.5 予想8.0)
23:00 (米)6月景気先行指数 【前月比】 (前回+0.1% 予想+0.3%)
23:30 (米)バーナンキFRB議長「上院議会証言」
未定 (南ア)SARB政策金利発表 (予想:5.00%で据え置き)


応援よろしくお願いします(*^・ェ・)ノ

 にほんブログ村 為替ブログへ   FXランキング


【WEBセミナー YEN蔵のFX塾 損切り徹底講座】
2013年7月30日(火)19:30~21:30 視聴お申込み・詳細はこちら↓↓↓
0730WEBセミナー 



【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料