YEN蔵のFXトレードタイム

9月29日トレード戦略~資源国通貨ロング ~


YEN蔵の日経225先物テクニカル分析講座
bn_seminar_yenzo_300x60


みなさんこんばんは、YEN蔵です。

昨晩はOPECの非公式会合で11月の正式会合で産油量を日量3250万バレルに制限することで合意したとの報道が流れました。

WTIは47ドル台に上昇。

資源国通貨の上昇を受けて全般的にリスクオンの流れとなりドル円も101円台を回復しました。 


OPECの決定は短期的にリスクオンの流れを加速させました。

また12月のFOMCでも利上げができないのではとの観測もあり、利上げの延期は米国株を支えてリスクオンの流れを継続させる可能性が高いので今後もFedの動きは注目材料です。 
 

今週週初はドイツ銀行の経営不安問題から欧州を中心に世界的に銀行株が下落したことで株式指数は下落しリスクオフの流れとなりましたが、しかし昨晩のOPECの決定でリスクオンやや優勢という流れになっている。 

ただ101円台後半から102円台にかけては輸出勢の売りの需要もあるようで、そう関単に102~103円付近を上抜けできるとも思えないです。

FOMCでの利上げがまだ不透明な中ではドル売りのトレンドは継続しており、ドル売りのトレンドが変わったとも思えないのですが。 


<取引>
ドルカナダ【新規売】 1.31571 
ドルカナダ【決済買】 1.30967  
60.4ポイント利益 
ドルカナダ【新規売】 1.30941 


<戦略>

昨晩は夜中に原油生産制限の報道が出たことで資源国通貨が上昇。

ドルカナダを売ってみましたが、利食いがちょっと早すぎました。 

OPECの合意に関しては11月の正式会合で合意のためにまだ不透明な要素があり、当のWTIが47ドル台で止まっており、まだ不透明要素もあります。 
 

豪ドルのロングは継続、ストップは0.7640 利食いは0.7750~60を抜けるかどうかで見極め 。

ドルカナダは昨晩利食ったレベルで再度売りました ストップは1.3135、利食いは1.30付近  

資源国通貨ロングとします。





【今週の主な経済指標】


9/29(木)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)

29:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

9/30(金)
8:30 日 8月 全国消費者物価指数(CPI)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)
18:00 EU 9月 消費者物価指数(HICP、速報値)
21:30 加 7月 月次国内総生産(GDP)
21:30 米 8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/
 

【キャンペーン実施中!】 
logo_221x28

岡三アクティブFXの取引をはじめるなら今がチャンス!
fx_20160901_362x133

好評につき延長決定!!おトクに口座開設できる! 
プレス用(株365 3000円)


スプレッドがさらにタイトになった「くりっく365ラージ」をおトクに取引できます!
プレス用(くりっく日計り)



bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


9月28日トレード戦略~米債券利回り低下でドル安気味~



みなさんこんばんは、YEN蔵です。

ドイツ銀行を巡る欧州銀行株、欧州株の動きは昨日も神経質な動きとなりました。

大統領候補TV討論会でヒラリー氏が優勢となり安心感が広がったこともあり、欧州の下げも小幅に留まりましたが、この問題はまだまだ続きそうです。
 
債券利回りは低下し10年債利回りは1.546%まで低下し9月8日以来の水準になり1.56%付近で終了しました。

やはり欧州の銀行問題などのリスク要因は債券の買い材料になっています。

そして米国債利回りの低下はドルの上値を重くしています。
 
やはりマーケットはリスクを嫌うので手堅いヒラリー氏フェーバーというところで大統領候補討論会の優勢でダウは133ドル高となり堅調な動きとなりました。

またコンファレンスボードが発表した9月の米消費者信頼感指数は104.1となり、予想の99を上回り2007年8月以来の高水準となったことも株高の材料になりました。
 
ドル円は朝方短期筋が下攻めしましたが、100円付近のオプションがらみの買いなども厚く、月末・半期末の応答日となり仲値に向けて買いも出て100円台中盤での推移となっています。
 
日経平均は200円を越す下落ですが、配当落ち分が115円ありますから実質100円超の下落で昨日の上昇分を帳消しという感じです。

メガバンクが3%超の下落となり銀行株への売りが目立ちます。

一方でマザーズ指数は1%超の上昇で新興市場が元気がいい感じですね。
 

<取引>
豪ドル買い 0.76567

<戦略>
ドル円は100円付近は来週の火曜日まで30億ドルほどオプションがあるので、また輸入の買いもあるようで一筋縄ではいきません。

昨日も書きましたが100~101.50のレンジでレンジトレードをしています。

今日は101円台はありませんがしばらくは逆張りでレンジを取りに行くのでいいのではないでしょうか。
 
豪ドルはやはり0.7640~50がサポートされたので買ってみました。

ストップは0.7640で重要レジスタンスの0.7750~60を上抜けできるかどうか見極めたいと思います。
 
そこが抜けないようなら利食います。
 
今日は21時30分に米国8月の耐久財受注、23時にイエレンFRB議長が話すので注目されます。





【今週の主な経済指標】


9/29(木)
21:30 米 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)

29:00 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

9/30(金)
8:30 日 8月 全国消費者物価指数(CPI)
17:30 英 4-6月期 四半期国内総生産(GDP、改定値)
18:00 EU 9月 消費者物価指数(HICP、速報値)
21:30 加 7月 月次国内総生産(GDP)
21:30 米 8月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)


【経済指標カレンダー】
http://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/economic_indicators/
 

【キャンペーン実施中!】 
logo_221x28

岡三アクティブFXの取引をはじめるなら今がチャンス!
fx_20160901_362x133

NYダウ8月の配当は8,000円超え!今後も期待!
kabu365_20160624_362x133

最大65万円キャッシュバック!まもなく終了!
【20160802】fx_20160801_362x133



bn_cmp_318x57



logo_148x19kouzakaisetsu


【注意事項】
岡三オンライン証券ブログは情報提供のみを目的としたものであり、取引の勧誘を目的としたものではありません。
本ブログの公開及び各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
本ブログの掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券及びその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ブログについて

岡三オンライン証券公式ブログ!

インターバンクディーラーを20年以上務めた経験を持ち、現在はトレーダーとしても活躍中の「YEN蔵氏」による実践FXトレード日記!

相場状況からデイトレをメインにしたトレード戦略を毎日(平日)お届けします。
YEN蔵氏自らもトレードを行い、トレード結果も公開していきます!

YEN蔵氏のプロフィールはこちら

当社人気No.1WEBセミナー!

武部力也とYEN蔵のガチンコ雇用統計
関連コンテンツ
  • 力也のFX道場
  • 株と為替の売買シナリオ
PR

安心、信頼性の高い取引所FX

くりっく365 岡三オンラインFX
くりっく365手数料無料